寝取られ体験談のまとめ

キーワード

彼女21歳、裕子、喫茶店のアルバイトの同僚に、ビデオ、
私が愛する女性に他人棒を与え興奮、元カノ裕子との出来事、私は高校卒業後就職、1年程で辞め、退職後、喫茶店でアルバイト、私は二十歳になる年の19歳で裕子は21歳、その喫茶店は早番や遅番入れ、男性4人、女性5人居ました、私は裕子と仲良くなり、付き合ってるような微妙な関係、身体の関係もあり、向こうからも会いたい、「一緒にいれるだけで私は幸せ」、「付き合うだけに拘りたく無いねん」、ヤキモチやく、「もうプライベートで会わない」、喫茶店(バイト先)では付き合ってるの黙って、秘密に、先輩の自宅に遊びに行く、男四人、A先輩「じゃあ裕子とやらせたろか?」、「裕子は、ヤリマンやぞ」、付き合ってるとは言えない、「わしら兄弟や」、「穴兄弟言うんや」、裕子はこんな奴ら3人ともエッチ、当時まだVHS、背に(裕子マル秘)と書かれたテープをデッキに入れ巻き戻し、再生ボタンを押しました、濃い化粧に真っ赤、口紅に薄紫の上下の下着に首輪を嵌めた女性、よく見ると裕子、下品でケバい化粧を、画像の質などから固定ではなく第3者が撮影、裕子は四つん這いになりA先輩らしき人物にリードを引っ張られ部屋を歩きます、その部屋は今居るA先輩の家、下着姿でリードを繋がれ部屋をくるくる回る、バイブを持ったC先輩が出、「じゃあバイブ入れて散歩ね。」、C先輩は裕子にバイブを突き刺し下着で抑えスイッチを入れ、下着の中でバイブが円を書き、バイブ音、後ろから下着越しにバイブを抑え、裕子の背中が痙攣、ピクンとなり、「じゃあ、そろそろ裸になれよ」、裕子が裸になります、パイパンに、チクチクとだらしなく生えてる、M字でバイブを出し入れ、乳房を揉み、口半開きで声を出す、「これって撮影、裕子は嫌がらんかったんすか?」、「いきそう。いかせて」、しゃがんでる部分が濡れ、ポラロイド写真数枚、裕子がひざまつきC先輩の足を両手で支えるように持ち舐める場面、男性3人の姿、少なくとも撮影人物が+1、場所は風呂場に、裕子の局部を映し出し、オシッコが勢いよく飛び出し、犬のように舌で舐めました、狭い風呂の壁に裕子が手をつき、お尻をつきだし、お尻の割れ目にぺニスをあて、風呂場で裕子の声が反響、次のビデオは私が知らない男D(撮影役)がバックでハメてる、裕子は素っぴん、下から手をのばし胸を揉みほぐす、裕子が来たみたい、こんな感じ、「服脱い、こんな感じの冗談めいた言葉、「今日、下着可愛くないもん」、イエローの上下、パンツに小さいribbon、「相変わらず良い身体」、「俺、裕子のバックから見る下着姿が好きやねん」、ズボンの前が開き、パンツも捲られた、画面は裕子がコタツ机の上に乗り、足を開けクリを触りオナニー、リアルでは裕子が私のを含んだりペロペロと舐め、肉棒は脈を打ち、ドクドクと放出、裕子と二人きりの時より興奮、大量に出た、裕子は溢れないように肉棒から唇を離し、あえて音を鳴らすように飲み込み、裕子が膝まずき下から眺めるように玉の部分から舐め、B先輩が服を脱ぎ出し、彼女が他人のを舐め、悔しいはずが興奮、見た事ない男に抱かれてる裕子、「じゃあ2発目行く前に」、裕子と二人きりになるチャンスを狙いました、「私は、こんな女やねん」

関連する体験談


 
 
Amazonで購入
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます