ワハハハワハハ

猪又晋吾(いのまたしんご)



別名、改名
人相書き前髪
出生、死亡
経歴、略歴
年表、年譜
関連人物猪又徳次郎藤木源之助岩本三重笹原修三郎
その他笹原門下の浪士

初登場は第六十七景 石牢
源之助らが笹原邸に来たと聞き、いち早く駆けつけた若い士。つい伊良子の立身の話を出してしまい、源之助と対峙することになる。結果は見るも明らかで、指を吹き飛ばされてしまい、笹原が止めに入らなければ、伊達にされるところだった。
第六十九景 槍鬼では、叔父の猪又徳次郎が訪れ、指を吹き飛ばされたことは恨んでおらず、むしろその隻腕の剣術を学びたいと申し出るが、源之助の言い放った、剣は腕で操るものではないとの返答に、憤怒した叔父とともに、その場を立ち去った。
第七十八景 刹那で再び登場したときには、源之助のことを藤木先生と慕っていた。

八十景の真悟はたぶん編集ミス
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

最終15巻

425318121X.01.MZZZZZZZ.jpg
文庫がついに登場

コンテンツ

ベストセラー

編集にはIDが必要です