任天堂 Wii専用ソフト「朧村正」の攻略wikiです

妖怪

血狂毘沙門(ちぐるいびしゃもん)

川中島の合戦で命を失った多くの武者たちの怨霊が、大鎧に集い巨大な武者と化した姿。
現世での戦が終わっても、修羅界で永遠に戦い続ける者たちの大将として君臨している。

大百足(おおむかで)

城の礎として捧げられた百の人柱の怨霊が、百年と百日を経て大百足と化した妖怪。
現在は僧達の強力な結界によって、城の奥深くに封じられているという

黒猿(くろざる)

伊賀髑髏谷大猿忍群の小隊を束ねる忍び。
その巨大な体格からは想像もつかぬ速さで飛び交い、風車手裏剣を操り敵を追い詰める

輪入道(わにゅうどう)

姿を見た者を八つ裂きにすると江戸で噂される妖怪。
炎に纏われた巨大な車輪に大きな顔が付いた姿をしており、夜道を 1人で歩く者をつけ狙う。
輪入道に襲われた人間は、魂を地獄に連れ去られるという説もある

凧忍者(たこにんじゃ)

凧を操り空を自在に飛び交う忍。
空高くから獲物を狙い、手裏剣や爆弾を投げ激しい攻撃を繰り出す

鉄砲隊(てっぽうたい)

志半ばで果てた兵が妖怪と化した姿。
この世に対する怨念に囚われ、終わること無き戦を続けるという

ぬっぺぼう

死肉が化けて生まれた妖怪と言われているが、詳しい事は不明。
意味もなく現れては、肉片を撒き散らすことがある。

狸の顔と狐の体、虎の手足と蛇の尾の姿を持つ日本古来の妖怪。
人の邪心に取り憑き凶事を起こす。天地鬼門の妖魔の化身。

一本ただら

伯母峰(奈良県吉野郡)に出没するという、1本足で一つ目の巨大な妖怪。
峠を越える人に近づき、食べてしまうと言われる。

大鬼

親玉。“人呑鬼”の異名を持つ。分厚い皮膚に覆われており、非常に高い防御力を誇る。

龍神

親玉。富士の龍脈を司る巨大な龍。富士の守り神として、時折その雄大な姿を巡礼者に目撃されるという。

毒蛾

天につながる雲海に潜む蛾。罪人の生まれ変わった姿とも言われており、その罪がために浮世と天の狭間を漂い続ける。

牛頭・馬頭

落ちた亡者を責めさいなむ地獄の番人。その名のとおり、牛と馬の顔をした獄卒である。2体はともに行動し、罪人を見つけてはひたすらに苦しめ続けるという。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

カウンター

フリーエリア

どなたでも編集できます