イワン・イワノフ

CV

広川太一郎(F、F.I.F)
「SDガンダム GGENERATION F」シャリア・ブル役。
森川智之(SPIRITS、WARS、WORLD、3D、OVER WORLD、GENESIS、CROSS RAYS)
「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」ラバン・カークス役
「機動戦士Vガンダム」メッチェ・ルーベンス、キル・タンドン役
「新機動戦記ガンダムW」アブドル役
「機動新世紀ガンダムX」シャギア・フロスト役
「ガンダム Gのレコンギスタ」カーヒル・セイント役

登場作品

  • 「SDガンダム GGENERATION」
  • 「SDガンダム GGENERATION-ZERO」
  • 「SDガンダム GGENERATION- F」
  • 「SDガンダム GGENERATION-F.I.F」
  • 「SDガンダム GGENERATION SPIRITS」
  • 「SDガンダム GGENERATION WARS」
  • 「SDガンダム GGENERATION WORLD」
  • 「SDガンダム GGENERATION 3D」
  • 「SDガンダム GGENERATION OVER WORLD」
  • 「SDガンダム GGENERATION GENESIS」
  • 「SDガンダム GGENERATION CROSS RAYS」
  • 「SDガンダム GGENERATION FRONTIER」

特徴

  • 最低の戦闘能力と魅力、ブリッジ能力を持つ。
  • ニュータイプ能力だけはトップクラス。

寸評

  • 初期状態・最終状態の両方を考えれば、オリキャラ最強のNTLを誇るがその他の能力はどん底という極端な人物。艦長、ブリッジクルーには全く向かず、魅力は1固定なので絶対ゲストにしてはいけない。NTLが高ければ戦闘能力にボーナスがつくため、パイロットとしては優秀な部類。初代はよく分からないが、ZEROからFにかけて性格が激変した。ZEROではシャアと全く同じ発言を多用し、クレア同様のガンオタなのか、かの悪名高い「海外実写版シャア」がマスクを取った姿なのかと噂されたが、Fになったら木星圏で変なものを見てきたらしく、すっかりお茶目なオジサンになっていた。主に語られるのはF以降の方で、「閣下」の愛称がついている。主要MSはヘタレ仲間のジム・ジャグラー。だが、もしも逆襲のギガンティスがゲームに出ていたらパイロットは間違いなく彼に決定だっただろう。(STAGE3 467より)
  • 調べてみて初めて知ったのだが、広川太一郎のシャリア起用はFだけらしい。そんな作品でアドリブ全開?に演じられているイワンは実は貴重なのかもしれない。最弱キャラのような扱いを受けてはいるが、実際はNT補正が加わって下手なOTパイロットよりは上位に来る。特に射撃格闘回避の実質初期値が19というのはトップクラスの優秀さである。まあ魅力値1は他の追随を許さない領域だが。ある種「カワイイおじさん」なのでティーンの少女にはウケが良さそうだ。(172)
2020年03月07日(土) 14:15:34 Modified by ID:6zB5gaWycw




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。