Wiki内検索
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by  
Bookmarks by 88??城
絵その18 by 恵子moeでジェニファーラブ
絵その18 by としあき
絵その18 by シオ
絵その18 by コバチ
絵その18 by 日焼けしたコメント人間
絵その18 by アフラック
絵その18 by モノマネ人間
Menu
タグ

ストーリー

サイカイ

一話

自殺をするために雛見沢村を訪れた純一としゅんすけの二人は古びたバス停で、一人のおじいさんと出会う。
自殺を手伝ってくれるとうおじいさんと共に自殺できる場所を探す三人、
そんな中、純一は何故自分が自殺をしようとしているのか、その理由を語り始める。
やがて辿り着いた小学校で三人は意外な人物と出会う事になる……

記念すべき第一話にして、唯一の二幕構成の作品である。

厄醒し編(やくさとしへん)

二話「鬼ごっこ」

普段は霊能力で純一をからかうジェニファー。しかし彼女には純一に対する淡い恋心があった。
やがて訪れる体育の授業、ジェニファーは純一にこの想いを伝えるため媚薬作戦を決行する。
しかし、これがやがて訪れる厄災のプロローグでありエピローグでありモノローグであった……

作者が予想だにしなかったコメディー作品である。

三話「無力」

1983年6月11日土曜日。
アメリカ人のジェニファーが差別を受けてる事実が明らかになる。
次の日。文化祭のイベントの一つである高校生野球大会の練習試合が行われる。
純一の活躍により、アメリカ人差別問題も解決し試合は無事終わる。
だが、予知能力により文化祭当日に何が起こるかを知ってしまっている和江は……

四話「予定調和」

ついに文化祭が行われる。その第一イベントは和江による「お取次ぎ」。
だが、和江はその儀式の最中に逃げ出してしまう。
前日の夜、和江は自分が不治の病であることをジェニファーに打ち明けていた。
和江を励まそうとするジェニファー。そんなとき、未来から来たという純一に出会う。

五話「雛見沢大災害」

突如現れた快楽殺人集団ATAの手にかかり次々と殺されていく純一たち。
そのショッキングな映像にジェニファーも意識不明の重体となってしまう。
和江のおじいさんもジェニファーの意識が戻る事を願っていた。
だが、おじいさんが再びジェニファーの元に訪れた時……

その最後には、作者も驚愕した。


皆殺し編

六話「迷路の法則」

厄晒し編の終盤は、未来からやってきた亡霊「みさお」が和江に見せた夢であった。
夢だったことに安心し、同時に正夢ではないかと危惧する和江。
ある日、ゲーム大会が行われる。純一が母親をカルタで亡くしている事が分かるのだが……

前編のどこからが夢だったのか詳細は不明。少なくとも文化祭は終わっているようである。

七話「運命の変え方」

過去に恵子は狐の霊にとりつかれ、ゴミが捨てられなくなっていた。
そこで純一たちは恵子の家の大掃除をすることにする。
また、和江は「ホモ然とした鈴木」と彼女が賽銭泥棒をしている現場を目撃する。
鈴木の彼女は新興宗教にはまってしまい、借金に困っていたのだ……

八話「揺らぎ」

金髪のヤンキーに依頼されホウム真理教の脱税の実態を調査していた和江。
依頼は見事に達成したが依頼主であるヤンキーには冷たくあしらわれてしまう。
おじいさんに相談するが口だけで何もしてはくれない。
そこで和江は新興宗教に嵌って病んでいる鈴木の彼女(保健室の先生の双子の妹)を利用し、
内部調査をしようと試みるが……

波乱と激動の第八話

九話「交渉」

クラスメイトにボクシングでのアメリカ進出を報告する純一が、ついでにみんなにジェニファーが失踪した話もする。
その後、みんなで純一のパスポートをもらいに行くついでに協力してジェニファーを探すが見つからない。
ジェニファーと二人でアメリカに渡る予定だった純一は単身での渡米を決意する。
そんなある日、純一はひょんとしたことからジェニファー出生の秘密と複雑な家庭環境を知ることになる…。

衝撃の事実が明らかになる第九話

十話「対決」

ジェニファーを元気付ける為に和江は黒井沢達と、なにかいい案はないかと考えていた。
そこで提案されたのが黒井沢率いる「全日本ロリコン協会」のメンバーで結成された、
劇団「野薔薇」による演劇である。
案はまとまったが肝心の劇場の予約が難航し、なかなか取ることができない。
座り込みの抗議もむなしく、劇場の役員からは冷たくあしらわれるだけであった。

その一方で純一はジェニファーとの交際を認めてもらう為にジェニファーの母松川を訪ねる。
こちらも状況は思わしくなく、簡単には交際を認めてもらえそうにはない。
そんな中松川の横で静観していた強面の男が、閉ざしていた口を開き、ある提案をする……

劇場の予約、純一の交際、2つの難題が複雑に絡み合う第十話

十一話「強い意志」

ジョニーは和江に謝ろうという強い意志を持っていた。
だが和江には取り次いでもらえず、苛立ちが募る。
そこでジェニファーを通じて、和江に取り次いでもらおうとするが、和江は頑として聞かない。
そしてジョニーの苛立ちが頂点に達したとき、意外な部隊が現れる……

「自殺」をテーマに大きく動き出した第十一話。次回予告も必見!

十二話「雛見沢症候群」

鈴木(本名:佐藤)の死により一気に動き出した物語。
みさおの見せる脈絡の無い数々の夢に翻弄されながらも、
ATAの魔の手から和江とジェニファーを守るため立ち上がり団結する純一たち、そして全日本ロリコン協会。
そんな事よりもフランスパンについて語りたがる和江のおじいさんにも危機が迫っていた……

作者の素、混乱、意地が随所に見られる第十二話

十三話「終末」

純一たちはみんなで同じ家に暮らすことになった。
そんな中、ATAの魔の手が密かに忍び寄る。
次々と攻撃をしかけてくるATAを、純一の身体能力や、鉈でサーターを中心に撃退していく。
しかし、必死の抵抗もむなしく鈴木の彼女の銃弾に倒れていく仲間たち。
そして、その戦いの最後に鈴木の彼女が衝撃の真実を告げる……

物語の核心へと迫る第十三話


祭囃し編

十四話「三四」(さんじゅうよん)

ATAとの戦いから一ヶ月が経っていた。
鈴木の彼女に乗り移ったジェニファーは交通事故で祖父を失い、「空の家」に預けられる。
そこではおじいさんの生まれ変わり、ヨダじいさんによって子供たちが酷い仕打ちを受けていた。
ジェニファーは純一たちと共に脱走を試みるが……

一方で回想シーンが挿入され、ドMの男から金をせしめた鈴木の彼女は黒井沢の家での会合に出席する。
そこにいた中年男性の正体とは?

ジェニファーの逃走劇と回想シーンが錯綜する、最後まで目が離せない第十四話

十五話「蠢き」

真・ジェニファーとして生まれ変わったジェニファーはハッテン場(じょう)に連れ込まれとんでもないものを見せられてしまうが、
シャカ・カーンによって無事救出される。

借金取りとの交渉に失敗するシャカ・カーン。
そんな中、ジェニファーはケイオウ中学に入るための勉強を始めるのであった。

黒井沢の努力が徒労に終わる第十五話。18歳未満は保護者同伴で。

十六話「終わりの始まり」

ATAをバックに持つレミオとジョリエット、保健室の先生の不審な言動、黒井沢と母なつみのゴタゴタ、
ジェニファーのために村を犠牲にするダム建設計画、蔓延る狐狸の霊。
そして、暗躍するおじいさん……
復活を遂げたジェニファーだったが、雛見沢には不穏な空気が渦巻いていた。
やがて、ジェニファーと黒井沢にビーフストロガノフという名の魔の手が迫る。

風雲急を告げる第十六話

十七話「謀略」(さくりゃく)

余命僅かな黒井沢のために、一条家では送別会が計画される。
当の黒井沢はおじいさんの和菓子によって自らの寿命を延ばそうとし、
200万円を騙し取られてしまったかに見えた。しかし……

一方で黒井沢を社会的に抹殺した上でその命を奪うという陰謀をめぐらす鈴木の彼女。
全日本ロリータファントムの会合で彼女は信じ難い真実を知ることになる……

策謀渦巻く第十七話。危うし、日本の未来!
そして物語はハイレベルな知能戦へと突入する―(のか?)

十八話「最後の駒」

銀色の髪の女が用意した中国からの刺客、チャン・タイツェン。
和江とみさおはチャン・タイツェンの性癖を利用し、彼を籠絡しようとする。

また、息子を案じるなつみは黒井沢のジェニファーへの想いを断ち切らせようとするのだが、
手首と首を蚊に刺されてしまう。

女同士の戦いが火花を散らす第十八話。サービスシーンもあるぞ。

十九話「幕開け」

新しい幕開けの日、みさおが小学校に転校してくる。
興奮するクラスメイト達、サカる恵子。

未来から来た純一会議が開かれる一方で、和江のジェニファーへの想いはつのるばかり。
そして、みさおの和江を男に転生させる計画がついに実行される。

わきまえるべき人間が多すぎる第十九話。ミリしら初のミュージカル作品。

二十話「トラップ」

和江はジェニファーとの事で想い悩んでいた。
だが、純一たち仲間は宗教の事で悩んでいるのだと勘違いしてしまう。
ホウム真理教・ショウカ学会・狐の霊に立ち向かうため劇団『野薔薇』が再び立ち上がる!

未来から着た純一と同棲をはじめる黒井沢。
突如、改心した鈴木の彼女。
どうしても演劇に出たい鈴木。
亡き和江の双子の姉?兄? に奈落の花をお供えをするおじいさん。

ラストヘと向けて加速する第二十話。
罠を仕掛けたのは誰なのか!? それは誰にもわからない!

二十一話「48時間」

役者、脚本、劇場、全ての準備は整い、演劇が始まるまであと48時間。

そんな時、鈴木の彼女が再び動き出す。
ATAの仕事と、脱サラのための受験に追われるタケヨシキ。
ちょっとした事から鈴木の彼女と口論となり、ATAと裏切ってしまう。

タケヨシキは鈴木の彼女の元彼であった。
現彼であるホモ然とした鈴木と連絡を取り、鈴木の彼女を潰そうとする。
だが、既に鈴木はATAの連中に追われていた。

草陰流忍術が活躍する第二十一話! A判定おめでとうタケヨシキ!

二十二話「攻防」

劇団「野薔薇」は園崎家の体育館で演劇のリハーサルを始めるがgdgdになってしまう。
一方鈴木の彼女は演劇を止めるためにジェニファー達を殺そうとしていた。
鈴木の彼女を裏切ったATBが救出に現れるが、味方だと信じてもらえない。
そんな中、緑の髪の女にまつわる衝撃の事実が明かされる。

和江から情報を聞き出そうとするタケ・ヨシキの前に現れる未来から来た純一。
ロリコンに目覚めたタケ・ヨシキに純一の鉄拳が炸裂する。

前回にも増して草陰流忍術が活躍する第二十二話。ジェニファーは相変わらず可愛かった!
2008年08月27日(水) 13:42:22 Modified by ID:BsHh1BPY4w




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。