Wiki内検索
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by  
Bookmarks by 88??城
絵その18 by 恵子moeでジェニファーラブ
絵その18 by としあき
絵その18 by シオ
絵その18 by コバチ
絵その18 by 日焼けしたコメント人間
絵その18 by アフラック
絵その18 by モノマネ人間
Menu
タグ

黒井沢先生

黒井沢はジェニファーを守るために何年も前から偽りの姿を演じており(詳しい年数は不明)、この項目のいくつかの記述は彼の真の姿ではない可能性がある。

【人物】

保健室のケミストリィの先生。カウンセラーかつコスプレマニア。カウンセリングルームにいる事もある。
しかし、みさおに言わせれば「ただのロリコン」である。
ロリ趣味である事が周知の事実となっており、純一恵子に「結婚できるのだろうか」と執拗に心配されている。
また、全日本ロリコン協会の会長(雛見沢支部のトップ?)である。
本人はロリコンに対する差別問題やロリコンの社会貢献に関して考えている。

幼女にコスプレをさせる事で元気が出る。
最もジェニファーを愛していた男であり、さらにロリ趣味であるため、ジェニファーを常に気遣っている和江からは警戒されていると言っても過言ではない。
ただし、平然と一対一で会話するなど、和江は自分自身が彼のロリ趣味の対象である事は気にかけていないと思われる。
みさおによると、ジェニファーとともに純一も狙っているらしく、ホモセクシャルの気もあるようだ。
ジェニファーを元気付けるために学園祭に協力する(副リーダーを務める)が、それは純一ジェニファーが結ばれることを助けることになるので、ジレンマを抱えている模様。

趣味でカウンセリングの勉強をしており、カウンセリングの先生(臨床心理士?)も兼任し、人の悩みを解決する事に定評がある。
ただし、彼がカウンセリングをしている場面は皆無(省略されているだけかも知れないが)。彼の助手と推定される保健室の先生ジェニファーにロールシャッハテストや問診を行っている場面は存在する。

ジェニファーに超能力を与える注射を施している。
文化祭と名の付く行事が開催される折には、率先して企画を立ち上げるなど、担任教諭でもないのに首を突っ込む事で有名。
純一のJBCの契約にも首をつっこんでいた。
鈴木とは友人関係で、鈴木の彼女の精神疾患の治療を担当している。
友人の鈴木が殺された事により、ロリコンとしてジェニファーを守るためにはどうすればいいのか苦悩する事になる。
三十路間近で、一般的な成人男性以上の収入もあり(貯金は200万円ほど)自立しようとしているが、「一人になったらさびしくなって幼女に手を出してしまう」と、ジェニファーに指摘を受ける。
それを本人も自覚しているようで、現在も自立できず実家にパラサイトしている。

保健室の先生の手(絵を描いたのは鈴木の彼女)により、毒を摂取させられて余命1日(後に一ヶ月に修正)の身となる。
同様にジェニファーもその毒を摂取してしまったが、ひとつしかない免疫(治療薬)を躊躇なくジェニファーに使った事から、彼のジェニファーへの愛が伺える。

しかし、実は黒井沢は全日本ロリータファントムの刺客であり、高い知能を持つ彼は鈴木の彼女の陰謀を全て把握しており、鈴木の彼女の術中に嵌ったフリを演じていただけであった。何らかの手段(ビーフストロガノフのすり替え、免疫の摂取などが考えられる)で自身と和江の命の安全を確保した上で、おじいさんと共謀し死の恐怖に怯える演技をし続けていた。
黒井沢をバカだと思い込んでいた鈴木の彼女は、彼の演技に騙され、すっかり自分の計画が無事進行しているものと思い込んでいた。

【能力】

初登場時なぜか空から降ってきたため、飛行能力ないし桁外れの跳躍力を持っている可能性がある。(初登場時参照)
バカのようでいて実はIQ180の天才であり、「雛見沢症候群」の研究でノーベルロリコン賞を受賞するほど。また、鈴木の彼女の陰謀にも気づいており、罠に嵌ったフリをしながら、彼女を出し抜いた。
高い変装技術を持つ。

【家族】

母親:黒井沢なつみ
上述のように未婚。
「黒井沢の家」として紹介された家屋はかなり立派な和式豪邸だったので、裕福な生まれだと思われる。

【過去】

元々病弱で、生後一、二ヶ月で死んでしまうかもしれなかった。病弱ゆえに小さい頃家で『アルプスの少女ハイジ』や『ミンキーモモ』といったアニメを見すぎ、そのことがロリコンになった原因である。

【その他】

語尾に「〜やんす」が付く(たまに「〜よのう」が付く事もある)。また、非常に独特な声色をしている(稀に周囲に人物にこの口癖が移ってしまう事がある)。
12歳以下の女の子しか愛せない。
文化祭の折に、付き合っている彼女がいる事を公表したらしい。
「雛見沢症候群検査結果」をなぜか「入江京介」名義で注文している。
作者のお気に入りなのか、たびたびアイキャッチのタイトルコールに登場する。
十一話では次回予告もつとめた(OPも?)。だが、緊張のせいかミスってしまう事も多い。
視聴者人気が高く第一回人気投票では見事一位に輝いた。(※しかし十四話における作者の結果発表では二位)

夢の中(?)の黒井沢先生

第十四話(鈴木の彼女の見た夢?)

中年の男性(おそらくホウム真理教関係者)に変装して、自宅で行われていた会合に出席し、鈴木の彼女に接近し、真相(おそらくは雛見沢での怪事件や、ホウム真理教に関する情報)を聞き出そうとする。

外見はまったくの別人に変装できていたものの、口調がいつもの「やんす」口調であり、鈴木の彼女にあっさりと変装を見破られる。

黒井沢の変装がバレた直後、会合に出席した別のメンバーもなぜか「自分は黒井沢ではないと弁明する男」を演じだした。結果、「黒井沢が変装した男」が複数いるような状況になった。彼らも黒井沢の仲間で、疑いを持った鈴木の彼女を混乱させるために黒井沢をアシストしたのだろうか?あまり良い作戦ではないと思う。(※夢の中の出来事であるため、場にいた三人全てが黒井沢の変装であるという非現実的な可能性も否定できない。その場合、夢診断の立場から言えば、鈴木の彼女は黒井沢に対して何らかの特殊な感情を抱いていると思われる。)

自分は黒井沢ではないと必死に否定するが、鈴木の彼女に殺すと脅され、シラを切り続けるのを諦めてしまい、情報の聞き出しに失敗する。

その後悩んだ末に、ホウム真理教に入信し、鈴木の彼女の手先になる。(純一やジェニファーからすれば寝返ったことになる。)
鈴木の彼女にホウム真理教に入るとジェニファーと結ばれるのも簡単になると言われ、それを信じている。(※ジェニファーは鈴木の彼女の過去であることを考慮すると興味深い。)

ジェニファーが純一にとられてしまうという焦りや、全日本ロリコン協会副リーダー(ATA隊員)が自分の知らないジェニファーの情報を知っていることが、彼に裏切りを決意させたと考えることができる。彼のジェニファーへの強い想いが、ホウムに利用された形となった。
2008年01月02日(水) 17:46:41 Modified by ID:21LpayaFRg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。