蟻茖渦鷦匆饋預膕饂夏チーム


饗茖臆鸞膕饋卦参入チーム
9、王道自動車クラウンズ(C)

「王道に立ち返ったマーケティングを展開」が社訓の産業系企業。
この手の企業としては新興であるものの、社訓通りの基礎に忠実な企業展開で
提携先から絶大な信頼を得ている。
野球チームも「各打席、各ポジションの選手がそれに相応しい仕事をする」ことに徹した王道スタイルである。
例をだせば、俊足好走の1番、バントの巧い2番、HRを量産する主砲など、各打席、ポジションのスペシャリストが集まる。
また投手も速球派、本格派、技巧派、そして各登板タイプのスペシャリストが集まっており、とにかく王道であるため
往年の野球ファンからの支持も高い。
欠点という欠点があまり見当たらない優秀なチームであるが、強いて言うなら、「王道」を徹底しすぎて
応用が利かないという点だろうか。第1回大会優勝の匠銀行ディフェンサーズ、準優勝の安田精肉マシンガンズをライバル視しており
打倒のために日々練習に励んでいる。果たして王道野球が匠の「鉄壁」安田の「乱撃」を切り崩すことができるのか、期待を寄せる。

10、得々青果ナシーズ(N)

名の通り「得々通信」の姉妹企業である。「奇跡は基本なしでは起こり得ない」をモットーに、その確かな技術で
得々通信と共に「奇跡の成功」を収めている。
チームは「基本能力と緑得能のみ」の選手が集結しており、ミラクルズとは正反対のチーム色である。
得能を捨てたかわりに、基本に注ぎ込んだ各選手がどのような活躍をするか楽しみなところだ。
欠点はやはり得能がないことであろう。
ちなみにミラクルズとは、企業同士友好であるものの、野球チームは全く毛並みが異なるので、不仲という噂もある。
だが、姉妹企業なので、ホーム球場ブルースタジアムで「親善試合」をせざるをえないのだが、不仲なので
いつもピリピリしているらしいが、あくまで噂である。
第1回は5位という結果に終わった、得々通信ミラクルズであるが、姉妹チームの得々電力ナシーズの参戦により奮起し、
そしてナシーズ自身も奮闘して、社会人野球に「奇跡」の風を吹き起こすことができるか、見どころである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニュー


共通項目

2chドリームチーム
2ch甲子園
2ch大学リーグ
2ch社会人対抗野球大会
2ch Baseball Classic
【メニュー編集】

どなたでも編集できます