中小企業診断士試験の1次試験対策ノウハウを蓄積しているwikiです。ブログ「中小企業診断士ペパチェの議」の中から、好評を頂いたエントリーを主に抽出しています。ご参考にどうぞ(2次試験バージョンはまた後ほど作ります)。

販売管理でおなじみの論点、「業種と業態の違い」。

・業種=何を売っているか(魚屋、花屋、本屋…)
・業態=どんなスタイルで売っているか(コンビニ、100均、セレクトショップ…)

「業態化」という言葉があるように、近年「何を売るか」よりも「どう売るか」が重視されてきている。

例えばセブンイレブンは言ってみればただの「よろず屋」、ユニクロもただの「洋服屋」であるが、どちらも非常に精緻で優れたオペレーションのノウハウを持ち、高業績につなげている。

業種と業態は、"What"と"How" と言い換えることができるが、世の中を見渡してみるとまた多くの事象が"What"と"How"に分けられ、そして"How"が軽視されているがためにうまくいっていないケースが多く見受けられる。

仝世辰討い襪海(What)は正論でも、言い方(How)がイヤミったらしく、部下に嫌われる上司
提案内容(What)が的確でも、進め方(How)がマズく、炎上するプロジェクト
アイディア(What)は素晴らしいのに、プレゼンでの伝え方(How)がマズく、通らない企画
ぬノ賄な中身(What)を持っているのにそれを上手く伝えられず(How)モテない男

などなど。

今日はTAC渋谷校でミヨシ先生の講義を聴いてきた。今後の学習法について数々のアドバイスをいただいた。やっぱり勉強も「何の内容を(What)」「どう学ぶか(How)」の両輪が大切だよなと再確認した次第。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます