中小企業診断士 1次試験攻略wiki - ホワイト・ペーパー
支援先中小企業の経営者の方とお話しするとき、中小企業白書の内容は結構役に立つ。

たとえば「給料を上げれば人材は集まる」と考えている経営者に対しては「応募者は給料だけで会社を決めているわけではないんですよー」という話をしたり、経営革新について「顧客重視型の成功率が高く、一方でアイディア重視型が効果が高い」というデータを見せ、顧客の声を集める仕組み&従業員のアイディアを出しやすくする仕組みを社内で作っていくことを提案したりする。また、「中小小売業への期待としては『接客サービス』がもっとも大きい」というデータなどは販売員研修で使える。

もちろん、白書のデータを鵜呑みにするのも危険だけど、経営者の方々は自分なりの信念を持って突き進む一方で、「他の会社がどうやっているか」ということも気になるらしく、こういった話には結構耳を傾けてくれる。

そして、こうやって経営者との雑談や仕事で使った白書の内容は、強い印象を持って頭に残るので、答練や模試で出れば確実に正解できている。こんなふうに、実際に仕事で使ってみる、または経営層の方と話すチャンスのない方はイメージトレーニングで「この論点で経営者と話すとしたらどんな話や提案になるか」ということを考えてみると理解が深まり&頭に残りやすくなる、さらに実際にコンサルタントになったときに役に立つのではないかと思う。

今年は試験まで残りわずかなのでこんな悠長な方法で学習している場合ではないけれど、これから来年度受験を考えている方にはこの方法をオススメしてみたいと思います。