中小企業診断士試験の1次試験対策ノウハウを蓄積しているwikiです。ブログ「中小企業診断士ペパチェの議」の中から、好評を頂いたエントリーを主に抽出しています。ご参考にどうぞ(2次試験バージョンはまた後ほど作ります)。

タグ検索で1次試験34件見つかりました。

 1  2  次の14件

60点へ向けてのある試算

1次試験では7科目で平均60%とれば合格する(ただし40%未満の科目があったら失格)。 そこで、具体的にどんな感じで解答ができればよいのかを考えてみた。 いろいろと数字をこねくり回して出した結論がこれである。 ヽ亮造鵬鬚韻詭簑蝓35% ∩択肢(試験では4または5択)であきらかに間違っているものを 除外して、2択にまでは絞り込める問題(診断士試験には比較的多い):40% まったく分からない問題:25% これらを合計すると、 35% 20%(2択なので正答率50%として40%×50%) 5%(…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/60%c5%c0%a4%d8%b... - 2010年11月07日更新

1次試験は「クイズ大会」にあらず

の方がご納得いただけると思いますが、実は1次試験においてもそのスキルは求められていると思います。 「企業診断」来月号の僕の連載コラムは「仮説思考力」がテーマですが、そこで僕はこんなことを書いています。 &color(#FF0000){1次試験は知識問題なので「答えを知っているか知らないか」で得点がすべて決まるかのような印象がありますが、実際にはそれだけではありません。たとえば私の場合、正解を正確に知っていた問題は4割くらいしかありませんでしたが、それでもトータルで7割を得点しました。} &color…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a3%b1%bc%a1%bb%... - 2009年06月30日更新

理想の1次試験学習法

1次試験で学ぶ知識の多くは「ソリューション(問題の解決策)」であると言えます。 たとえば「議決権制限株式」は「創業者が経営権を保ったままで、外部からの出資を得る方法」であると見なせるし、「OEM」は「余分な営業活動を押さえつつ売上げを確保する方法」であると見なせます。 コンサルティングの仕事は、言ってみれば「企業の問題の解決」であり、そのための方法を学ぶのが診断士試験の学習プロセスだと思うのです。 したがって、学習をする際には「この知識は企業のどんな問題を解決してくれるのか」ということを念頭に置き…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%cd%fd%c1%db%a4%... - 2009年06月30日更新

目次から暗記する

例によって誰にでも当てはまるものではないかも知れませんが、自分の1次学習ノウハウを書いてみます。 自分が経営法務や運営管理、中小政策などで取り組んでいたのは''「テキストの目次を暗記する」''ということでした。 ぶ厚いテキストを最初から暗記していくと、途中で「迷子」になります。個々の知識は暗記できていったとしても「あれ、自分って今、どんなテーマをやってるんだっけ?」とか、「そもそもこの法律にはどんな意義があるんだっけ?」といったように、''「全体の中での位置付け」''を見失いやすくなります。うまく説明…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%cc%dc%bc%a1%a4%... - 2009年01月13日更新

利き手と頭を守って

1次試験の日が近づいてきました。診断士試験は「年に1回」です。この機会を逃したらさらに1年間待たなければなりません。そこで、お願いです。 試験までの1ヶ月、2次試験まで視野に入れるなら3ヶ月の間、「利き手と頭は守り抜いてください」。足のケガなら会場まで這ってでも行くことができますが、利き手をケガしたら解答が書けなくなります。頭部をケガしたら思考に影響が出る恐れがあります。 たとえば自分が受験生のころ、階段を上り下りするときはできるだけ手すりを使うようにしていました。そして、「万が一足を滑らせたら」と想…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%cd%f8%a4%ad%bc%... - 2009年01月13日更新

502教室ブログの1次試験関連記事

このwikiで紹介している記事の他にも、502教室では1次試験情報の提供を行っております。 (今のところライターは、netplusさん&kurogenkokuさん&私) 下記にリンクを貼っておきますので、ご参考にどうぞ。 (一部、このwikiに転載している記事もあります) http://502.jp/modules/wordpress/index.php?cat=1…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/502%b6%b5%bc%bc%... - 2009年01月13日更新

質問から選ぶ、記事一覧

''・1次試験勉強は、暗記するのが大変'' ⇒間違えさせ方のパターン http://wiki.livedoor.jp/pepache/d/%b4%d6%b0%e3%a4%a8%a4%b5%a4%bb%ca%fd%a4%ce%a5%d1%a5%bf%a1%bc%a5%f3 ⇒「秘伝!診断士暗記術」 http://shindan.cocolog-nifty.com ''・答練や問題集を解き、採点する際に気をつけるべきことは?'' ⇒いろいろな「正解」、いろいろな「不正解」 http://wiki…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%bc%c1%cc%e4%a4%... - 2009年01月12日更新

よくばり問題

で、こういった問題への対策はどうするか。1次試験に向けて勉強する際や、2次試験に向けて1次の内容をおさらいする際に、''「〜しつつ〜する方法」''というフレームを意識しながら知識を理解していくことが考えられる。 たとえば、「マトリックス組織」は「部門毎の専門性を維持しつつ、部門横断的な柔軟性を得る方法」と理解することができる。「OEM(の受託)」は「新たな設備投資を避けつつ、生産量を拡大する方法」、「フランチャイズ」は「ノウハウ蓄積の時間をかけずに、新規事業を持つ方法」と捉えることができる。地道な勉強法…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a4%e8%a4%af%a4%... - 2009年01月11日更新

標準原価計算 : 「昨日の敵は今日の友」

決策」として。 という違いがある。 1次試験なんかを通して「標準原価計算は計算問題として解くもの」という考え方がいつの間にか定着していた。TBCの模試も、その延長線上で、計算のうえで分析結果を述べる問題だった。 だから、LECの模試の事例で「原価の管理がうまくいっていない」といった記述が出てきた際に、標準原価計算を「問題の解決策」として利用するという発想ができなかった。 ''「昨日の敵は今日の友」''。1次試験においてボクがビシバシとやっつけていた標準原価計算は、2次試験において、事例企業を助けて…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%c9%b8%bd%e0%b8%... - 2009年01月11日更新

「本質」とは「存在理由」のことである

生が答えられない」のだそうだ。 %%%1次試験には財務会計もあるが、''「なぜ企業には財務会計が必要なのか?」(''≒「財務会計の本質は?」)と聞かれたら、みなさんは自分なりの答えが言えるだろうか。「なぜ経済学を学ぶことが必要なのか?」(≒「経済学の本質は?」)と聞かれたらなんと答えるだろうか?%%% 余談だが、こういった各科目の本質を理解している人は強い。「なぜ必要なのか」を分かっているのだから、当然学習へのモチベーションは維持しやすい。まあ、試験当日になって言う話ではないけれど…。 話を戻して、…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a1%d6%cb%dc%bc%... - 2009年01月11日更新

合格するポイント

合格するための重要なポイントの1つは、「1次試験と2次試験の境目をどれだけなくせるか」ではないかと思う。 (以下、作成中)…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%b9%e7%b3%ca%a4%... - 2009年01月11日更新

「自分が1次試験の後にしたこと」

はないのですが) 自分の場合は、昨年の1次試験後、財務の設問は「どれを何度やっても解ける(解答手順が口で説明できる)レベル」まで練習しておいた。各受験校の2次模試や答練でも1次本試験の論点から作られているものが多かったが、自分はそこで出なかった設問もすべて''「これが2次に出るとしたらどういう形になるか」''を脳内シミュレーションしておいた。 さらに言えば、その前年度の過去問(1次財務)に対しても、同様のことをしておいた。本当であれば過去問5年分くらいについて、それができればよかったのだけど、さすがに…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a1%d6%bc%ab%ca%... - 2009年01月11日更新

受験知識を仕事に使ってみる

つ」''ということです。ぜひ、''今回の1次試験で学んだことを、大切に大切に持ち続けてほしいなと思うのであります。''特に、数あるフレームワークの中でも、QCDって本当に便利です。 …

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%bc%f5%b8%b3%c3%... - 2009年01月11日更新

1次試験直前「魂の言葉集」

・練習は本番のように。本番は練習のように。 (出典不明) ''・あきらめたらそこで試合終了だよ。'' (井上雄彦「スラムダンク」) ''・今を戦えない者に次とか来年とかを言う資格はない。'' (ロベルト・バッジョ) ・勝ったらいいな…じゃない…!勝たなきゃダメなんだ…! (福本伸行「賭博黙示録カイジ」) ・奇跡は自らの手で起こしてこそ価値があります。 (プレイステーション「ワイルドアームズ」) ・人間には好奇心、知る喜びがある。肩書きや、出世して大臣になるために、学ぶのではないのです。…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a3%b1%bc%a1%bb%... - 2009年01月11日更新

36個の教訓

く出題される ''33.受験年度の財務の1次試験問題はすべて説明できるレベルで理解しておく'' 34.「視点」は、「基準」や「軸」と置き換えられることがある 35.リスクは回避する一方で、勝負するところは勝負に出る 36.やはり、過去問は最高の教科書 もちろん、「必ずこうやれ!」というほど確固たるアドバイスでもないですが。 それでも最後の「過去問」はガチかなあと思いますが。 http://redwing-don.jugem.jp/?eid=507 …

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/36%b8%c4%a4%ce%b... - 2009年01月11日更新

運営管理の青い山

1年くらい前から生産管理の勉強をしてきた。 工場の管理なんて全く知らない世界だったし、初めて過去問を見たとき''「あ、絶対ムリ」''と思った。販売管理の方で8割確保すれば、生産管理が0点でも足切り不合格は回避できるかなぁなどという、今思えば無謀な作戦を立てようとしたこともあった。 そして今でも別に生産管理が得意だとは思っていないけど、ボクは生産管理の勉強はとても楽しいと思っている。 「5S」とか「JIT」とか、モノづくりの先人たちが汗を搾って作り上げてきた知恵の体系。これらが作り上げられるまでの彼…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%b1%bf%b1%c4%b4%... - 2009年01月11日更新

Winner takes it all

Winner Takes It All ゆずの「栄光の架け橋」という歌。これを聞き続けてモチベーションを高めたという合格者の話があった(「続・80分間の真実」より)。人によって「応援歌」はいろいろなんだろうなぁと思う。 僕の場合はSammy Hagarの"Winner Takes It All"。十数年前にヒットした映画「オーバー・ザ・トップ」(シルベスター・スタローンが腕相撲する映画と書けば思い出される方もいらっしゃるんじゃないかと思う)で使われた曲。これから試合!というシーンで流れ出し、めちゃカッ…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/Winner%20takes%2... - 2009年01月11日更新

アジの開き、ハンバーグの深み

いつものことだけど、今日は特にアホなことを書く。 モチベーション理論あたりの論点で出てきた「アージリス:職務拡大」「ハーズバーグ:職務充実」。 TAC池袋校で僕の所属する某勉強会「GY」(正式名称はかなり恥ずかしい名前なのでナイショ)でメンバーN氏から教わった覚え方。 ''アージリス⇒アジ '' ''職務拡大⇒開き'' ''ハーズバーグ⇒ハンバーグ '' ''職務充実⇒深み'' というわけで''「アジの開き、ハンバーグの深み」''と覚える。 素晴らしい覚え方だ。 そして、今勉強していたら「アー…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a5%a2%a5%b8%a4%... - 2009年01月11日更新

オートクライン的学習

心理学やコーチングなどを勉強していると「オートクライン(autocrine)」という言葉を目にする。これは「自分の考えを言葉にすることで理解する事ができる」というコンセプトである。 「教えることは最大の学びである」という言葉もある。たしかに、受験指導校の先生なんかもよく''「この流れを他人に説明できるくらいになるまで理解くださーい」''などと言ったりする。人に説明できるということはすなわち、曖昧にではなく確実に理解しているということを意味する。 TAC模試のWeb説明会でも、''「見る」「書く」そし…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a5%aa%a1%bc%a5%... - 2009年01月11日更新

1次試験対策 〜メンタル編〜

1日目の科目って夜に自己採点しますか? と受験者仲間に聞かれた。 そこまで考えたことはなかったが、2日間に渡る試験において、科目の合間の 時間をどう過ごすかは考えておいたほうがよいのかもしれない。 科目間の30分の休憩や60分のランチタイムではなにをするか。 1日目の夜は何をするか。明日明後日の模試で探ってみようと思う。 【案】 ''・基本的に休憩時間は次の科目の勉強をする。サブノートではなくてテキストを持っていく。'' ''理由は、ふと「あ、あれって何だっけ?」と思い立ってしまったときに解決でき…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a3%b1%bc%a1%bb%... - 2009年01月11日更新

 1  2  次の14件

管理人/副管理人のみ編集できます