中小企業診断士試験の1次試験対策ノウハウを蓄積しているwikiです。ブログ「中小企業診断士ペパチェの議」の中から、好評を頂いたエントリーを主に抽出しています。ご参考にどうぞ(2次試験バージョンはまた後ほど作ります)。

タグ検索で解答テクニック3件見つかりました。

ロジックで理解する経営法務

1次試験の「経営法務」はどうしても暗記が必要になってくる。 といっても、暗記ばかりでは大変なので、少しでも理屈で覚えられるところを見つけたほうが、多少はラクになるかなと思う。というわけで、今回は1次学習中に得た、理屈で覚えられそうな知識をシェアいたします。 (注:法律の内容は、2006年時点のものです) [[「ロジックで理解する運営管理」>http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822001997/pepache-22/ref=nosim]]という名…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a5%ed%a5%b8%a5%... - 2009年01月10日更新

間違えさせ方のパターン

2年前のエントリーで、こんなことを書いていた。 (選択問題では)もし知識がなくても、「ははぁ、この問題はこうやって間違えさせようとしてるんだな」というのがなんとなく分かることが時々ある。 ''ー,竜述のうち、正しいものを選べ。'' ''「CRMとは、顧客生涯価値を最大化する経営手法である」…○'' こんな構成だったらやりやすいが、こういう風に出題されることがある。 ''⊆,竜述のうち、正しいものを選べ。'' ''「CRM(クライアントリレーションシップマネジメント)とは、'' ''顧客生涯価値…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%b4%d6%b0%e3%a4%... - 2009年01月10日更新

英語力を試験に利用する

「英語ができると診断士試験って有利だよね」という話が勉強会で出たことがある。 たしかに経営法務における国際取引の英文問題に限らず、多くの科目で英単語がヒントになって解答が見えることが時々ある。たとえば情報システム。 ''プログラムを一行ずつ読み込んでいくのが【  A  】であり、まとめて実行プログラムに変換するのが【  B  】である。'' ''⇒解答 A:インタプリタ B:コンパイラ'' 基本レベルの問題だが、仮に用語を知らなくても、interpret = 解釈するという英語が分かれば「ああ、…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%b1%d1%b8%ec%ce%... - 2009年01月10日更新

管理人/副管理人のみ編集できます