中小企業診断士試験の1次試験対策ノウハウを蓄積しているwikiです。ブログ「中小企業診断士ペパチェの議」の中から、好評を頂いたエントリーを主に抽出しています。ご参考にどうぞ(2次試験バージョンはまた後ほど作ります)。

タグ検索で心構え13件見つかりました。

「何時間勉強するか」ではなくて「何を勉強するか」

受験勉強を開始したころ、僕は日々の学習時間をExcelで記録していた。だけど、2ヶ月くらいでそれを止めた。 なぜかというと、学習時間を積み重ねることだけが目的化してしまっている自分に気づいたから。「何を学んだか」ではなくて「何時間勉強したか」ということにだけ意識が向いている自分に気づいたから、である。 Excelでグラフにして「今月は○○時間も勉強した」と分かって満足する。しかし、よくよく考えてみると、その時間、自分はずっと集中していたわけではない。1時間勉強をしたら、そのうち集中しているのはおよそ2…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a1%d6%b2%bf%bb%... - 2010年06月23日更新

1次試験は「クイズ大会」にあらず

ビジネスを進めていくにあたって「仮説思考力」が重要だということはあちこちで言われていることですが、もしそうだとするならば、ビジネスの模擬事例である2次試験にも、当然に仮説思考力(=根拠をもって最も近い思われる答えを導き出す力)は求められることになります。 そして、そこまでは多くの方がご納得いただけると思いますが、実は1次試験においてもそのスキルは求められていると思います。 「企業診断」来月号の僕の連載コラムは「仮説思考力」がテーマですが、そこで僕はこんなことを書いています。 &color(#FF0…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a3%b1%bc%a1%bb%... - 2009年06月30日更新

理想の1次試験学習法

1次試験で学ぶ知識の多くは「ソリューション(問題の解決策)」であると言えます。 たとえば「議決権制限株式」は「創業者が経営権を保ったままで、外部からの出資を得る方法」であると見なせるし、「OEM」は「余分な営業活動を押さえつつ売上げを確保する方法」であると見なせます。 コンサルティングの仕事は、言ってみれば「企業の問題の解決」であり、そのための方法を学ぶのが診断士試験の学習プロセスだと思うのです。 したがって、学習をする際には「この知識は企業のどんな問題を解決してくれるのか」ということを念頭に置き…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%cd%fd%c1%db%a4%... - 2009年06月30日更新

利き手と頭を守って

1次試験の日が近づいてきました。診断士試験は「年に1回」です。この機会を逃したらさらに1年間待たなければなりません。そこで、お願いです。 試験までの1ヶ月、2次試験まで視野に入れるなら3ヶ月の間、「利き手と頭は守り抜いてください」。足のケガなら会場まで這ってでも行くことができますが、利き手をケガしたら解答が書けなくなります。頭部をケガしたら思考に影響が出る恐れがあります。 たとえば自分が受験生のころ、階段を上り下りするときはできるだけ手すりを使うようにしていました。そして、「万が一足を滑らせたら」と想…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%cd%f8%a4%ad%bc%... - 2009年01月13日更新

標準原価計算 : 「昨日の敵は今日の友」

今回、TBC模試とLEC模試の双方の財務事例で、標準原価計算が出てきた。 ただし、 TBCでは「計算問題」として。 LECでは「企業の問題の解決策」として。 という違いがある。 1次試験なんかを通して「標準原価計算は計算問題として解くもの」という考え方がいつの間にか定着していた。TBCの模試も、その延長線上で、計算のうえで分析結果を述べる問題だった。 だから、LECの模試の事例で「原価の管理がうまくいっていない」といった記述が出てきた際に、標準原価計算を「問題の解決策」として利用するという発想が…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%c9%b8%bd%e0%b8%... - 2009年01月11日更新

「本質」とは「存在理由」のことである

よく「本質的だ」とか「本質的でない」という会話を耳にするけれど、そもそも「本質」ってどういう意味だろう? 辞書的な意味では、「(1)物事の本来の性質や姿。それなしにはその物が存在し得ない性質・要素。」などとなる(goo辞書)。 そこから転じて、僕(や周囲の人々)は、この言葉を「存在理由」といったニュアンスで使うことがある。 「診断士の本質とは何か?」と聞かれれば、それは「なぜ診断士が存在するのか?」(≒なぜ診断士という資格が存在するのか、なぜ診断士という商売が成立するのか)と聞かれているのに近い。…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a1%d6%cb%dc%bc%... - 2009年01月11日更新

合格するポイント

合格するための重要なポイントの1つは、「1次試験と2次試験の境目をどれだけなくせるか」ではないかと思う。 (以下、作成中)…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%b9%e7%b3%ca%a4%... - 2009年01月11日更新

「自分が1次試験の後にしたこと」

特に初学者の方にアドバイスをしたいと思います。 言うまでもなく、1次の財務から2次の財務が出題される確率は高い。特に、昨年の本試験を見ても、その傾向が強くなってきている。(もちろん、今年も絶対に出ると言う保証はないのですが) 自分の場合は、昨年の1次試験後、財務の設問は「どれを何度やっても解ける(解答手順が口で説明できる)レベル」まで練習しておいた。各受験校の2次模試や答練でも1次本試験の論点から作られているものが多かったが、自分はそこで出なかった設問もすべて''「これが2次に出るとしたらどういう形…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a1%d6%bc%ab%ca%... - 2009年01月11日更新

36個の教訓

「ドキュメント」の僕のパートには、試験本番の対応から得た「教訓」がところどころにちりばめられている。全部で36個。そして、当初は巻末付録としてその一覧をつけようとしていたのだけれど、紙面の都合で載せることができなかった。 なので、ここで紹介しておきます。すでに本書を読んでくださった方には復習用として、まだ読まれていない方は、内容をちょっと立ち読みするご気分でご参考ください。詳しい内容が気になったらぜひご注文を。( ̄∀ ̄) &amazon(4496044366){small} 【全体編】 1.診断士…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/36%b8%c4%a4%ce%b... - 2009年01月11日更新

1次試験対策 〜メンタル編〜

1日目の科目って夜に自己採点しますか? と受験者仲間に聞かれた。 そこまで考えたことはなかったが、2日間に渡る試験において、科目の合間の 時間をどう過ごすかは考えておいたほうがよいのかもしれない。 科目間の30分の休憩や60分のランチタイムではなにをするか。 1日目の夜は何をするか。明日明後日の模試で探ってみようと思う。 【案】 ''・基本的に休憩時間は次の科目の勉強をする。サブノートではなくてテキストを持っていく。'' ''理由は、ふと「あ、あれって何だっけ?」と思い立ってしまったときに解決でき…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a3%b1%bc%a1%bb%... - 2009年01月11日更新

時には「稼ぐ」のではなく「守る」という発想も

502教室で「[[絶望的な状況に陥ったら>http://502.jp/modules/wordpress/index.php?p=494]]」という話を書いたが、その続編っぽい話を。 ''「試験問題が難しいと平均点は低くなる」'' ごく当たり前のことであるけれど、その原因は''「得点を取れる設問が少ないから」だけではない。「得点を取れる設問を探すことに時間がとられてしまい、取れるはずの設問でケアレスミスを起こしていてもチェックができないから」''でもあると思う。 受験生のとき、自分も何度かやっ…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%bb%fe%a4%cb%a4%... - 2009年01月11日更新

1問への執念

いよいよ明日(ペパ注:1次試験前日に書いています)。 ここに来て最後に確認すべきことは「1問への執念」のあり方。 多くの合格者に共通するのは「合格への執念」だったというデータがある。でも、それは「合格したい」と日々思い続けるというマクロな意味での執念だけではなく、「目の前の1問をあきらめず、どれだけ食らいつくか」という''ミクロな意味での執念''も表していると僕は考える。 「目の前の1問」に全知全能を出し切っていく。たとえ未知の領域が出題されても、頭の中に散らばる、生まれてきてから今までのすべての知識…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%a3%b1%cc%e4%a4%... - 2009年01月11日更新

領空侵犯

問題を解いていて、''「これって出てくる科目違くね?」''と思うものが時々ある。たとえば経済学で勉強した「規模の経済」の問題がなぜか企業経営理論の問題で出てきている。 他にも、 &color(#00008B){運営管理⇒企業経営理論(SCMつながり)} &color(#00008B){情報シス⇒企業経営理論(マーケティング・統計学つながり)} &color(#00008B){中小白書⇒企業経営理論(日本の中小企業の歴史つながり)} など。たまたま企業経営理論が集中したが、たしか財務⇒法務(M&Aつな…

https://seesaawiki.jp/w/pepache/d/%ce%ce%b6%f5%bf%... - 2009年01月11日更新

管理人/副管理人のみ編集できます