心理学辞典

精神分析 Psychoanalysis

  • 精神分析(psychoanalysis)は、(1)フロイト(Freud,S.)により発見された人間の心の研究方法、(2)人間の行動に関する知識体系(精神分析理論)、(3)心の疾患に対する治療の体系(精神分析療法)である。

フロイトの理論

  • 局所論―心理的過程は意識前意識無意識からつくられている。
  • 構造論―心を自我イド超自我という3層からなるモデル(心的装置)と捉える。
  • 力動論―さまざまな心理的現象は、心理的な力関係によって生み出される。
  • 経済論―性的欲動である精神的エネルギー(リビドー)を仮定し、その充当や対象への分配などから種々の不適応?防衛機制を考える。
  • 発達論―自我、イド、超自我の相互の関係やエネルギー分配の様態を幼児から成人へという発達の中で捉え、その逆方向を退行と考える。
  • 適応論―対人関係や社会への適応?という視点から心理的現象を考える。

外部リンク

関連書籍

文庫
現代の精神分析―フロイトからフロイト以後へ
小此木啓吾
出版社:講談社(2002)
Webcat Plus:図書情報
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます