心理学辞典

認知発達理論 Cognitive Development Theory

  • ピアジェ?(Piaget,J.)は、知的な発達を、子どもが外界を認識するための心的枠組みであるシェマを、環境との活発な相互作用によって変換させていく過程としてとらえ、認知発達理論(cognitive development theory)を提唱した。

認知発達段階

感覚運動期(0〜2歳)対象の永続性?」の概念を獲得する。
前操作期(2〜7歳)ごっこ遊びのような記号的機能が生じる。他者の視点に立って理解することができず自己中心的。
具体的操作期(7〜12歳)数や量の保存概念が成立し、また、可逆的操作も行える。
形式的操作期(12歳以降)形式的、抽象的操作が可能になり仮説演繹的思考ができるようになる。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます