心理学辞典

タグ検索で臨床128件見つかりました。

 1  2  3  4  5  6  7  次の20件

エクスポージャー

*エクスポージャー Exposure -''エクスポージャー''(exposure)は、実際の不安など[[恐怖反応]]を引き起こす刺激に直面させて、[[学習]]された不安との連合を弱めていく([[消去]])。ハイアラーキー([[不安階層表]])に従い、不安の小さな刺激場面から大きな刺激場面へと順次暴露を繰り返していく段階的エクスポージャーと、刺激度の大きな場面から開始する[[フラッディング]]法がある。 -暴露法とも言う。 **関連項目 -[[系統的脱感作法]] -[[行動療法]] …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%a5%a8%a5%... - 2007年01月26日更新

系統的脱感作法

*系統的脱感作法 Systematic Desensitization -系統的脱感作法(systematic desensitization)は特に[[不安]]・恐怖の治療法としてウォルピ(Wolpe,J.)によって開発された、[[行動療法]]の主要な治療技法の一つ。 -[[不安階層表]]を作成する。 …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%b7%cf%c5%... - 2007年01月26日更新

心理療法

*心理療法 Psychotherapy -''心理療法''(psychotherapy)とは、何らかの病理的な問題に対して、訓練された専門家が心理治療的な意味での処遇を行うことである。精神療法、サイコセラピーともいう。 **関連項目 -[[面接]]―[[インテーク面接>受理面接]] -[[精神分析療法]] -[[夢分析]] -[[クライエント中心療法]] -[[エンカウンター・グループ]] -[[体験過程]]療法―[[フォーカシング]] -[[サイコドラマ]] -[[行動療法]]―[[系統的脱感作…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%bf%b4%cd%... - 2007年01月26日更新

イド

*イド Id -''イド''(id)は、[[精神分析]]学の概念で、本能的性欲動の源泉。エス(Es)ともいう。 -[[Freud,S.>ジークムント・フロイト]]は人間の心の構造をイド、[[自我]]、[[超自我]]の3層からなる心的装置(psychic apparatus)に見たてた(構造論)。 -イドは、不快を避けて快を求める[[快楽原則]]に支配されており、[[無意識]]的であるという特徴をもつ。 …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%a5%a4%a5%... - 2007年01月26日更新

精神分析

*精神分析 Psychoanalysis -''精神分析''(psychoanalysis)は、(1)[[フロイト>ジークムント・フロイト]](Freud,S.)により発見された人間の心の研究方法、(2)人間の行動に関する知識体系(精神分析理論)、(3)心の疾患に対する治療の体系([[精神分析療法]])である。 **フロイトの理論 -局所論―心理的過程は[[意識]]、[[前意識]]、[[無意識]]からつくられている。 -構造論―心を[[自我]]、[[イド]]、[[超自我]]という3層からなるモデル…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%c0%ba%bf%... - 2007年01月26日更新

自己実現

*自己実現 Self-Actualization; Self-Realization -''自己実現''(self-actualization; self-realization)とは、個人のなかに存在するあらゆる可能性を自律的に実現し、本来の自分自身に向かうことをさす。 -この言葉は最初に[[ユング]]によって用いられたが、彼は自己実現よりもむしろこれと同義の[[個性化]]という用語を用いることが多い。 **さまざまな自己実現 -ホーナイ(Horney,K.) --各個人に独自な成長の源を「真の自己」…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%bc%ab%b8%... - 2007年01月19日更新

広汎性発達障害

*広汎性発達障害 Pervasive Developmental Disorders -''広汎性発達障害''(pervasive developmental disorders)とは、[[対人関係]]、意志伝達能力、常同的行動・興味などの広範囲にわたり、発達が妨げられる障害である。一般的に生後1歳までに明らかとなり、しばしばある程度の精神遅滞を伴う。 **[[DSM]]-IVによる広汎性発達障害の下位分類 +[[自閉性障害]](autistic disorder) +レット障害(Rett's diso…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%b9%ad%c8%... - 2007年01月10日更新

解離

*解離 Dissociation -''解離''(dissociation)とは、[[催眠療法]]全盛期にジャネ(Janet,P.)が[[ヒステリー]]性のもうろう状態を説明するために用いた用語。 -強い情動体験や外傷的な記憶によって、意識や[[人格>パーソナリティ]]の統合的な機能が一時的に破綻したり、首尾一貫した形で交代する現象である。 …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%b2%f2%ce%... - 2007年01月08日更新

神経症

*神経症 Neurosis -''神経症''(neurosis)とは、不安・過労・精神的なショックなど、心理的原因によって引き起こされる症状で、器質的な障害がないもの。 -[[DSM]]-靴ら、神経症というカテゴリーは除外されており、症状毎に診断名がつけられている。また[[ICD]]10でも、神経症という言葉は補助的にしか使われていない。 **神経症の特徴 +心因(心理的原因)性に発現する障害である。 +機能的障害であり、基本的に器質的変化は認められない。 +特有の状態像を示し、病識があり、人格も保た…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%bf%c0%b7%... - 2007年01月08日更新

P-Fスタディ

*P-Fスタディ Picture-Frustration Study -''P-Fスタディ''(picture-frustration study)は、[[ローゼンツァイク]](Rosenzweig,S.)によって考案された、[[投影法]]による[[人格検査]]。 -欲求不満([[フラストレーション]])を起こすような場面(24場面)において、クライエントは空白のふきだしに発言を記述する。 -欲求不満場面に対する反応様式から自我防衛水準でのクライエントの反応様式に潜む人格の独自性を明らかにする(精神力動的…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/P%2dF%a5%b... - 2007年01月08日更新

投影法

*投影法 Projective Technique -''投影法''(projective technique)は、[[人格検査]]の1カテゴリー。被験者に自由で、正誤や優劣の判断ができない課題(あいまいな刺激)を実施し、その結果から[[パーソナリティ]]を測定する検査法。あいまいな刺激に対する被験者の連想や、自由な空想、その過程を分析する。 -反応の形式から、連想法、完成法、構成法、選択法、表現法(描画法)に分類される。 **代表的な投影法心理検査 |>|center:bgcolor(#F5F5…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%c5%ea%b1%... - 2007年01月08日更新

解離性同一性障害

*解離性同一性障害 Dissociative Identity Disorder; DID -''解離性同一性障害''(dissociative identity disorder; DID)は、[[解離性障害]]の一種。以前は多重人格障害(multiple personality disorder; MPD)と呼ばれた。2つ以上の[[アイデンティティ]]または[[パーソナリティ]]状態が存在し反復的に現れる。 -また、解離性同一性障害は、心的外傷([[外傷体験]])が主な原因とされている。幼児期に[[虐…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%b2%f2%ce%... - 2007年01月08日更新

パーソナリティ障害

*パーソナリティ障害 Personality Disorder -''パーソナリティ障害''(personality disorder)とは、[[思考]]・[[判断]]・[[行動]]が特徴的で、普通の人とズレており、そのことで周りや本人が悩む状態。現在の知識では疾患(体のどこかの部分の故障)とはいえず、[[人格>パーソナリティ]]面の障害であるとしかいえない状態をいう。''人格障害''ともいう。 **パーソナリティ障害に見られる考え方や行動の偏り -[[認知]](自分自身や、他人、出来事の受け取り…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%a5%d1%a1%... - 2007年01月08日更新

人格検査

*人格検査 Personality Test -''人格検査''(personality test)は、個人の[[性格]]特性や[[人格>パーソナリティ]]上の偏り、[[欲求]]や心理的葛藤の内容や有無、[[態度]]や[[適性]]などにおける個人差を測定することを目的とする心理検査である。 -性格検査やパーソナリティテストとよぶこともある。 **測定方法 +[[質問紙法]]・[[チェックリスト]]法 +作業法 +[[投影法]] **代表的な人格検査の分類 |>|bgcolor(#F5F5F…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%bf%cd%b3%... - 2007年01月08日更新

ミネソタ多面人格目録

gt;パーソナリティ]]を多面的に捉え、臨床的解釈を導く10の臨床尺度と、被検者の検査にたいする[[態度]]を評価する4つの妥当性尺度から構成される。 -MMPIの項目を利用して、顕在性不安尺度(MAS)や自我強度尺度などの派生尺度が作られている。 …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%a5%df%a5%... - 2007年01月08日更新

サイコドラマ

*サイコドラマ Psychodrama -''サイコドラマ''(psychodrama)は、[[モレノ]](Moreno,J.L.)によって創始された即興劇の方法を用いた[[集団精神療法]]の一技法。演技を通して、感情を表現することができ、演じることを通して、自発性が育てられ、日常と違う役割を演じることにより、新しい経験をすることができる。 -サイコドラマの構成要素は、監督、[[補助自我]]、演者、観客、舞台の5つである。 -グループの人数は、そのセッションの目的や対象により異なるが、10人前後が適当であ…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%a5%b5%a5%... - 2007年01月08日更新

クライエント中心療法

*クライエント中心療法 Client-Centered Therapy -''クライエント中心療法''(client-centered therapy; 来談者中心療法)は、[[ロジャーズ]](Rogers,C.R.)とその共同研究者たちにより提唱され、展開している[[心理療法]]。 -名称は、[[非指示的精神療法]](nondirective psychotherapy)から来談者中心療法、そして[[パーソン・センタード・アプローチ]](person centered approach)へと、時代を追っ…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%a5%af%a5%... - 2007年01月08日更新

自己一致

*自己一致 Congruence -''自己一致''(congruence)とは、[[クライエント中心療法]]で目指されるセラピストの態度の1つであり、セラピストがクライエントとの場で経験し感じていることと、表出される態度や言葉が一致していることである。純粋性、真実性ともよぶ。 -相手への嫌悪を、表面的な共感や理解の言葉で覆っている姿勢などは透明でないとされる。治療者が自己を偽らず、関係の場において自己一致しているとき、クライエントに真の理解者として対しているのである。 …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%bc%ab%b8%... - 2007年01月08日更新

受容

*受容 Acceptance -''受容''(acceptance)は、[[クライエント中心療法]]で目指されるセラピストの態度の1つであり、クライエントの[[感情]]に焦点をあて、(非難や賞賛を伴わずに)クライエントの気持ちがわかったという反応として用いられる。 -この態度は、''無条件の肯定的配慮''ともいう。これは、セラピストの配慮にクライエントの考え、感情、行動を判定したり、評価したりしようとすることが全くないことを意味する。クライエントに対して、表出的に積極的な無欲な暖かさを経験することである。…

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%bc%f5%cd%... - 2007年01月08日更新

共感的理解

*共感的理解 Empathic Understanding -''共感的理解''(empathic understanding)は、[[クライエント中心療法]]で目指されるセラピストの態度の1つであり、あたかもその人のように(as if)という状態を失わず(いわば来談者の感情に巻き込まれることなく)、来談者の私的世界を自分自身も感じるという状態をいう。 -感情移入的理解と訳されることもある。 …

https://seesaawiki.jp/w/psycholopedia/d/%b6%a6%b4%... - 2007年01月08日更新

 1  2  3  4  5  6  7  次の20件
アセスメント(24) コミュニティ(6) 家族(2) 学習(10) 基礎(38) 教育(3) 研究法(20) 社会(42) 集団(5) 人格(11) 生理(8) 統計(56) 認知(47) 発達(30) 文化(3) 臨床(128)

メンバーのみ編集できます