ラテン文字などの拡張補助文字や人工文字、ユニコード絵文字など特殊文字に関するウィキです。

拡張仮名文字 > 発音仮名】カテゴリです。
ここでは半濁点で表現される発音用拡張仮名文字を取り上げます。

半濁点付きカタカナ

ユニコードでは字母の合成で表現する。
一部の文字はMS系フォントやメイリオなどJIS X 0213に完全対応しているフォントで表現できる。

RHOTIC A - R音化したア【ア゚】

http://j.tokkyoj.com/data/G06F/3096883.shtml
アメリカ英語のER[ɚ]音を表す。
星野起美さんが考案したカタカナ表記工夫文字で見られる。この方式は日本国内で実用新案登録第3096883号として特許登録されている。

MIYAKO I - 宮古方言イ【イ゚】

琉球語宮古方言の仮名文字表記に見られ、典拠である『世界文字辞典』(三省堂)で字形が確認できる。
日本語東北方言で見られるイ又はウ音[ɨ]又は中国語の〈-I〉/ɿ/[z̩ ウー]の発音を示す。

BIDAKUON U - 鼻音のウ【ウ゚】

〈ウ゚マ〉[m̩ma]「馬」など鼻音要素が含まれ母音に近くなっている音節主音を示す。1944年の『文部省制定発音符号』に見られる。
近年は英語の[f]音を示すために島岡丘博士による“島岡メソッド”と呼ばれる英語発音表記法で導入され、[v]音を示す《ヴ》と対になっている。

NGA【カ゚】/NGI【キ゚】/NGU【ク゚】/NGE【ケ゚】/NGO【コ゚】

鼻濁音表記用。英語のNG[ŋ]音を示す特殊文字。
アクセント辞典などで見られるため、JIS X 0213で登録されているが、ユニコードではカ行各字母と合成用半濁点による合成で示す。
  • 琉球語多良間方言では半濁点付き《キ》が鼻濁音表記ではなく、特殊な発音表記で使用される。

CA【サ゚】/CI【シ゚】/CU【ス゚】/CE【セ゚】/CO【ソ゚】

英語TH[θ]音及びドイツ語Z[ts]音を示す特殊仮名文字。ユニコードの合成文字のネームシーケンスではアイヌ語ラテン文字の《C》が採用されていて、この字母はスラブ=バルト諸語及びウラル諸語のラテン文字における[ts]音やスペイン語におけるE及びIの前の[θ]音も示している。
アイヌ語の〈CE〉[ʧe~tse]音表記の半濁点付き《セ》(日本語表記では〈チェ〉)のみが JIS X 0213に対応。
ちなみに江戸時代から小説などで[ts]音を示すためにひらがなでの表記が使用されていた。
  • 琉球語宮古方言では半濁点付き《ス》が特殊な発音表記で使用される。

THA【ザ゚】/THI【ジ゚】/THU【ズ゚】/THE【ゼ゚】/THO【ゾ゚】

カタカナ工夫文字での有声のTH[ð]音表記法。
濁音と半濁音の連字をダイアクリティカルマークとしている。

AINU TU【ツ゚】

日本語外来語表記では〈トゥ〉に当たる。[tu]音。アイヌ語表記用。

AINU TO【ト゚】

日本語外来語表記では〈トゥ〉に当たる。[tu]音。アイヌ語表記用。

TARAMA MU - 多良間方言ム【ム゚】

https://twitter.com/asahicom/status/77716782089128...
琉球語多良間方言の仮名文字表記に見られ、地図などで地名表記を示すのに使用される。

LA【ラ゚】/LI【リ゚】/LU【ル゚】/LE【レ゚】/LO【ロ゚】

英語L[l]音を示す特殊仮名文字。現在の発音ガナではひらがなの《ら》行で[l]音を示す方式が主流になっている。
  • 琉球語多良間方言では半濁点付き《リ》が特殊な発音表記で使用される。

AINU WE - アイヌ語WE【ヱ゚】

1960年代に小冊子『アイヌモシリ』(アジア・アフリカ言語研究室)で使用された[-we]音を示す字母。
〈ウヱ゚〉で[we]音を示す。

RHOTIC PROLONGED SOUND MARK - R音化長音符号【ー゚】

アメリカ英語の末尾のR[ɚ, ɝ]音を表す。
カタカナ表記工夫文字で見られる。

Wiki内検索

メニューバーA

記号説明

  • [ ]…IPA発音表記及びフリガナ/意味
  • 【 】…特殊文字見出し
  • 《 》…特殊文字
  • 〈 〉…連字
  • 『 』…作品名
  • 〓…ユニコード未登録の字母
  • †…廃字, 携帯電話絵文字の代替テキスト
    • ‡…特殊な字母, 代用表記, 異体字


【略称】
  • IPA…国際音声記号
  • キルシェン…キルシェンバウム音声記号
  • i.t.a.…イニシャル・ティーチング・アルファベット
  • 大…大文字/小…小文字
  • 半…半角形/全…全角形

管理人/副管理人のみ編集できます