ラテン文字などの拡張補助文字や人工文字、ユニコード絵文字など特殊文字に関するウィキです。

Googleブック検索で見られる特殊文字系アーカイブ】カテゴリです。
Google ブック検索』で見られるラテン文字を改良した人工文字に関するアーカイブの中でおすすめのものや参考資料を紹介します。
検索してチェックしてみてください。
・★印は書籍アーカイブにリンクしてあります。
・小文字ローマ数字は前書きページ数です。

フランクリン文字

The Works of Benjamin Franklin: Containing Several Political and Historical Tracts Not Included

・著者: ベンジャミン・フランクリン Benjamin Franklin (1844)
ベンジャミン・フランクリン自伝。
・296〜298ページ: フランクリン文字の解説。

その他英語系

Vocal Sounds

・著者: エイブラハム・タッカー Abraham Tucker (1773)
英語改良文字タッカー文字を使った英語音声学の書籍。
・8ページ: タッカー文字の解説。

American Journal of Education

・著者: ウイリアム・ラッセル William Russell (1829)
英語改良文字バーナップ文字の解説が掲載されている。
・229ページ:“Burnap Orthography”の表。

Pantography: Or Universal Drawings, in the Comparison of Their Natural and Arbitrary Laws, with the Nature and Importance of Pasigraphy

・著者: ベナジャー・ジェイ・アントリム Benajah Jay Antrim (1843)
ラテン文字を改造した人工文字パジグラフィー文字の解説と世界の文字一覧を取り上げている。
・52〜53ページ: パジグラフィー文字の活字体と筆記体。
・135ページ: エスニックにアレンジされたひらがな・カタカナの文字表。

Anti-absurd or phrenotypic alphabet and orthography for the English language

・著者: Bartłomiej Beniowski (1844)
小文字のみを使った英語改良文字の解説。上下逆にした字形が特徴。
※スクリプト体の箇所など途中で途切れている箇所がある。

A Practical Exposition of Phonography, Or, Writing by Sound

・著者: キーズ・A・ベイリー Keyes A. Bailey (1848)
ラテン文字を大幅に改造した人工文字と速記系人工文字の解説。
他に英語の文字の歴史も取り上げている。
・17ページ: チェロキー文字、レジャン文字の解説。
・22ページ: アングロ・サクソン文字の表。
・43ページ: 2種類の人工文字アルファベット表。

Pointed and unpointed Romanic alphabets

・著者: J.G.トンプソン J. G. Thompson (1859)
英語・ヒンドスターニー語・ドラビダ諸語表記用人工文字の解説。
全ページ手書きで、文字表記は筆記体のみ。

汎用

A. Thibaudin's proposed original system for a radical, universal & philosophical reform in the spelling of languages

・著者: オーギュスト・ティボーディン Auguste Thibaudin (1842)
大文字のみを使用し、数字などを加えているティボーディン文字の紹介書物。各言語の使用例も掲載されている。
・4ページ: 母音文字表。
・8ページ: 子音文字表。

人工言語

The Works of George Dalgarno

・著者: ジョージ・ダルガーノ George Dalgarno (1834)
ダルガーノ自伝。ラテン文字を使った人工言語も載っている。
・9ページ: 普遍言語『記号術』のアルファベット。

Pasilogia: an essay towards the formation of a system

・著者: エドワード・グローブズ Edward Groves (1846)
人工語に関する概説。
・67ページ: ダルガーノ『記号術』のラテン文字。
・75〜76ページ: 数字を使ったノースモア式普遍文字。

人工言語(算用数字のみ)

Pasigraphie mittels arabischer Zahlzeichen, ein Versuch

・著者: Moses Paić
算用数字で表記する人工言語の解説書。

Wiki内検索

メニューバーA

記号説明

  • [ ]…IPA発音表記及びフリガナ/意味
  • 【 】…特殊文字見出し
  • 《 》…特殊文字
  • 〈 〉…連字
  • 『 』…作品名
  • 〓…ユニコード未登録の字母
  • †…廃字, 携帯電話絵文字の代替テキスト
    • ‡…特殊な字母, 代用表記, 異体字


【略称】
  • IPA…国際音声記号
  • キルシェン…キルシェンバウム音声記号
  • i.t.a.…イニシャル・ティーチング・アルファベット
  • 大…大文字/小…小文字
  • 半…半角形/全…全角形

管理人/副管理人のみ編集できます