ラテン文字などの拡張補助文字や人工文字、ユニコード絵文字など特殊文字に関するウィキです。

タグ検索でそり舌音22件見つかりました。

 1  2  次の2件

レトロフレックス付き【N】

|(小)1-10-79| |仮名転写|(そり舌音の)ン[ɳ]| |IPA点字|size(18):DOTS-256+1345《⠲⠝》| |ASCII翻字|X-SAMPA《n`》, キルシェン《n.》, ワールドベット《nr》| |代替表記|Ṇ ṇ| **その他 |上付き小文字|size(24):ᶯ| |ユニコード|(小)U+1DAF| |文字参照|(小)ᶯ| *由来 小文字《[[n…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2014年10月17日更新

レトロフレックス付き【A】

734;]| *由来 -IPA《a》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ɑ]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[aʴ]などにとって変わり、1989年にRHOTIC HOOK付き字母[a˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 -†IPA[a˞]、シンシナティ[ɛɚ…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2011年08月26日更新

レトロフレックス付き【T】

|(小)1-10-77| |仮名転写|(そり舌音の)トゥ[ʈ]| |点字(WBU90年式)|size(18):DOTS-23456《⠾》(U+283E)| |IPA点字|size(18):DOTS-256+2345《⠲⠞》| |ASCII翻字|X-SAMPA《t`》, キルシェン《t.》, ワールドベット《tr》| |代替表記|Ṭ ṭ| *由来 小文字《[[t>ラテン文字【T】]]》にレトロフレックスフック…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年07月23日更新

アフリカン【D】

、(小)1-10-78| |仮名転写|(そり舌音の)ドゥ[ɖ]| |点字(WBU90年式)|size(18):DOTS-1246《⠫》(U+282B)| |IPA点字|size(18):DOTS-256+145《⠲⠙》| |ASCII翻字|X-SAMPA《d`》, キルシェン《d.》, ワールドベット《dr》| |代替表記|Ḍ ḍ| *由来 小文字《[[d>ラテン文字【D】]]》にレトロフレックスフックを加…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%a2%a5%d5%a5%e... - 2010年07月23日更新

レトロフレックス付き【シュワー】

| *由来 -IPA《ə》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加し、ケニヨン式音声記号の《ɚ》に似せたもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ə]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 ケニヨン式音声記号の《ɚ》と発音が同じで、レトロフレックスフックがRの音色フックに微妙に意識しているのが特徴。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[ɜʴ]及びケニヨン式の字母[ɚ]…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

スクワットリバースド【ESH】

リバースド【R】]]《ɾ》に、そり舌音を示すフック記号を付加したもの。 *解説 中国音声学における漢=チベット語族の音声表記で、''舌尖そり舌母音'' apical retroflex vowel を示す字母。 本来はスウェーデン方言字母の一字母を、B・カールグレン Bernhard Karlgren が中国の方言発音表記用に取り入れられたものである。 ユニコードにおける名称はフィッシュフック付きリバースドR《ɿ》にレトロフレックスフックを付加した形状が、IPAの[[ESH>拡…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%b9%a5%af%a5%e... - 2010年04月15日更新

テールとFフック付きターンド【H】

付きターンド【H】]]《ʮ》にそり舌音を示すフック記号を付加したもの。 *解説 中国音声学における漢=チベット語族の音声表記で使用される字母。 本来はスウェーデン方言字母の一字母で、震えるような[y]音を示す。 B・カールグレン Bernhard Karlgren が中国の方言発音表記用に取り入れられたものである。 この字母一つで、円唇化音《ʷ》, [[有声歯茎そり舌音>レトロフレックス付き【Z】]]《ʐ》, [[非円唇前舌広めの狭母音>拡張ラテン【イオタ】]]…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%c6%a1%bc%a5%e... - 2010年04月15日更新

テールとフック付き【D】

る''有声そり舌入破音''を表す字母で、そり舌音のフックと入破音のフックが同時に付いている。 音声学者ジョン・レイヴァー John Laver 氏がその字母を著書『'''Principles of phonetics'''』(1994)に掲載している。 SILがN2740で追加申請を行い、ユニコード4.1で小文字が登録された。 *使用言語・文字 **特殊文字 ・音声記号(レイヴァー式)、中国語学 備考 ・SIL Dourosフォントの外字では、対応する大文字としてストローク付きのフック付きD《'…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%c6%a1%bc%a5%e... - 2010年03月07日更新

ベルトとレトロフレックス付き【L】

; {6.0.0d2}| |仮名転写|(そり舌音の)ス[IPA未登録]| *由来 ・[[ベルト付きL>ベルト付き【L】]]《ɬ》と[[レトロフレックスフック付きL>レトロフレックス付き【L】]]《ɭ》のリガチャ。 *解説 IPAに無い''無声そり舌側面摩擦音''を示す音声記号。 音声学者ピーター・ラディフォギッド Peter Ladefoged 氏が考案した音声記号である。 *使用言語・文字 **言語 ・トダ転写 **特殊文字 ・音声記号(ラディフォギッド式) *備…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%d9%a5%eb%a5%c... - 2010年03月05日更新

レトロフレックス付き【EZH】

5;7578;| |仮名転写|(そり舌音の)ジ[ʐʲ]| *由来 [[小文字EZH>拡張ラテン【EZH】]]《ʒ》にレトロフレックスフックを加えたもの。 *解説 IPAのレフトフレックス付き字母を応用して生み出された字母の一つ。 [[レトロフレックスフック付きESH>レトロフレックス付き【ESH】]]同様、IPAの正式な字母として採用されていない。 *使用言語・文字 **特殊文字 ・‡IPA[ʂʲ] *関連項目 **そり舌音 -…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年03月02日更新

レトロフレックス付き【ESH】

357576;| |仮名転写|(そり舌音の)シ[ʂʲ]| *由来 [[小文字ESH>拡張ラテン【ESH】]]《ʃ》にレトロフレックスフックを加えたもの。 *解説 IPAのレフトフレックス付き字母を応用して生み出された字母の一つ。 IPAの正式な字母として採用されていない。 *使用言語・文字 **特殊文字 ・‡IPA[ʂʲ] *関連項目 **そり舌音 -[[ラテン文字EZH WITH RETROFLEX HOOK>レトロフレックス…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年03月02日更新

レトロフレックス付き【L】

|(小)1-10-84| |仮名転写|(そり舌音の)る/ル[ɭ]| |IPA点字|size(18):DOTS-256+123《⠲⠇》| |ASCII翻字|X-SAMPA《l`》, キルシェン《l.》, ワールドベット《lr》| |代替表記|Ḷ ḷ| **その他 |上付き小文字|size(24):ᶩ| |ユニコード|(小)U+1DA9| |文字参照|(小)ᶩ| *由来 小文字《[[…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月27日更新

フック付き【S】

|(小)1-10-81| |仮名転写|(そり舌音の)ス/(北京語の)シ[ʂ]| |IPA点字|size(18):DOTS-256+234《⠲⠎》| |ASCII翻字|X-SAMPA《s`》, キルシェン《s.》, ワールドベット《sr》| |代替表記|Ṣ ṣ| **その他 |上付き小文字|size(24):ᶳ| |ユニコード|(小)U+1DB3| |文字参照|(小)ᶳ| *由来 …

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%d5%a5%c3%a5%a... - 2010年02月27日更新

レトロフレックス付きオープン【O】

| *由来 ・IPA《ɔ》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ɔ]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[ɔʴ]などにとって変わり、1989年にRHOTIC HOOK付き字母[ɔ˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 ・†IPA[ɔ˞] *関…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

レトロフレックス付きリバースドオープン【E】

| *由来 ・IPA《ɜ》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ɜ]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 ケニヨン式音声記号の《ɝ》と発音が同じである 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[ɜʴ]などにとって変わり、さらにその後ケニヨン式のものに忠実なRHOTIC HOOK付き字母[ɝ]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

レトロフレックス付きオープン【E】

| *由来 ・IPA《ɛ》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ɛ]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[ɛʴ]などにとって変わり、さらにその後RHOTIC HOOK付き字母[ɛ˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 ・†IPA[ɛ˞] *関…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

レトロフレックス付き【U】

734;]| *由来 ・IPA《u》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[u]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[uʴ]などにとって変わり、さらにその後RHOTIC HOOK付き字母[u˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 ・†IPA[u˞]、シンシナティ[juː] *異体字 …

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

レトロフレックス付き【I】

734;]| *由来 ・IPA《i》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[i]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[iʴ]などにとって変わり、さらにその後RHOTIC HOOK付き字母[i˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 ・†IPA[i˞] *異体字 ・『言語学大辞典』(三省堂)ではレ…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

レトロフレックス付き【アルファ】

| *由来 ・IPA《ɑ》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ɑ]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[ɑʴ]などにとって変わり、1989年にRHOTIC HOOK付き字母[ɑ˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 ・†IPA[ɑ˞]、エリス…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月17日更新

レトロフレックス付き【E】

734;]| *由来 ・IPA《e》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[e]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[eʴ]などにとって変わり、1989年にRHOTIC HOOK付き字母[e˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 ・†IPA[e˞] *異体字 ・『言語学大辞典』(三省堂)ではレ…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

 1  2  次の2件
a(26) b(15) c(16) cjk記号(3) d(23) e(16) f(14) g(11) google(26) gpl(1) h(14) hamza(1) i(12) ipa(126) j(11) k(14) l(23) m(11) mac(2) n(12) o(21) ocr(1) p(17) q(10) r(19) rの音色(2) s(27) sil(3) t(23) tex(1) times(1) u(16) unicode(208) unifon(1) v(12) vera(1) w(9) windows(3) x(7) y(9) z(27) zwj(4) そり舌音(22) ひらがな(2) アフリカの文字(1) アメリカの文字(1) アメリカ音声学(2) アラビア文字(35) アルバニア語(1) アルファベット(2) インシュラー(6) インド系文字(9) イ文字(1) ウラル音声学(13) エチオピア文字(9) エピグラフィック(6) エモーティコン(6) オープン(3) カール(10) カタカナ(6) キリル文字(40) ギリシャ文字(22) クォック・グー(3) クラウディアン(3) グルジア文字(1) ゲール文字(8) コプト文字(1) ゴート文字(1) サンセリフ(4) ショートレッグ(1) シリア文字(1) スウェーデン方言字母(3) スクリプト(6) ストローク(39) スペース調整文字(6) スモールキャピタル(6) セム文字(2) ソフトウェア(1) タイポグラフィ(10) タイ文字(3) タガログ文字(1) タミール文字(1) ダイアクリティカルマーク(33) チェス(1) チュートニスタ(2) チュノム(1) チルドオーバレイ(12) テール(11) ティフィナグ文字(1) デーヴァナーガリー(1) デーヴァナーガリー文字(1) ディセンダー(4) トップバー(2) トランプ(3) ドイツ文字(14) ドット(1) ドットなし(4) ハート(3) ハングル(4) バー(6) パレオタイプ(1) ヒエログリフ(3) ビルマ文字(9) フィッシュフック(4) フェニキア文字(6) フォノタイプ(8) フォント(26) フック(20) フランス方言字母(1) フレイザー文字(12) ブラックレター(1) ヘブライ文字(2) ベルト(1) ベンガル文字(2) ホーン(2) マヤ語学(4) メニュー(5) メロエ文字(1) モンゴル文字(2) ヤナリフ(5) ユニコード(6) ラオ文字(1) ラテン文字(545) リガチャ(35) リスト(1) リンク集(84) リング(1) ループ(3) ルーン文字(5) ローマ数字(1) ヴォラピューク(3) 囲み文字(6) 飲食絵文字(1) 横向き(6) 音楽記号(7) 音声学(3) 音声記号(10) 音節文字(1) 仮名文字(7) 架空文字(4) 絵文字(203) 外字(6) 拡張文字(1) 括弧(3) 感嘆符(1) 漢字(14) 幾何学模様(8) 幾何学紋様(1) 記号(40) 記念日(17) 逆字(30) 吸着音(3) 近代dl(10) 句読点(6) 言語学(1) 古代エジプト語学(2) 古代文字(8) 口蓋化音(16) 合字(1) 国字(2) 左フック(1) 左右逆(12) 参考資料(119) 指文字(1) 辞典(7) 手話(4) 宗教用記号(1) 書体(1) 小アジア文字(4) 小書き(3) 少数民族文字(1) 衝撃音(2) 上下逆(1) 上付き・下付き(3) (2) 神代文字(4) 人工言語(5) 人工文字(62) 数学記号(6) 数字(6) (1) 声調(4) 声門閉鎖(4) 占星術記号(1) 線文字(6) 早見表(5) 速記(7) 単位記号(1) 地図記号(1) 中国語(1) 中世ヨーロッパ略字(36) 注音字母(1) 通貨記号(1) 点字(3) 動物絵文字(1) 特殊用法(1) 読み方(4) 日本語(5) 入破音(1) 年表(19) 発音記号(4) 半字形(6) 筆記体(9) 部首(1) 文字(5) 文字コード(8) 文字名称(10) 変体仮名(1) 翻字(3) 目次(12) 矢印(4) 約物(42) 連字(106)

管理人/副管理人のみ編集できます