ラテン文字などの拡張補助文字や人工文字、ユニコード絵文字など特殊文字に関するウィキです。

タグ検索でa26件見つかりました。

 1  2  次の6件

拡張ラテン【A】

【[[拡張ラテン文字辞典]] - [[ラテン文字A>ラテン文字【A】]]】カテゴリです。 ''ラテン文字A''から派生した拡張ラテン文字を取り上げます。 -シンボルや派生字は[[拡張ラテン【A】その2]]を参照。 *拡張文字 **AE【Æ æ】 -[[拡張ラテン【AE】]]を参照。 **A WITH STROKE【Ⱥ ⱥ】 -[[ストローク付き【A】]]を参照。 **TURNED A【Ɐ ɐ】 -[[ターンド【A】]]を参照…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2014年02月26日更新

ヴォラピューク語【AE】

ヨハン・マルティン・シュライヤー Johann Martin Schleyer (1831〜1912)が考案した人工言語ヴォラピューク語 Volapük の拡張ラテン字母のひとつ。 UCS登録申請はN4031に行われ、N4346で字形がシュライヤー考案による本来の字形に修正されたものがUCSに採用され、ユニコード7.0で採用された。 見た目はラテン文字[[ALPHA>拡張ラテン【アルファ】]]《ɑ》の左中央部がくぼんだ形状になっている。 ヴォラピュークの解説書『'''Volap&…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%f4%a5%a9%a5%e... - 2014年07月07日更新

ラテン文字【A】連字

組み合わせ 言語によっては《A》の音は[a]又は[ɑ]のいずれかとなる。なお、英語のケースでは原則的に短子音は[æ]、二重母音となる場合は[a]となる。 |~連字|発音| |AB Ab ab|アブ[ab/ɑb]| |AD Ad ad|アド[ad/ɑd]| |AE Ae ae|アエ[ae~aɛ/ɑe~ɑɛ]| |AF Af af|アフ[af/ɑf]| |AG Ag ag|アグ[aɡ/…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%e9%a5%c6%a5%f... - 2013年04月12日更新

ラテン文字【E】連字

かとなる。 |~連字|発音| |EA Ea ea|エア[ea~eɑ/ɛa~ɛɑ]| |EB Eb eb|エ(ッ)ブ[eb/ɛb]| |ED Ed エd|エ(ッ)ド[ed/ɛd]| |EF Ef ef|エフ[ef/ɛf]| |EG Eg eg|エ(ッ)グ[eɡ/ɛɡ]| |EH Eh eh|エフ又はエヘ(アイヌ語式)[eh/ɛh]| |EI Ei ei|エイ[ei~&#…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%e9%a5%c6%a5%f... - 2013年04月12日更新

ラテン文字【A】

です。 [[基本ラテン文字]]【''A a''】を取り上げます。 -拡張文字は[[拡張ラテン【A】]]を参照してください。 |文字名称|エー, エイ / AY| |大文字|(半)A、(全)A| |小文字|(半)a、(全)a| |ラテン語名|アー / A| |IPA|No.304 非円唇前舌広母音/第4基本母音| |NATO式呼称|アルファ / ALFA| |異称|エース / ACE| |セム系文字原義|雄牛(の頭)| |源流フェニキア文字|アレフ, アルフ /…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%e9%a5%c6%a5%f... - 2013年01月23日更新

スモールキャピタル【A】

なる。 ウラル音声記号では、無声化した[a]を示す表現として使用される。 ユニコードではUCSのウラル音声記号の追加申請が通った後のバージョン4.0で追加された。 **音声記号以外 1930年代のカフカス諸語のヤナリフ表記では、大文字が《A》のものにスモールキャップを当てているものがあった。 *使用言語・文字 **言語 -†アディゲ[a] **特殊文字 -†IPA、アメリカ音声学、アメリカ先住民語学[ḁ]、ウラル音声学[ḁ]、音声記号(トレーガー式)[æ̈, …

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%b9%a5%e2%a1%b... - 2013年01月19日更新

拡張ラテン【A】その2

記号[ɑ, ɒ]、CanIPA[ɑ]、チュートニスタ 【備考】 -IPAのアルファ(いわゆるブロック体の《a》)の代わりに使用される場合がある。 -ルチアーノ・カネパーリ氏が作成した''自然音声記号'' CanIPA では、ラテン文字/IPAのアルファと別字になっている。 *ラテン派生系 **CHEROKEE LETTER GO【Ꭰ】 【使用文字】 -チェロキー[ɡo] **CHEROKEE LETTER HI【Ꭿ】 【使用文字】 -チ…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2012年08月08日更新

拡張ラテン【@】

131;| *由来 -ラテン語ad「〜から」を意味する aとdのリガチャ。 -コアリブ語の大文字はアットマークの筆記体aを《A》に変化させたもの。 *解説 商用記号として“単価”を表現するために使用されてきたもので、中世ヨーロッパのラテン文字を略字化したものとして古くから使用されている。 アメリカのプログラマー、レイ・トムリンソン Ray Tomlinson さんが1971年にe-メールでユーザー名とドメインを区切るための約物として導入してから、90年代にインターネットでe-メールのアドレス用…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2012年06月09日更新

レトロフレックス付き【A】

67;| |仮名転写|ア(ー)[a˞]| *由来 -IPA《a》にそり舌音を示すレトロフレックスフックを付加したもの。 *解説 1949年式IPAで、R音化した母音[ɑ]を示すためにそり舌音を示すレトロフレックスフックを右下に付加したもの。 1979年に上付き文字の[ɹ]などとの連字[aʴ]などにとって変わり、1989年にRHOTIC HOOK付き字母[a˞]に変更された。 *使用言語・文字 **特殊文字 使用言語・文字 -†IPA[a…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%ec%a5%c8%a5%e... - 2011年08月26日更新

拡張ラテン【クアトリーリョ】

人宣教師フランシスコ・デ・ラ・パラ Francisco de la Parra によって考案され、16〜17世紀頃にマヤ語学者 Mayanist の間で使用されていた拡張ラテン文字。 CUATRILLOとは、スペイン語で''小さな4'を示す。[k]の放出音を示す。 本来の字形は《G》の右下にフック状の記号が付いたもので、それが《4》にテール記号が付いたものに変化した。 当初は小文字のみ登録申請されたが、のちに大文字も申請され、ユニコード5.1で大文字・小文字ともに採用された。 ユニコード例示字形は《4》か…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2011年08月26日更新

拡張ラテン【AE】

英語), エイン / AIN (i.t.a.) ; エー-イー・リガチャ / A-E LIGATURE (IPA)| |大文字|size(24):Æ| |小文字|size(24):æ| |文字部首|A部| |IPA|No.325 非円唇前舌狭めの広母音| |IPA英意味|NEAR-OPEN FRONT UNROUNDED VOWEL| |ユニコード|(大)U+00C6、(小)U+00E6| |文字参照|(大)Æ、(小)æ…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2011年08月26日更新

拡張ラテン【AO】

〉の略字としても使用されていて、左側の《a》部分に必ずアキュートが付加されている。 1964年にジョージ・トレーガー George Trager 氏が提案したトレーガー式音声記号のひとつで同型の小文字が存在。 **スモールキャピタル 1964年に追加音声記号として提案されたトレーガー式音声記号のひとつ。 『世界音声記号辞典』(三省堂)の例示字形は、ユニコードの大文字例示字形と字形が異なる。 *使用言語・文字 **言語 -†アイルランド(ゲール略字)[eː {アイルランド〈áo〉}]、…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2011年08月26日更新

拡張ラテン【アルファ】

式) ; アード / AHD (i.t.a.)| |大文字|size(24):Ɑ ; A| |小文字|size(24):ɑ| |文字部首|A部| |IPA|No.305 非円唇後舌広母音/第5基本母音| |IPA英意味|LOW BACK UNROUNDED VOWEL| |ユニコード|(大)U+2C6D、(小)U+0251| |文字参照|(大)Ɑ、(小)ɑ| |JIS X 0213|(小)1-11-25| |仮…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2011年08月26日更新

ターンド【A】

#38;"》, ワールドベット《ax》| **LISU LETTER AE - フレイザー文字AE【ꓯ】 |文字名称/単体発音|アェ / AE[æ]| |字母|size(24):ꓯ| |ユニコード|U+A4EF| |文字参照|ꓯ| **数学記号 : FOR ALL - すべての, 普通限定子【∀】 |記号|size(24):∀| |ユニコード|U+2200| |文字参照|&#8704…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%bf%a1%bc%a5%f... - 2011年08月15日更新

ターンド【アルファ】

ーキー手話記号'' Stokoe notation では、大文字と下付き文字が使用される。 *使用言語・文字 **特殊文字 ・IPA、アメリカ音声学[ɒ]、ウラル音声学[ᾰ]、OR-E[ɒ, ɑ, a]、CanIPA、SSA[ɒ]、スウェーデン方言字母[ɐ]、ストーキー[手首の裏側]、ブリッジズ[ʌ] *備考 ・この字母のイタリック体はギリシャ文字《α》をひっくり返した字形。 *関連項目 **親字 -[[ラテン文字ALPHA&g…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%bf%a1%bc%a5%f... - 2010年04月14日更新

ターンド【AE】

TURNED AE - fileformat.info】 http://www.fileformat.info/info/unicode/char/1d02/index.htm 【LATIN SMALL LETTER TURNED AE - decodeunicode.org】 http://www.decodeunicode.org/en/u+1d02/properties 【Uralilainen foneettinen aakkosto - Wikipedia】 http://fi.wikipedi…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%bf%a1%bc%a5%f... - 2010年04月08日更新

ストローク付き【A】

リカのセンコテン語 Sencoten Language 特有の字母で、二重母音 /ej/ を示す。 1978年にデイブ・エリオット Dave Elliot 氏が創作した。 ユニコードでは4.0で登録され、互換用字母の小文字が5.0に追加された。 『世界のことば100語辞典(アジア編)』(三省堂)で、町田和彦氏がヒンディー語翻字として、小文字を''殺母音記号''(インド系文字の記号であるヴィラーマ VIRAMA 或いは ハラント HALANT に対応)として使用し、ヒンディー語デーヴァナーガリー文字表記で語…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%a5%b9%a5%c8%a5%e... - 2010年02月18日更新

拡張ラテン【AA】

2803;| |仮名転写|アー[aː]| *由来 -[[A>ラテン文字【A】]]を2つ連続で並べたリガチャ。 *解説 古アイスランド語のリガチャ系字母のひとつ。ユニコードでは5.1で採用された。 古ノルド=アイスランド系リガチャでは同一字母のリガチャで長音を示す。 -同系統のものは[[IJ>拡張ラテン【IJ】]]《IJ》[iː] (小文字は[[N3077>http://std.dkuug.dk/JTC1/sc2/WG2/docs/n3077.pdf…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2010年02月19日更新

拡張ラテン【AY】

LETTER AY - fileformat.info】 http://www.fileformat.info/info/unicode/char/a73c/index.htm ・【LATIN SMALL LETTER AY - fileformat.info】 ・http://www.fileformat.info/info/unicode/char/a73d/index.htm 【N2957 - Preliminary proposal to add medievalist characters to…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2010年02月19日更新

拡張ラテン【AV】

2809;| |仮名転写|アウ[au]| *由来 -[[ラテン文字>ラテン文字【A】]]《A》を2つ横並べにして合字にしたもの。 *解説 古アイスランド語のリガチャ系字母のひとつ。ユニコードでは5.1で採用された。 パジグラフィーやブリッジズ文字といった[[英語の人工文字]]にも同系統の字母が見られる。 *使用言語・文字 **言語 ・古アイスランド[au, ø, õ] **特殊文字 ・パジグラフィー[ə, ɔ, ɑ]、ブリッジズ[…

https://seesaawiki.jp/w/qvarie/d/%b3%c8%c4%a5%a5%e... - 2010年02月19日更新

 1  2  次の6件
a(26) b(15) c(16) cjk記号(3) d(23) e(16) f(14) g(11) google(26) gpl(1) h(14) hamza(1) i(12) ipa(126) j(11) k(14) l(23) m(11) mac(2) n(12) o(21) ocr(1) p(17) q(10) r(19) rの音色(2) s(27) sil(3) t(23) tex(1) times(1) u(16) unicode(208) unifon(1) v(12) vera(1) w(9) windows(3) x(7) y(9) z(27) zwj(4) そり舌音(22) ひらがな(2) アフリカの文字(1) アメリカの文字(1) アメリカ音声学(2) アラビア文字(35) アルバニア語(1) アルファベット(2) インシュラー(6) インド系文字(9) イ文字(1) ウラル音声学(13) エチオピア文字(9) エピグラフィック(6) エモーティコン(6) オープン(3) カール(10) カタカナ(6) キリル文字(40) ギリシャ文字(22) クォック・グー(3) クラウディアン(3) グルジア文字(1) ゲール文字(8) コプト文字(1) ゴート文字(1) サンセリフ(4) ショートレッグ(1) シリア文字(1) スウェーデン方言字母(3) スクリプト(6) ストローク(39) スペース調整文字(6) スモールキャピタル(6) セム文字(2) ソフトウェア(1) タイポグラフィ(10) タイ文字(3) タガログ文字(1) タミール文字(1) ダイアクリティカルマーク(33) チェス(1) チュートニスタ(2) チュノム(1) チルドオーバレイ(12) テール(11) ティフィナグ文字(1) デーヴァナーガリー(1) デーヴァナーガリー文字(1) ディセンダー(4) トップバー(2) トランプ(3) ドイツ文字(14) ドット(1) ドットなし(4) ハート(3) ハングル(4) バー(6) パレオタイプ(1) ヒエログリフ(3) ビルマ文字(9) フィッシュフック(4) フェニキア文字(6) フォノタイプ(8) フォント(26) フック(20) フランス方言字母(1) フレイザー文字(12) ブラックレター(1) ヘブライ文字(2) ベルト(1) ベンガル文字(2) ホーン(2) マヤ語学(4) メニュー(5) メロエ文字(1) モンゴル文字(2) ヤナリフ(5) ユニコード(6) ラオ文字(1) ラテン文字(545) リガチャ(35) リスト(1) リンク集(84) リング(1) ループ(3) ルーン文字(5) ローマ数字(1) ヴォラピューク(3) 囲み文字(6) 飲食絵文字(1) 横向き(6) 音楽記号(7) 音声学(3) 音声記号(10) 音節文字(1) 仮名文字(7) 架空文字(4) 絵文字(203) 外字(6) 拡張文字(1) 括弧(3) 感嘆符(1) 漢字(14) 幾何学模様(8) 幾何学紋様(1) 記号(40) 記念日(17) 逆字(30) 吸着音(3) 近代dl(10) 句読点(6) 言語学(1) 古代エジプト語学(2) 古代文字(8) 口蓋化音(16) 合字(1) 国字(2) 左フック(1) 左右逆(12) 参考資料(119) 指文字(1) 辞典(7) 手話(4) 宗教用記号(1) 書体(1) 小アジア文字(4) 小書き(3) 少数民族文字(1) 衝撃音(2) 上下逆(1) 上付き・下付き(3) (2) 神代文字(4) 人工言語(5) 人工文字(62) 数学記号(6) 数字(6) (1) 声調(4) 声門閉鎖(4) 占星術記号(1) 線文字(6) 早見表(5) 速記(7) 単位記号(1) 地図記号(1) 中国語(1) 中世ヨーロッパ略字(36) 注音字母(1) 通貨記号(1) 点字(3) 動物絵文字(1) 特殊用法(1) 読み方(4) 日本語(5) 入破音(1) 年表(19) 発音記号(4) 半字形(6) 筆記体(9) 部首(1) 文字(5) 文字コード(8) 文字名称(10) 変体仮名(1) 翻字(3) 目次(12) 矢印(4) 約物(42) 連字(106)

管理人/副管理人のみ編集できます