銭湯wiki - 大黒湯(東京都目黒区)
 東京都目黒区の銭湯、大黒湯です。

同湯は東横線の祐天寺駅から北へ路地を徒歩7分くらい。
三宿病院入口に至る道沿いの角地に建っています。



エントランスは四角い建物に改装、フロント化されていますが奥は黒瓦屋根の昔ながらの東京銭湯です。
入口左右には手入れされた松の木があって良いアクセントになっています。
入口上には屋号入りの行燈看板、その下に暖簾が掛かります。
暖簾をくぐって下足スペースで靴をしまい、自動ドアから中に入るとフロントと左右に男女浴室の入り口、左手には休憩スペースがあります。
フロント脇にはかつて番台だったころに番台裏の入口正面にあったであろう「九谷 鈴榮堂」とある古いタイル絵が残されています。

フロントの女将さんに料金を支払い脱衣場へ。
頭上は高い茶色の折り上げ付き格天井、そこからかつて天井旋だったであろうポールが結構低めに下がっています。
ロッカーは外壁側の造り付け。
脱衣カゴも現役で積まれています。

さて浴室。
高い天井は2段式。
奥壁には富士山のペンキ絵。
頂上に雪のある富士山の絵はお馴染みですが、同湯の富士山は夏の姿が描かれている珍しいものでした。
描かれたのは今月初め頃、新しくてぴかぴかのペンキ絵でした。
その下には9匹の鯉が泳ぐタイル絵、鈴榮堂・章仙画の銘があります。
タイル絵の下は深浅2槽の浴槽があります。

カランは両壁側と島カラン1基、男女境壁側から7.4.4.6の配列になっています。
外壁側6のカラン列はよくスーパー銭湯で使われている様な水湯混合の温度調整のカランになっています。

同湯は椅子と桶は木製の物が使われていて、これがなかなか良い感じです。
遅めの時間帯でしたが地元客が次々に入って来て、なかなか活気がある銭湯でした。






住所・東京都目黒区上目黒4-25-10 営業は15:00〜24:30

お休みは月曜日
ライブドア地図大黒湯



*銭湯の情報については掲載時と変わっている可能性もありますので、ご利用の際はご自身にて確かめる事をお勧めします。
また、銭湯は近所の人の生活の場です。けして近所の人に迷惑をかけないようにしましょう。

平成21年9月11日取材撮影
平成22年8月19日再取材撮影