このwikiは管理人の平凡な日常で得た知識を淡々と書いたものです。過度の期待はしないでください。

3.1.8. 後方追加と前方追加(上書き形式の書式)

上書き形式の書式を使って、変数の値に前方追加または後方追加することもできます。この書式を使うと、空白は挿入されません。いくつかの例を示します:

B = "bval"
B_append = " additional data"
C = "cval"
C_prepend = "additional data "
D = "dval"
D_append = "additional data"

変数 B は "bval additional data" になり、C は "additional data cval" になります。変数 D は "dvaladditional data" になります。

注意
オーバーライド書式を使う場合は、すべてのスペースを制御する必要があります。

演算子 "_append" と "_prepend" は演算子 ".=" と "=." とは異なります。すぐに適用されるのではなく、解析が完了するまで延期されます。

管理人/副管理人のみ編集できます