このwikiは管理人の平凡な日常で得た知識を淡々と書いたものです。過度の期待はしないでください。

イメージに含める追加機能のリスト。
基本的には、ビルドディレクトリーにある local.conf ファイルで、この変数を設定する。

レシピの中で、この変数を使うことはできるが、最も良いのは、そうしないこと。

注意

イメージレシピで主要な機能を有効にするには、IMAGE_FEATURES 変数を使う。

追加できる幾つかの機能の例:

"package-management" - パッケージ管理ツールのインストールと、パッケージ管理データベースの保持をする。

"read-only-rootfs" - 作られるイメージのルートファイルシステムを読み取り専用にする。詳細は Yocto Project Development Manual の "Creating a Read-Only Root Filesystem" セクションを参照。

イメージ機能の全一覧は Yocto Project で送り出されている、"Image Features" セクションを参照。

この変数を使ってイメージをカスタマイズする方法の例を見るには、Yocto Project Development Manual の "Customizing Images Using Custom IMAGE_FEATURES and EXTRA_IMAGE_FEATURES" セクションを参照。

管理人/副管理人のみ編集できます