2008年5月 サントリー山崎蒸溜所

詳細
JR京都線「山崎」駅から西北に徒歩5分のところにあるサントリー山崎蒸溜所に連行されました〜



ガイドツアーをするウイスキー館〜



ちなみに料金は無料です〜。いよっ、太っ腹!

約50分間のツアーにGO!

製麦、仕込み、発酵の工程は省略〜


蒸溜室
ポットスチルと呼ばれる蒸溜釜の形状により、味が変わってくるそうです〜。


貯蔵室
樽が年代別に並べてあり、自分が生まれた年の樽を見つけて感慨にふける趣向〜〜


庭園
水の良さをアピール〜〜

そして、参加者の本命である試飲タイム〜


ウイスキー「山崎」の12年もの(水割り)と水

その後、「白州」の12年もの(水割り)も試飲〜。
こちらのほうが、穏やかな味〜。全然、違うな〜。

味的には、どちらも好みで決めて良いような感じ〜。水で割り過ぎてあり、良さが分かり辛かった〜(←全然、飲めない人に合わせて、薄くしてある印象)。

水は実家の地下水と差が無いような気がしないでもない〜。

小さいお猪口で、ストレートかロックで飲んでみたかったかも〜。恐らく、違った印象になっていた気がする〜(12年ものだから、それなりの値段で、質もありそうだから)。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

リンク

リンクご希望の方は「アート/デザイン」「総合」をクリックして、MenuBar1を選択し、編集を押してください。
この注意書きが一番下に来るようにお願いいたします。
公序良俗に反するサイトの場合削除する場合がございます。

編集にはIDが必要です