Restaurant Gastronomique Osaka Japon Hajime
レストラン・ガストロノミック・オオサカ・ジャポン・ハジメ(大阪・肥後橋)

地下鉄四ツ橋線「肥後橋」駅から南に徒歩2分のところに新しくできたフランス料理店に行ってきました〜〜。



今回はランチで7350円(税込・サ10%別)のコースをいただきました〜。


平目のカルパッチョ トリュフソース
意表をつかれて美味しい〜。カルパッチョより、皮の味の付け方が良くて美味しい〜。


半熟玉子 桃の卵黄仕立てと砕いたアーモンドのせ
桃が本当に卵黄みたいな見た目と食感だけど、味は桃で美味しい〜。


「ル・シュクレクール」のパン エシレの有塩バターと国産無塩バター
ハード気味なパンで美味しい〜。


人参のピューレを敷いたホタテのポワレ セロリとミョウガをのせて
ホタテはレアで、みじん切りのセロリとミョウガが良いアクセント〜。


ミントのピューレをからませた温野菜
結構、色々な種類の野菜が使われ、野菜が良いので美味しい〜。


フォアグラのテリーヌ キヌワ(南米の穀物)を添えて
まったりとしたフォアグラで美味しい〜。


仔羊のヨーグルトソース
周りの脂はカリっと、内側の部分はレアで美味しい〜。


小さいデザート:無花果のコンポート 虎杖(いたどり)のソルベをのせて
美味しい〜。


バナナのソルベを敷いた苺のミルフィーユっぽいもの
パリっとした皮がgood〜。何気に端っこに垂らしてあるピスタチオのオイルが美味しい〜。


プティフール:チョコ、マスカットチョコ?、クリームソーダ
実物のマスカットをマスカット風味のチョコ?でコーティングしてあり美味しい〜。クリームソーダも良かった〜。

シェフは北海道にある「ミシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン(←本店はフランスにある「ブラス」で、どっちも行ったことない)」で修行されただけあり、料理は洗練されたレベルの高いもので美味しかった〜。食材の状態も良いし、凝っただけでなく、計算されたような味の付け方も良かった〜。大阪にしては、スタート金額は高目だけど、この内容だと納得〜。コース自体も高いコースにしといて良かったと思わせるのは さすがだった〜。(2008年5月)

大阪府大阪市西区江戸堀1−9−11 アイプラス江戸堀1階
電話:06−6447−6688

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

リンク

リンクご希望の方は「アート/デザイン」「総合」をクリックして、MenuBar1を選択し、編集を押してください。
この注意書きが一番下に来るようにお願いいたします。
公序良俗に反するサイトの場合削除する場合がございます。

編集にはIDが必要です