このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
カテゴリー
タグ
最近更新したページ
最新コメント
メニューバーA
フリーエリア
Wiki内検索

ソフトウェアRAID構築@Ubuntu9.04

これは何?

RAIDをソフトウェアで構築します。

インストール

mdadmを利用するので
sudo apt-get install mdadm
途中障害時の通知先メールアドレスを聞いてくるので適宜設定

RAID用パーティーションの用意

  • fdiskで作る
sudo fdisk /dev/sda
    • 作成するドライブを選択して実行
  • fdiskのコマンド参照
    • 問題はそのパーティーションIDをRAIDにすること。
  • この時点ではファイルシステムによるフォーマットを行わない。

RAIDアレイの構築

  • 以下のコマンドを流す
sudo mdadm --create /dev/md1 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sda5 /dev/sdb5
sudo mdadm --create /dev/md0 --level=0 --raid-devices=2 /dev/sda6 /dev/sdb6
sudo mdadm --create /dev/md2 --level=5 --raid-devices=3 /dev/sda7 /dev/sdb7 /dev/sdc7
  • RAID10の場合
mknod /dev/md3 b 9 3 #まずデバイスを作成、9はマジックナンバー、3はmd3の3
sudo mdadm --create /dev/md3 -v --raid-devices=4 --level=raid10 /dev/sda8 /dev/sdb8 /dev/sdc8 /dev/sdd8
    • ここでは
      • /dev/sda5 /dev/sdb5 をRAID1
      • /dev/sda6 /dev/sdb6 をRAID0
      • /dev/sda7 /dev/sdb7 /dev/sdc7 をRAID5
      • /dev/sda8 /dev/sdb8 /dev/sdc8 /dev/sdd8 をRAID10

出来たRAIDにファイルシステムを構築

ext3の場合

  • フォーマット
mkfs.ext3 /dev/md0
mkfs.ext4 /dev/md0

xfsの場合

  • まず使うパッケージの導入
sudo apt-get install xfsprogs
  • フォーマット
mkfs.xfs /dev/md0
  • マウント
sudo mount -t xfs /dev/md0 /mnt/hoge

RAIDの確認

  • 一番簡単なの
cat /proc/mdstat

設定の保管

  • RAIDの情報自体は各RAIDパーティーションのスーパーブロックにあるので
Ubuntuのアップグレード時になどにシステムから失われる危険がある。
    • まずはバックアップ
sudo cp -p /etc/mdadm/mdadm.conf /etc/mdadm/mdadm.conf.bk
    • RAID情報の取得
sudo mdadm -E --scan
    • これを/etc/mdadm/mdadm.confのDEVICE partitions下にコピーする。
sudo nano /etc/mdadm/mdadm.conf

RAIDの削除

  • mdadmのサービスの停止
sudo /etc/init.d/mdadm stop
  • RAIDのデバイスを止める
sudo mdadm --misc --stop /dev/md0
  • 各RAIDパーティーションのスーパーブロックを消す
mdadm --misc --zero-superblock /dev/sdb5
mdadm --misc --zero-superblock /dev/sda5
  • 以上

参考サイト


2009年10月06日(火) 01:10:17 Modified by ryunosinfx




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。