ウブメ

【うぶめ】

鎌西湖のウブメ(幼体)(埼玉県入間群毛呂山町毛呂山の麓にある湖)
「十三之巻 乱れる運命」に登場。これまでにも何度も確認、撃退されているらしく猛士のデータベースにも幾つも写真が載っていた。イブキさん達はとりあえずターゲットが、これかオオクビとあたりをつけて出発した。
キャンプをしている人たちのすぐ隣を飛んでも、全く気付かれなかった。
武者童子乱れ童子となってしまい、妖姫の白い血液を吸い尽くすと、幼体をも食い尽くしてしまう。乱れ童子響鬼音撃打・爆裂強打の型
身の丈3尺3寸(約1m)(尻尾を含む)
目方16貫(約60圈
能力・特徴毛呂山地方の沼で育てられていた魔化魍。成長すると飛行能力を持ち、人間の子供を餌にするが、成長前の幼体時に乱れ童子に食べられてしまった。

■浅間山のウブメ(群馬県嬬恋→浅間山)
「二十一之巻 引き合う魔物」「二十二之巻 化ける繭」に登場。驚異的な早さで成長。謎の男の指図で浅間山を目指す。
威吹鬼魔化魍“浅間山のヤマアラシ”と戦い絶命。
身の丈(尾尻,おじりを含む)75尺9寸(約23m)
目方2133貫(約8トン)
生育環境群馬県浅間山、平均気温15℃前後、平均湿度65%ほどの環境にて成長。
群馬県浅間山、人間の子供だけを餌とし、上空からよだれのような光る体液を垂らし、それに触れた子供を餌にする。
能力・特徴群馬県浅間山の沼で育てられた魔化魍。飛行能力を持ち、翼を用いてマッハ3のスピードで空を飛ぶ。その移動距離は半径100舛魃曚┐訃豺腓發△蝓∩磴箸覆訃造覆匹鮹羶瓦箸靴胴い範囲を狩場とする。獲物を捕らえる長い尻尾と、鋭い牙が主な武器。このウブメの体色は青と銀色。
 
 “浅間山のウブメ”→,“浅間山のウブメ”の童子

TV朝日公式サイトでは、浅間山に出現した個体の紹介に鎌西湖に出現した幼体の画像が使われているらしい。

■東秩父のウブメ(?)
「四十二之巻 猛る妖魔」に登場。
身の丈尻尾を含み、75尺9寸(約23m)
目方2133貫(約8トン)
能力・特徴飛行能力を持ち、翼を用いてマッハ3のスピードで空を飛ぶ魔化魍。獲物を捕らえる長い尻尾と、鋭い牙が主な武器。『オロチ』の現象により多数の固体が出現した。
(TV朝日公式サイトより)

■日高のウブメ(?)
「四十七之巻 語る背中」に登場。
身の丈75尺9寸(約23m)尻尾を含む
目方2133貫(約8トン)
能力・特徴飛行能力を持ち、翼を用いてマッハ3のスピードで空を飛ぶ魔化魍。獲物を捕らえる長い尻尾と、鋭い牙が主な武器。『オロチ』の現象により多数の固体が出現した。
(TV朝日公式サイトより)
2006年01月15日(日) 09:49:19 Modified by sakisms




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。