ウワン

【うわん】

港区のウワン(東京都港区)
「三十四之巻 恋する鰹(カツオ)」「三十五之巻 惑わす天使」に登場。
蝉がモチーフ。カシャの梵字のように、胸にの文様がある。都市に現れ、土中を自在に移動し、獲物を穴の中に引きずり込んで捕食する。カシャと同じ様に既存の個体に改良が加えられており、明らかに自然物以外の要素が入っている。幼虫時は素早い動きで動き回り、両手の爪で敵を叩きのめす。接近戦では伸縮自在の嘴と口から放つ毒液も併用する様である。
アームド響鬼音撃刃・鬼神覚声で撃破されたかに見えたが、元から二匹いたのかそれとも変態する際の抜け殻のようなものを囮にしたのか、いきなり成体となって出現した(分裂能力は成体にならないと使えないはずなので)。
一体から一度に三体に分裂する。出てきたのは三体だったが、時間が経っていればさらに分裂し、ドロタボウのようになってしまったかもしれない。それぞれ、アームド響鬼威吹鬼轟鬼らに倒された。
成長してからは飛行能力や以前と同じ毒液、嘴を使って街中で大暴れするも結局一番の武器であり、特徴であるはずの超音波は使わなかった。
夏の魔化魍のはずなのに音撃管、音撃弦でも倒せる。この時期にもなって「夏」の魔化魍…?
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方42貫(約157.5kg)
生育環境東京都港区付近、平均気温19℃前後、平均湿度86%ほどの環境にて成長。
人間。
能力・特徴洋館の男女が実験の末に生み出した魔化魍で、身に文様を持つ新しいタイプの一体。胸の共鳴器を振動させて放つ超音波による攻撃や、鋭いくちばしを武器とする。幼虫から成虫に変態、さらに複数に分裂して猛威を奮う。
故事その名のごとく『うわん』という鳴き声をあげると伝承される魔化魍。古来から姿が謎とされていたが、幼虫時には地下を移動するため、なかなか目撃されなかったためと考えられる。
(TV朝日公式サイトより)

■三浦のウワン(?)
「四十三之巻 変われぬ身」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方42貫(約157.5kg)
能力・特徴胸の共鳴器を振動させて放つ超音波による攻撃や、鋭いくちばしを武器とする魔化魍。『オロチ』の現象によって複数出現した。
(TV朝日公式サイトより)

■館林のウワン(?)
「四十四之巻 秘める禁断」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方42貫(約157.5kg)
能力・特徴胸の共鳴器を振動させて放つ超音波による攻撃や、鋭いくちばしを武器とする魔化魍。『オロチ』の現象によって複数出現した。
(TV朝日公式サイトより)

■さいたまのウワン(?)
「四十五之巻 散華する斬鬼」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方42貫(約157.5kg)
能力・特徴胸の共鳴器を振動させて放つ超音波による攻撃や、鋭いくちばしを武器とする魔化魍。『オロチ』の現象によって出現した。
(TV朝日公式サイトより)
2005年12月26日(月) 15:08:22 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全2件)
c4b6fdf596ad3d96.jpg (99.43KB)
Uploaded by sakisms 2005年11月20日(日) 14:56:18
9f3027c0.gif (1.26KB)
Uploaded by sakisms 2005年10月04日(火) 10:13:25



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。