カシャ

【かしゃ】

四谷のカシャ(東京都新宿区四谷)
「三十之巻 鍛える予感」「三十一之巻 超える父」に登場。童子がいないところを響鬼らに不思議がられた。最期は響鬼紅音撃打・灼熱真紅の型」を受け倒された。
首周りから強力な火炎弾を連発して辺り一面を火の海にしてしまう。また火を纏い、身体を輪のようにして人間に体当たりをして燃やし尽くす。問答無用で通りすがりの通行人を殺害したが、どうやら燃やし尽くして灰にした人間を食糧としている様である。まるで狐の様に「ケーン」と吼えながら移動してゆき、そのスピードはかなりのものであった。これまでの魔化魍達が巨大な、もしくは等身大の怪生物的なフォルムを持っていたのに対し、このカシャはいわゆる怪人の様な容姿であり、腰に注連縄、首周りに火の輪と明らかに生物以外の要素が入っている。その能力も溶解液などどこか生物の延長線上のものであった既存の魔化魍と違い、超常的な発火能力を有している。これまでものより古来から伝わる妖力を持った妖怪・魔物に近い存在らしい。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方42貫(約157.5kg)
生育環境東京都四谷付近、平均気温24℃、平均湿度65%ほどの環境にて成長。
人間。
能力・特徴夏にしか現れないタイプの魔化魍で、身の丈は人間とほぼ同じ。全身に描かれた梵字の霊的な力を利用して姿を消すことが可能で、人魂のような怪火を伴って姿を現しては、次々と人間を襲う。火炎を使った攻撃を得意とし、その炎はDAを焼き尽くすほど強力だ。今回出現した個体は、白のクグツではなく、洋館の男女が生み出したもので、幼少期から自ら餌をとる能力を持ち、童子の力を借りない自力での成長を可能としている。その能力から魔化魍ワニュウドウの特性をあわせ持った新しいタイプとも考えられる。
(TV朝日公式サイトより)

■さいたまのカシャ(?)
「四十五之巻 散華する斬鬼」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方42貫(約157.5kg)
能力・特徴人魂のような怪火を伴って姿を現しては、次々と人間を襲う魔化魍で、火炎を使った攻撃が得意。『オロチ』現象によって出現した。
(TV朝日公式サイトより)
2005年12月26日(月) 15:15:39 Modified by sakisms




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。