カッパ

【かっぱ】

秩父のカッパ(埼玉県秩父市大字浦山、秩父さくら湖の大久保橋)
「二十五之巻 走る紺碧」に登場。増殖スピードの初速はやや遅いものの、個体数が増えれば増えるほど増殖スピードは増していくという性質の悪さを持つ。そのため一匹でも逃してしまったらまた大量に相手をすることになってしまうと思われる。今回秩父に出現したものを育てたカッパの童子は、裁鬼に倒されてしまったようで、わずか三体だけであった。爆死寸前のどちらかが一瞬映ったが、人間体も含め劇中には現れなかった(ちなみにその時の決め技は鬼ヅメ)。
口から吐く粘液が凝固すると、地上ではそうでもなさそうだが、水中に入ると途端に重くなるようで、裁鬼は完全に身動きが取れなくなり、響鬼紅も苦戦した。凝固したものを剥がす際にヘリウムガスのような気体を発生させる為、一発でも喰らうと後で剥がした後しばらくの間変な声になってしまうので、達の間では別の意味で嫌がられている。ヒビキさんは、これで声が変わってしまった状態で「たちばな」に電話をしたため、香須実さんに自分がヒビキさんであるとわかってもらえず、イタズラ電話扱いされていた。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方40貫(約150kg)
生育環境秩父地方、平均気温26℃前後、平均湿度55%ほどの環境にて成長。池や沼で生まれ育つ魔化魍
人間などの動物の内臓。人間を溺れさせ、肛門から内臓を吸い取ってしまう。
能力・特徴夏にしか現れないタイプの魔化魍で、身の丈は人間とほぼ同じ、口から空気と反応すると凝固する液体を吐き(液体は凝固反応の際にヘリウムガスに似た成分のガスを発生させる)、相手の自由を奪った後に、川や沼などに突き落として溺れ死にさせるのが得意技。また、水中を約32ノットの超スピードで泳ぐほか、ジャンプ力にも優れ、素早い動きで敵を翻弄する。ある程度成長すると頭部周辺に体毛を蓄えた容姿となり、首の部分を分離して分裂を行う。これは全ての個体に共通した特徴で、これによりネズミ算的に個体数を爆発的に増殖するのが特徴。夏の魔化魍では尤も出現率が高く、目撃例も多い。また、生育環境によって体色のみならず、頭に皿のような器官が発生するものや、植物を主食にするものなど、様々なバリエーションを持つ。
故事日本全国で出現が記録されている最も有名な魔化魍の一体。自然が豊かだった頃は、謎の男が人為的に作り出すものの他に、自然発生した天然のカッパも多数存在し、大小の群れを作っていたこともあったようだ。
(TV朝日公式サイトより)

■東秩父のカッパ(?)
「四十二之巻 猛る妖魔」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方40貫(約150kg)
能力・特徴素早い動きと口から吐く粘着液を武器とする魔化魍夏にしかあらわれないタイプだが、『オロチ』現象により出現した。
(TV朝日公式サイトより)

■館林のカッパ(?)
「四十四之巻 秘める禁断」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方40貫(約150kg)
能力・特徴素早い動きと口から吐く粘着液を武器とする魔化魍夏にしかあらわれないタイプだが、『オロチ』現象により出現した。
(TV朝日公式サイトより)

■さいたまのカッパ(?)
「四十五之巻 散華する斬鬼」に登場。
身の丈7尺3寸(約2.2m)
目方40貫(約150kg)
能力・特徴素早い動きと口から吐く粘着液を武器とする魔化魍夏にしかあらわれないタイプだが、『オロチ』現象により出現した。
(TV朝日公式サイトより)
2005年12月26日(月) 15:05:09 Modified by sakisms




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。