カマイタチ

【かまいたち】

奥多摩のカマイタチ(東京都奥多摩地方)
「三十二之巻 弾ける歌」「三十三之巻 装甲(まと)う刃」に登場。三つ首に両側の頭部は半分骸骨、その口には巨大な草刈り鎌を銜え、鬼火の灯った尾を持つなどこれまでの巨大魔化魍とは一線を画す容姿を持っている。突風と共に動き回り、銜えた巨大鎌を投擲して獲物に襲い掛かる。獲物には巨大鎌を投擲して斬殺した後に喰らう手法を取っていた様である。
との戦闘後、旋(つむじ)風となって各地に出現、人間を襲い喰らっていたが、川辺で親子連れを襲った際にイブキさんに邪魔をされ交戦状態になる。元々圧倒していたのに加え、スーパー童子スーパー姫達も参戦。大苦戦させるが、トドロキくんと共に駆けつけたヒビキさんがアームドセイバーによりアームド響鬼に変身。アームドセイバーによって真っ二つにされてしまった。
身の丈23尺1寸(約7m)
目方1600貫(約6t)
生育環境東京都奥多摩地方、平均気温18℃前後、平均湿度87%ほどの環境にて成長。
人間。
能力・特徴洋館の男女が新たに生み出した巨大魔化魍。圧倒的なパワーとスピードで威吹鬼をピンチに追い込む。
故事高速で移動し、人を切り裂く魔化魍。伝承では一匹目が人を転ばし、二匹目が鎌で切り裂き、三匹目が薬を塗るといった風に、三匹で活動するタイプとも言われている。今回のような三首のタイプも存在することから、三体が合体分離する能力を持つとも考えられる。
(TV朝日公式サイトより)
2005年10月17日(月) 11:30:46 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全1件)
ade24e33.jpg (77.10KB)
Uploaded by sakisms 2005年10月05日(水) 09:55:22



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。