ヌリカベ

【ぬりかべ】

下野のヌリカベ(栃木県下野市)
「十一之巻 呑み込む壁」「十二之巻 開く秘密」に登場。外見はカタツムリの頭、ミノムシのような体に加えて背中にハマグリのような二枚貝の貝殻がついている。それに木の根のような脚を持っており、かなり不気味。移動するスピードはかなりのもので、その突進で進路にあった家を粉々にしてしまった。あと一歩で村に攻め入る所までいったが、響鬼に捕まる。根で応戦するも下腹部に音撃鼓を貼り付けられ、猛火怒涛の型で一気に清めの音を叩き込まれて爆砕した。
身の丈29尺(約8.78m)
目方1600貫(約6トン)
生育環境栃木地方、平均気温9.8℃前後、平均湿度約67%ほどの環境にて成長。
人間などの動物。開いた身体に餌をとりこみ、体内をまるでローラーのように使って餌をこなごなにして吸収する。
能力・特徴巨大な全身ローラーのような全身が武器。獲物を消化する際や、防御の際には身体を閉じて殻で身を守る。その容姿を擬態させ、保護色のように周囲の木に同化し、さらには催眠製の花粉をバラまいて、獲物を自らに誘導する。巨木を思わせる姿から一見移動しないかのように見えるが、木の根っこのような足を貝のベロのように使って移動。但し幼体時はこの足の部分が弱く、突かれると貝がベロを引っ込めるようにすぐ足を引っ込め、逃げてしまう。
特徴音クワチョクワチョという軟体生物のような音を発しながら移動する。
故事夜道に迷った人間の前に壁のように立ちふさがると言われている魔化魍。かつて筑前(現在の福島県北西部)での出現例が記録されている。姿が見えない存在だが、下方をはらうと、逃げ出すと言い伝えられている。
(TV朝日公式サイトより)

■洋館のヌリカベ(?)
「四十三之巻 変われぬ身」に登場。
身の丈29尺(約8.78m)
目方1600貫(約6トン)
能力・特徴巨木と貝をあわせたような身体に獲物を取り込み、粉砕してしまう魔化魍。『オロチ』の現象によって出現した。
(TV朝日公式サイトより)
2005年12月14日(水) 09:11:48 Modified by sakisms




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。