ヨブコ

【よぶこ】

東筑波のヨブコ(茨城県)
「三十八之巻 敗れる音撃」に登場。外見は爬虫類、ニシキヘビを巻いたような人型の魔化魍。妨害音波を発し音撃を相殺する。ナナシを葬った共鳴音撃も無力。両手の爪を使った斬撃と、強力な瞬発力で獲物に襲い掛かる(その衝撃は地面も砕いてしまう)。また口から放つ伸縮自在の舌は、獲物に絡め付いて絞め殺すというより、凄まじい圧力で圧殺してしまうほどの威力を持つ。戦闘力だけでも等身大魔化魍最強クラスである。口から嫌な唾液を垂れ流している。

洋館の男女が、装甲声刃を解析して改造しただけあって、強敵どころか現段階最強の魔化魍である。

「三十八之巻 敗れる音撃」アームド響鬼轟鬼威吹鬼音撃を無力化。強靭な戦闘能力で圧倒し、撤退せざるを得ない状況に追い詰め、夜の学校に再び出現し立ち向かった響鬼に、大ダメージを与え戦闘不能にまで追い詰めた。

「三十九之巻 始まる君」バリアの効果は絶大で、音撃はおろか、音撃管の射撃や、鬼闘術さえも無力化する。しかし、最後は明日夢に水面に共鳴したバリアの周期を見破られ、発生装置を壊され、ただの魔化魍以下になってしまったところを音撃刃・鬼神覚声で倒された。

身の丈7尺5寸(約2.27m)
目方42貫(約157.5)
生育環境茨城県、平均気温13℃前後、平均湿度80%ほどの環境にて成長。
人間の体液。
能力・特徴従来の魔化魍ヨブコを、洋館の男女が強化した魔化魍で、アームドセイバーのデータを元にした隔壁音波を体から放つ。この隔壁音波は、バリアのように音撃を防いだり、アームドセイバー響鬼の同調を阻み、響鬼アームド響鬼変身させない威力がある。また、獲物を洞窟に吊るし、その体液を吸う習性がある。
故事呼子、呼子鳥、山小僧などといった呼称で伝承されてきた魔化魍魔化魍ヤマビコに近い存在と考えられていた。
(TV朝日公式サイトより)

■さいたまのヨブコ(?)
「四十五之巻 散華する斬鬼」に登場。
身の丈7尺5寸(約2.27m)
目方42貫(約157.5)
能力・特徴かつて洋館の男女アームドセイバーのデータを元に、隔壁音波を身体から放つ能力を付加していた魔化魍。『オロチ』現象によって出現した。
(TV朝日公式サイトより)

■佐野のヨブコ(?)
「四十六之巻 極める鬼道」に登場。
身の丈7尺5寸(約2.27m)
目方42貫(約157.5)
能力・特徴かつて洋館の男女アームドセイバーのデータを元に、隔壁音波を身体から放つ能力を付加していた魔化魍。『オロチ』現象によって出現した。
(TV朝日公式サイトより)
2006年01月15日(日) 09:36:59 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全1件)
c69cb88f5eb1d74a.jpg (98.87KB)
Uploaded by sakisms 2005年11月20日(日) 14:58:04



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。