安達明日夢

【あだち あすむ】

14歳。
ヒビキに魅せられる少年。
高校進学を前に大好きなブラスバンドをやめるのか、獏とした不安を抱いていたが、悩みは表に出さず明るく振舞うタイプ。が、偶然出会ったヒビキから、心の悩みを見透かされ、なおかつ自分の価値を見出してくれる言葉をかけてもらったことで、ヒビキを慕うようになる。根は素直な少年。挫折してもいじけたり、グレたりすることなく、努力を続けるタイプ。

(TV朝日公式サイトより)

オープニングで頬に書かれている文字は「夢」。ひとみとは小学校からの幼馴染。東柴又中学校ひとみ紀子克典はクラスメイト。ブラスバンド部。担当楽器はスネアドラム(snare drum:響線付き小太鼓)らしい。

郁子さんの実家、屋久島の安達千寿は従姉のお姉さんで、仲良し。

使用している携帯はvodafone V602T セラミック。


「一之巻 響く鬼」〜「九之巻 蠢く邪心」

「一之巻 響く鬼」朝。目覚ましの音とともに飛び起き、自転車で学校へ。ペダルを踏み、軽快にコンビニへと立ち寄ると、いつものようにおにぎりをゲット。クラスメイトのひとみちゃんと合流。冒頭は、いきなりコメディタッチの無言劇→ミュージカル風味。

放課後、ブラスバンド部の練習を見つめる明日夢くんに、ブラスバンドで有名な城北高校ではなく、偏差値のいい城南高校を選んだことを気にしている担任の綾先生に「“城南”でいいんだよね?」と聞かれる。


と法事のため、屋久島へ。フェリーで郁子さんも高校進学のことを気にかけてくるが、迷いを振り払うように「いいって言ったじゃん」。そんな中、海に落ちそうになった子供を助けるヒビキさんに出会う。偶然海へ落ちそうになった子供を助け上げ、呆然としているする明日夢くんの脇を通り過ぎ「結構、鍛えてます」。

従姉妹の千寿さんの車で島めぐり、巨大な屋久杉などに目を奪われていると、ヒビキさんと再会。木を抱え「なんて言うのかな…あのとはね、古いつきあいでさ。ちょっと、力を借りに来たって感じかな」「力を?」。木から力を借りるために森を歩いていたという。

魔化魍の餌にされそうになった千寿を助け、戦う響鬼を目撃してしまう。

「二之巻 咆える蜘蛛」OP「僕、安達明日夢は、屋久島に向かうフェリーで、不思議な男の人に出会った。その人の名は、ヒビキ。そのヒビキさんと森の中で偶然再会した僕は、そこで大変なものを見てしまう。今、僕の目の前には、がいる」。

倒れている千寿さんを助け起こそうとするとしていると、いつのまにかヒビキさんが。「とにかく山を下りよう」。会話の中でヒビキさんが、意外とご近所さんという事が分かります。千寿さんが運転してきた車をヒビキさんが運転、MT車だったため、ペーパードライバーのヒビキさんはエンストの連続。思わず「がタクシーの運転手してるんで」。祖父の家の前で、ヒビキさんに相談を持ちかけます。「ヒビキさん! ちょっと、話があるんですけど…」。

驚く郁子さんや祖父、とりあえず千寿さんをベッドに寝かせ、明日夢くんらはヒビキさんと夕食。そこでヒビキさんが柴又に住んでいることを知り、有頂天に。響鬼の活躍をホロ酔い加減の郁子さんに報告しますが、まったく信じようとせず、思わず口をつぐんでしまいます。

眠れずトイレに立ったついでヒビキさんの部屋へ。が、すでに家を出た後。あわてて後を追うと海岸で新たな音撃棒を作るヒビキさんを見つけます。「ヒビキさん…て、普段何やってるんですか?」「あぁ、人助け、ってとこかな。いやね、初めからそういうことを考えてた訳じゃないんだけど、ま、だんだん板についてきた、って感じかな」。明日夢くん相談した高校進学についての悩みの答えを求めますが、ヒビキさんは「なかなか答えづらいんだけどな」というだけ。「自分を信じること、それが自分が自分らしくあるための第一歩なんじゃないかな」。そう言われ、迷いから解放されていく喜びを感じますが、ヒビキさんは、コンパスを手渡すと、急ぐようにさっさと山の中へ。


郁子さんと島巡りに出かけることになり、ヒビキさんが向かった島の南側へ。森の中へ入ろうとすると、偶然出会った郁子さんの知り合いがヒビキさんらしい男性を見かけたとか。郁子さんを残し一人森の中へと入っていきます。
ヒビキさんを探しながら森の奥深くへと入くと、古びた山小屋の前でと遭遇。襲われそうになったところをヒビキさんに助けら、ヒビキさんが響鬼に変身、巨大な魔化魍ツチグモを木っ端みじんに破壊する全てを見てしまいます。

「三之巻 落ちる声」屋久島でヒビキさんから元気をもらい、ペダルをこぐ足も軽やかに学校へと飛び込む。「ま、色々あったけどね」。が、同級生のひとみちゃんらは入試のことで頭がいっぱい。最初は「自分を信じることが基本」とヒビキさんに言われた言葉を繰り返し、余裕をかましていたが、ひとみちゃんらが予想以上に勉強に打ち込んでいることを知らされ、不安に。しかし、どうしても勉強に打ち込めなず、図書館へ行ってもつい屋久島の写真集などを広げてしまい、ひとみちゃんらのヒンシュクをかってしまう。

昼間はで友人が高校に合格したことを知らされ、さらに落ち込む明日夢くん。部屋で勉強もせずゴロゴロしていると、郁子さんが帰ってきて、ヒビキさんと偶然出会ったという話を聞き、思わず大声を。だが、どこかよそよそしかった、という話に、自分のことは忘れてしまったのか、と肩を落とす。


「四之巻 駆ける勢地郎」ツチグモツチグモの一件から回復した千寿さんから、明日夢くんとヒビキさんのツーショットの写メールが。『From:千寿姉ちゃん [件名]ちずですぅ〜☆』

学校の帰り道、ひとみちゃんから、悩んでいるのを打ち明けられる。「安達君は、さ。城南入れたら、やっぱブラバン入るの?」。ひとみちゃんは、今は演劇部だけど、でも城南にはチアリーディング部があって密かに迷い中、と。

ひとみちゃんと本屋へ立ち寄ると、店先で自転車とぶつかりそうになった子供を救う初老の男を目撃。眼前の子供の危機に動けなかった明日夢くん。鮮やかな動きは、あのときのヒビキさんとよく似ていて…「大丈夫。言われなくても買っていきますよ、ヒジキは」〜「ほんじゃあヒビキさんたちに、よろしくね」。「ヒジキ」「ヒビキ」。その一言に色めき立つ明日夢くん。何かを察知、ひとみちゃんも合流して、そのあとをつけることに。


みごとな走りにあっという間に置き去りにされ、見失った、と思ったとき、目の前に勢地郎が。

たちばなの店内、ひとみちゃんと座っている。と、ヒビキさんと香須実さんが戻ってきて「どうも」。照れながらもうれしそうな笑みを浮かべて挨拶。

「五之巻 熔ける海」ひょんなことから念願かなってヒビキさんと再会。「大変な時期にとんでもないもん見せちゃって…」と頭を下げられるが「またヒビキさんに会えて良かったです」。「でも、また会えたから、僕も頑張れる気がしてきました」(中略)「はい。鍛えていきます」。喜ぶヒビキさんから受験に成功するよう励まされ、元気に帰路に。


試験に受かるまでヒビキさんとは会わない、と心に誓います。「うん…でも高校受かるまでは、行くの止めようかと思ってさ」「だってさ、やっぱ受かりましたって感じで行きたいじゃん」

担任の綾先生と個人面談。「安達は…うん、頑張ってきてるよね」「はい」「ただ…ん〜、もう少し、数学とか、理科とかで、点、取っとこうか。本番は何がどうなるか、判んないんだからね。ほら、特に一発勝負でしょう? それを外しちゃうと、マズいんだからね。ちょっと気を抜いたら、落ちちゃうかもしれないからさ。ほら、特に、安達の場合は、城南一本だけなんだから、このへんで確実にしとかないと。持田とか、克典とか、他の城南組も凄く頑張ってる訳よ。ここで安達が負ける訳にはいかないでしょ」褒められる期待から一転して、もっと頑張らないと危ないと言われて、再び不安に苛まれる明日夢くん。他の友達と同じように励ましてくれるかと思いきや「もっと頑張らないと」と苦言。思わぬ厳しい言葉を重く受け止め、せっかくヒビキさんと会って手に入れた自信をまたも喪失。ひとみちゃんらと席を並べて勉強することにさえ気後れを感じ、孤独感を募らせていく。

不安に苛まれる明日夢くんは甘味処「たちばな」の前に立ち。部屋のカレンダーには、バレンタインデー目標3つの絵が。

「六之巻 叩く魂」高校に合格するまでヒビキさんとは会わない、と心に誓ったが、不安が募ると自然と足は甘味処「たちばな」の前に。店の前をウロウロしていたが、「入るんなら早く入れば?」。おやっさんに見付かり店の中へ。「私の大学の同期が、あそこで教員やっててね。カザミって言うんだけど」聞き手のおやっさんのペースにすっかり巻き込まれ、高校受験に関する悩みをペラペラ。日菜佳さんにお茶と「きびだんご」を振る舞われ、奢りと言われてから手を付ける明日夢くん。日菜佳さんによると“仕事”で外出しているらしい。仕事?…。そのとき店に「イブキ」という青年が。バケガニに不覚を取ったザンキさんの代打で、ヒビキさんと香須実さんは房総に…立花親子とイブキさんの会話に聞き耳を立てている明日夢くん。名前といい、おやっさん日菜佳さんとの会話の内容といい、どうもヒビキさんと同じ鬼のよう…そこへ香須実さんから電話。日菜佳さんからヒビキさんの帰りが遅くなるとだけ知らされ、一人店を出ると、コンパスを手に物思いにふけりながら帰路に。

と、後ろからバイクでやってきたイブキさんに「君、猛士なんだよね?」「いえ、明日夢ですけど」。

明日夢くんをすっかりヒビキさんの助手と勘違いしているイブキさん「もしかして、これからヒビキさんのところへ行くの? 僕もヒビキさんに太鼓届けることになったから、乗せてってあげるよ」。共に、ヒビキさんのもとに音撃鼓を届ける事に。

なんでこんなところに?と訝るヒビキさんと香須実さんに、イブキさんはしれっと、「いやぁ、ヒビキさんが怪我してる時に、弟子の彼が側にいないってのもマズいと思いまして」「弟子って?」「僕が?」「ヒビキさんの?」「じゃないんですか」「違うよ」「違うってば」「違います」。

新しい音撃鼓を渡したイブキさんは明日夢くんと帰ろうとするが、ヒビキさんが送っていくからと引き止めます。
「あぁ今度さ、ヒビキさんといっしょに、僕が魔化魍退治している現場、見においでよ」新しい音撃鼓を渡したイブキさんは明日夢くんと帰ろうとしますが、ヒビキさんが送っていくからと引き止めます。

「僕も鍛えようとしていたんですけど…」と心の迷いを改めて相談。「鍛え足りなきゃ、鍛えるだけだ。だいたいね、そう簡単に鍛えられちゃったら、俺の立場がないんじゃない。これ一筋で鍛えてきたんだから、そう簡単に、少年には抜かれないぞ」「はい。もっともっと鍛えます」(中略)「ヒビキさん。僕も頑張るから、頑張ってください」「頑張ります」。ヒビキさんに素っ気無い言葉でやさしく励まされ、再び迷いから解き放たれたような笑顔で、送っていくというヒビキさんを制し、一人で柴又へと帰っていきます。立ち直った明日夢くんは帰りの電車の中で参考書を開き、一心に勉強に励んでます。

「七之巻 息吹く鬼」OP「高校受験を前にして、つい不安になっていたんですが、ヒビキさんたちの頑張る姿を見て、僕も頑張ろうと思って…」。

城南高校入学試験合格発表。ひとみちゃんらが次々と喜びの声をあげる中、まだ真剣に数字を追い…あった、合格だ!と仲間たちと喜びを爆発。「あだち」なのに「もちだ」よりも受験番号が後?…受験番号の振り分けが受験申し込み書類の受け付け順で、明日夢くんは四人の中で最後だったとか?「お母さん、俺だけど城南受かったから。じゃあね!」すごく短いです。

さっそく、ヒビキさんに報告するために「甘味処「たちばな」」へ。そこで香須実さんからヒビキさんが留守であることを知らされる。さすがにちょっぴり肩を落とす明日夢くん。そんな明日夢くんに、日菜佳さんは、ヒビキさんは鬼になる力が衰えないようにトレーニングしていること、その山が柴又から意外に近いところにあること、などをこっそり教えてくれる。「今から言うことは、他言無用でお願いしますよ」(中略)「それって、鍛えてるってことなんですか? その、魔化魍と戦って、勝つために」「ん〜、て言うより、になる力が衰えないように、ってことかな」「はあ…え、でも、じゃ、それって、その、鍛えれば、誰でもになれるってことなんですか?」「うん、そうね…いやでもまあ、そう簡単にはなれないっつぅか、ね。だって明日夢くん、なろうと思う?に」「は、いや思わないですね」「でしょ。だから、やっぱそう簡単にはならないしなれないってワケ。人助けする人になるってことは、そんだけハードな生き方ってことなんスよね〜。鍛え抜かれた心と身体を、さらに鍛えて鍛えまくって、初めてになれるって言う、ね〜」。

家へ帰った明日夢くんはは着替えると柴又駅へ。「ヒビキさんがいるところまで行ってくるから」と、郁子さんの携帯に留守電を吹き込むと、時刻表を片手に電車に乗って出かけていく。


電車で旅行ガイドなどに目を落としていた明日夢くんの目の前に、妊娠しているらしいお腹の大きな女性が立つ。席を立って譲ろうか…。思い悩む明日夢くん。なかなか行動に移せないでいると、少し離れたところに座っていた少女が女性に席を譲り、その少女の行為がまぶしくて顔を上げられない…。いつのまにやら一両編成の郊外の電車に乗っている明日夢くん。さすがに疲れが出たのか車内で爆睡。降りるべき駅に着いてもまったく気づかず…次の駅で慌てて飛び降り、地元の人に聞くと一駅戻るにはあと2時間待たなければ電車は来ないという。呆然としていると、あのとき席を譲った少女がタクシーに乗り込む姿が目に入る。自分はどうしたらいいのか…一人駅に佇み、思いをめぐらす。ヒビキさんからもらったコンパスを手に立ち上がると、何かを振り切るように駅舎を出て、ヒビキさんがいる山を目指して歩き始める。


「八之巻 叫ぶ風」山ごもりをするヒビキさんを探して歩くが、なかなか目的地に到達できない。時間を確認しようと携帯を手にすると、ひとみちゃんから電話が…合格祝いをしようと明るく言ってくるが、返事をする間もなく携帯のバッテリーが切れてしまう。日が暮れて真っ暗になってもヒビキさんとは会えず、完全に道に迷ってしまう。途方に暮れながら山道を歩いていると、キャンプの炎。足元をふらつかせながらもテントに近づくと、電車の中で見かけた少女=天美あきらを見て目を丸くする。と、そこへイブキさんが現れ「イブキさん!」と同時に声を。保護してくれたイブキさんが、明日夢くんに「魔化魍も色々いるからね、戦い方も色々なんだ」と、少し戦い方を説明を。だが…疲れきっていて…


翌朝、テントから出て湖のほとりで伸びをすると蛇に襲われ大慌て。が、イブキさんかあきらちゃんが放っていたDA鈍色蛇が、何故か明日夢くんのズボンに入り込んだだけ。「助けて!これ何か入ってる」。腰を抜かす明日夢くんから、あきらちゃんが冷静に蛇を引き離す。どこかよそよそしい態度に気圧されながら、「あの……おはよう」「気になるんですが。そうやって側に立たれると」「あ、ごめん」。それでも自分と同い年であることを知り「あの、何か僕にできることっ…」と声をかけてくる明日夢くんに、ついに怒りが爆発。「ないと思います!言っておきますけど、あなたがここにいることって、今の私たちにとって、ちょっと迷惑なんです。私たちがしていることは、遊びじゃありませんから。鍛えていないあなたが、居ちゃいけない場所ってことです」と、怒りを爆発させたあきらちゃんからきつい言葉が。来たくておしかけたわけではなかったが、もっとも…自分の情けなさに声も出ない。と、そこへ陣中見舞いのキュウリを持ってヒビキさんが。明日夢くんを見たヒビキさんは派手に驚きの声を上げますが…。あきらちゃん「ヒビキさん!お友だち、監督不行き届きですよ!」「え〜〜〜〜〜!?」…明るく驚くヒビキさん。

イブキさんとあきらちゃんがイッタンモメンの退治に出かけると、ヒビキさんに「すみませんでした」と頭を下げる。一部始終を聞いたヒビキさんは、説明して励ましますが、あきらちゃんのたくましさに気圧されたままの明日夢くんは今ひとつ納得できない。一仕事終えて、ベースキャンプへ帰還したイブキさんとあきらちゃん。ヒビキさんはお茶をひとつ明日夢くんに渡し、あきらちゃんに持っていけ、と目で合図。すべてを察しおずおずとお茶を「お疲れ様」とあきらちゃんの前へ。「あの…お疲れさま」「ありがとう…さっきは言い過ぎました。ごめんなさい」あきらちゃんはお茶を受け取ると、見せたことがないような柔らかな表情で明日夢くんに詫び、明日夢くんの心はほどけていき…。


「九之巻 蠢く邪心」東柴又中学校の卒業式。

無事、高校に受かり春休みを満喫。ベッドでひたすら惰眠をむさぼり、ふと目覚めても羊の夢に再びまどろんで…。着メロを「メリーさんの羊」にしているから。仕事から帰宅した郁子に叩き起こされ、時間を知って大慌て。携帯で留守電、メールを確認。着替えて家を飛び出すが、ひとみちゃんの「3人だけで映画見ることにしたから」という声にバッタリ倒れ込む…。

あてもなく街をぶらついた後に入った書店で、少年少女がコミック本を万引きしている現場を目撃。その2人と目が合い、彼らの鋭い視線に動けなくなる。何も出来ず突っ立っていた明日夢は、店員に発見され慌てて逃げる万引きの少年万引きの少女に激突、その場に倒れてしまう。一緒に倒れた万引きの少女は、万引きの少年に置いていかれてしまう。それでも店員の手を振りほどこうと万引きの少女がバッグを振り回すと、そのバッグが明日夢の顔面を直撃。


顔にケガを負いながら書店を出た明日夢くん、晴れない気持ちを抱いたまま街をフラフラ。と、そのとき向こうから、「いいとこで会ったなあ」。怒りを露にした万引き少年が現れ、脅える明日夢くんへと向かってきて…。

「十之巻 並び立つ鬼」 」〜「十九之巻 かき鳴らす戦士」「二十之巻 清める音」〜「二十九之巻 輝く少年」,  「三十之巻 鍛える予感」〜「三十四之巻 恋する鰹」「三十五之巻 惑わす天使」〜「三十九之巻 始まる君」「四十之巻 迫るオロチ」〜

栩原楽人(とちはら らくと)
生年月日:1989.10.19
出身地:東京都
JVCエンタテインメント・ネットワークス(株)
2005年12月05日(月) 13:10:20 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全43件)
d33bc97470c4e962.jpg (24.39KB)
Uploaded by sakisms 2005年11月26日(土) 16:20:04
ba9c91be.jpg (12.75KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月12日(月) 08:11:09
430ee46f.jpg (11.11KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月10日(土) 08:56:09
8be685c3.jpg (10.90KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 09:08:28
e50c8de9.jpg (18.84KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 09:08:19
0c7fc58a.jpg (18.72KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 09:08:09
f874b93c.jpg (12.87KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 08:43:29
eb40b60f.jpg (9.27KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 08:40:11
35542e96.jpg (10.80KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 08:39:56
73f702c0.jpg (18.22KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 08:39:24
00bd4527.jpg (15.40KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 08:27:45
c266b662.jpg (14.53KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 08:27:26
bc6a7d39.jpg (14.57KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 09:55:11
cb853cf9.jpg (14.24KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 09:55:02
ae7227bd.jpg (8.87KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 09:54:53
9443d962.jpg (6.59KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 09:38:29
2c2fbd1d.jpg (10.76KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 09:22:42
255c6477.jpg (14.58KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 16:53:08
235b0f38.jpg (17.21KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 15:37:22
3faa26af.jpg (11.62KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 13:30:24
7f71fb80.jpg (13.22KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 13:06:14
35c5f5f5.jpg (18.41KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 10:43:06
0bdd2dd0.jpg (11.11KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 10:42:58
2ae07d1b.jpg (12.52KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 09:37:18
46506f34.jpg (15.71KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 11:17:24
6c42cb21.jpg (16.18KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 10:39:44
e5e152c7.jpg (7.95KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 10:31:42
ba70ce4c.jpg (11.15KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 10:31:32
d4140347.jpg (20.69KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 08:21:21
d78d09cc.jpg (19.77KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月02日(金) 14:51:48
89415786.jpg (13.62KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月01日(木) 10:20:41
6decab54.jpg (116.72KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月30日(火) 14:37:40
fa7249c9.jpg (10.37KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月28日(日) 11:22:12
d876b6a3.jpg (14.55KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月28日(日) 10:20:41
9d33d46c.jpg (16.63KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月27日(土) 12:04:04
6a2c2832.jpg (9.64KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月26日(金) 11:35:04
4996ed1b.jpg (11.55KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月22日(月) 10:52:55
f00ec66b.jpg (8.83KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月18日(木) 09:02:44
846809e0.jpg (20.51KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月15日(月) 16:15:14
27c8cd99.jpg (11.69KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月10日(水) 10:26:59
159fc73b.jpg (15.58KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月09日(火) 11:17:05
bdf7f6e2.jpg (9.59KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月08日(月) 16:10:30
84adbe21.jpg (16.30KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月06日(土) 10:13:44



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。