音撃管・烈風

【おんげきかん・れっぷう】



威吹鬼が主に使用するトランペット型の音撃武器。普段は銃型(武器モード)として機関銃のように鬼石を発射。相手にダメージを与える。マウスピースとバックルパーツの鳴風を装着することで烈風が完成。トランペットを吹くかのように息を吹き込み、清めの音を響かせる。その音を体内に打ち込まれた鬼石が増幅、魔化魍を撃破する。
(TV朝日公式サイトより)

竜巻の後ろから向かって左側に収納されている。またサイズ的にいけそうだと思うのに、響鬼の様に腰の後ろへつけることができないようだ。

空を飛ぶ魔化魍を攻撃する空中用の武器であるが、地上戦でも効果を発揮する。

自動で装弾する事を「オートマチック」式と言い、銃器として見た烈風は「オートマチック」銃となります。

音撃武器としての証を示す赤い鬼面装飾は銃身中央部にある三本のピストンに施されている(銃口側から三本角、二本角、一本角になっている)。

三本のピストンにより、「セミ(単発)」「バースト(2連射?)」「フル(連射)」が出来るのではないかと思われる。 ただ、バースト・フルの機能の違いが殆ど無い為に別のモードなのかもしれない。連射時は連続射撃出来るが威力が低く、単発時は威力で連射時を上回るが、連続射撃で劣る。

童子を相手に戦う時は「ダダダン!」と空気の弾の三連射で攻撃。魔化魍相手に音撃技を使う時は、銃口側から数えて三番目のピストンを押し鬼石発射モードに切り替え、「ガィン!」「ガィン!」と一発づつ赤い鬼石を撃ち込む。吹き鳴らすことで魔化魍に打ち込んだ鬼石が反応し、爆発を引き起こす。

響鬼たちの使う音撃鼓より比べてわりと軽量らしく、あきらちゃんでも持てる。

夏の魔化魍が出現するため使うことが少ない。また乱れ童子ナナシ相手の時のように、よく鬼石をはね返されたりするため、最近は威力があまりないように見える。

「十八之巻 挫けぬ疾風」水中でも演奏可能らしい。

「四十六之巻 極める鬼道」では、響鬼が使用、音撃アミキリを倒した。
2006年01月26日(木) 14:35:42 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全1件)
8e1b8d3c8feb9940.jpg (50.76KB)
Uploaded by sakisms 2005年12月18日(日) 11:23:54



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。