甘味処「たちばな」

【かんみどころたちばな】

勢地郎が経営している店。名物はきびだんご
香須実日菜佳姉妹が働いている。

住所は、東京都葛飾区柴又6-39-8らしいが、実際には存在しない住所。

ロケで使用されているお店は東京の神田にある甘味処の老舗「竹むら」らしい。作家・故池波正太郎氏も通った名店。


「十一之巻 呑み込む壁」最近のデータだけでは敵の行動が読みきれなくなってきたため、おやっさんを先頭に古い資料を引っ張り出すと、改めて魔化魍の対策を立てることに。そんな古い資料は「たちばな」の秘密の部屋に眠っていたもの。
 
「たちばな」の建物は忍者屋敷のように壁が動き、猛士以外は存在すら知らないさまざまな部屋へとつながっていた。
明日夢の目の前で壁が動き、何かあるのか、ともたれかかるように壁に耳を当てると、突然壁が向こう側へと倒れ、壁が倒れた穴へと落ちてしまう。

「十二之巻 開く秘密」携帯電話の光を頼りに真っ暗な通路を歩き、また壁の仕掛けを押してしまいうと、壁いっぱいに変身音叉・音角変身鬼笛・音笛DA、音撃棒、音撃鼓、音撃管などが展示されている部屋に。


「十四之巻 喰らう童子」では“アルバイト募集”の貼り紙が。(働く日は、水曜日と土、日曜日)

「二十之巻 清める音」店舗の下の「猛士の間」で、おやっさんが「猛士の関東支部であり、魔化魍が現れたときには自分も日菜佳さんと部屋にこもってしまうことになるから」と明日夢に説明を。

「二十六之巻 刻まれる日々」“氷も始めました”

「二十九之巻 輝く少年」」“かき氷紅”は夏限定のメニュー。

「三十一之巻 超える父」限定商品として“きびだんご紅”が。
2005年10月17日(月) 09:50:03 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全8件)
09fc626d.jpg (8.60KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 10:30:11
3a7b42d1.jpg (6.14KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 10:30:01
f104389b.jpg (7.14KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 10:29:51
a32d5703.jpg (11.11KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月08日(木) 10:29:40
c52f4c97.jpg (14.13KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月25日(木) 15:28:53
a5f75553.jpg (14.57KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月10日(水) 10:25:26
8373484b.jpg (11.42KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月09日(火) 11:21:57
066f1d82.jpg (9.75KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月09日(火) 11:21:45



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。