鬼幻術・鬼火

【きげんじゅつ・おにび】

口を開いて高熱火炎をはく技。怪童子妖姫を瞬時に燃やし尽くす。
(東映公式サイトより)

状況に応じて、火球や放射状などに使い分けることが出来るらしい。鬼棒術・烈火弾の登場で使用は減ったが、有効攻撃範囲が広く、烈火弾に比べると出が早いので牽制等に使用しているらしい。

鋭鬼も、タイプが違うが緑の鬼火を使える。

「一之巻 響く鬼」「二之巻 咆える蜘蛛」ツチグモ怪童子は、この技で焼死。
2005/01/30 

「三之巻 落ちる声」魔化魍ヤマビコ妖姫は、この技で焼死。

「五之巻 熔ける海」魔化魍バケガニ妖姫は、DAと、この技の連携攻撃で焼死。

「十一之巻 呑み込む壁」魔化魍ヌリカベ武者童子鎧姫の鎧は、火を跳ね返してしまった。
2005年10月05日(水) 13:44:48 Modified by sakisms




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。