【ひめ】

厳密に言えば魔化魍ではないらしい。“屋久島のツチグモ”を育てていた姫は、ツチグモに喰われてしまう。茜鷹に頬を切られた際、白色の血を流したことがあり、白い血液を有している。
常に童子と呼ばれる魔化魍と共に行動する表裏一体の物。童子とともに魔化魍を成長させるための餌として、人間を襲う。
一定の知性はあるようですが、あくまで魔化魍育成の為だけに存在しており、他の事に気をとられるような様子は皆無(乱れ童子は例外)。
女性の外見でありながら、男性の声を発する。戦闘時はより攻撃向きな妖姫に変化する。その際、姫形態時の衣服は、首の周囲に集まりマフラー状に変化する。

「一之巻 響く鬼」「二之巻 咆える蜘蛛」“屋久島のツチグモ”の姫。
「一之巻 響く鬼」白いクモの糸のようなもので千寿さんをからめ捕り、満足げな童子と姫。そこへヒビキさんが現れ、童子らに挑みかかる。

「二之巻 咆える蜘蛛」「これだけ待っても帰って来ないのだから、あなたの父君はさんに殺されてしまったんじゃないかと思うの…。とにかく夜が明けたら、ここを出ましょう」
ヒビキさんを探しながら森の奥深くへと入った明日夢くんは、例の山小屋の前で姫と遭遇「よくお越しくださいました」「さあ、めしあがれ」。襲われそうになったところをヒビキさんに助けられる。 


「三之巻 落ちる声」「四之巻 駆ける勢地郎」“奥多摩のヤマビコ”の姫。
「三之巻 落ちる声」人間の声のつまった喉をヤマビコが食べ易いよう、琥珀のクルミように変化させる能力を持つ。(TV朝日公式HPより)
「待ってました」「おぉ、美味そう」山に入って消息が途絶えた人を探す消防団員を襲い、喉を凝結させ声の結晶を取り出す。

「でっかくなったなー。うちらはこれからごっこするから、おまえは向こうの山でかくれんぼするんだ。朝ンなったらメシでも食らって里に降りっから」

「五之巻 熔ける海」「六之巻 叩く魂」“房総のバケガニ”の姫。
バケガニの好物である人間の骨を得るため、人間をとらえ、身体から出す泡でその肉を溶かす。(TV朝日公式サイトより)
「五之巻 熔ける海」「ちょっと痛いよ」「ちょっと熱いよ」

ヒビキ>"悪もんのくせして、可愛いんだよなあ、あいつら"

「七之巻 息吹く鬼」「八之巻 叫ぶ風」“奥久慈のイッタンモメン”の姫。
イッタンモメンの好物である人間の体液を得るため、足を奇怪に伸ばして人間をとらえ、人間に絡みつけ、体液を搾り取った。(TV朝日公式サイトより)
「七之巻 息吹く鬼」童子と共に獲物となる人間に敬語で話しかけて襲う。「ワレワレの子が」「オナカを空かせて泣いてます」「どうか、食べ物を」…脚が伸び、そして「子供は人間の汁けが好きです」「少し絞らせてもらいます」。


「九之巻 蠢く邪心」「十之巻 並び立つ鬼」“藤岡のオオアリ”、“秩父のオトロシ”の姫。
■“藤岡のオオアリ”の姫。「九之巻 蠢く邪心」
オオアリの作った落とし穴に獲物の人間を誘い込もうとしたが、それをヒビキにはばまれた。(TV朝日公式サイトより)
「あんたみたいな風情に」「うちの子はやらないからね」。

■“秩父のオトロシ”の姫。「九之巻 蠢く邪心」「十之巻 並び立つ鬼」
オトロシを餌に導く役割をする。(TV朝日公式サイトより)
「九之巻 蠢く邪心」童子とともに、普段は目をつぶっており、襲撃をかけるときに見開く。これまでの童子や姫は獲物となる人間にも敬語で話したり、まるで世間話でもするかのように話していたが、この二人の人間に対する態度は尊大そのもの。自分達の餌食になるのは百年に一度の栄誉でさえあると言い放った。「よく来てくれたな、お前たち」「潰してやる」「我等のエサになるのは」「百年に一度の名誉だぞ」

「十之巻 並び立つ鬼」あきらちゃんの前に現れ「キサマ、か」「ならば倒さねばならん」「倒されるのは、どっちかしら」「フッ。子供の癖に元気なだ」「あんたたちのような人殺し、絶対許さない」。あきらDAを使い攻撃を仕掛けますが、しかし童子と姫は片手で払い無力化。
か…面倒な」「間もなく我等の子が、全てを苦しめる」あきらちゃんに襲い掛かろうとしていた童子の腕に着弾。イブキさんの出現に、童子と姫は、こんな言葉を残して木立の影に消え。姫は目を閉じていて、童子の目は開いています。前回の登場時には二人とも目を閉じていましたが、これは魔化魍の成長に合わせた変化?
「あと少し」割れ落ちる[殻]。見開かれた、甲羅の目。童子と姫の目も開き…。

「十一之巻 呑み込む壁」「十二之巻 開く秘密」“下野のヌリカベ”の姫。
童子と組んで人間をはさみこみ、圧死させる。ヌリカベの[童子>童子]]ともに、ヌリカベを育てた。(TV朝日公式サイトより)
「十一之巻 呑み込む壁」「いいかー、よーいどんでいくぞ」「よーいどんだな」「ウチの子のために、アンタの命をもらうから」「もしかしてヤなのか」「よーい」「どん」[壁]
童子と獲物を挟み込む様に現れ、「よーいドン!」で両側から走って迫り、そのままお互いの身体で圧殺する。その一部始終を、あの黒装束に身を包んだ謎の男が眺めていて。
黒装束に身を包んだ謎の男の前に童子とひざまずき、「ありがたく頂戴いたします」と頭を下げると…男は謎の塊を取り出し、姫の喉の奥深くへと突っ込みます。



変!と、強烈なインパクトの文字つきで体に異変の童子と姫。どうやらパワーアップしたらしい。


さん、こちら。手の鳴る方へ。さん、こちら。手の鳴る方へ」「お出迎えとは珍しいな」とヒビキさん。
「十二之巻 開く秘密」「我等、頂いた力で鬼を倒し…」打擲!打擲!「我等はできそこないだと?」。ヒビキの死を確認せず舞い戻ったのが気にくわなかったのか、数分しか武者童子鎧姫になれなかった二人の不甲斐無さが気に入らなかったのか、ひざまずく童子を杖で打ち据える謎の男


「十三之巻 乱れる運命」」“鎌西湖のウブメ”、“小菅のヤマビコ”の姫。
鎌西湖のウブメの姫。
「今からゴハンを獲ってきてやるよ」。山奥の池。水面に跳ねる、魔化魍ウブメの幼体。それに語りかける童子と姫。
なぜか、後ろ手にし、右足を右手で持ち上げる姿勢をとる。


■“小菅のヤマビコ”の姫。

「十四之巻 喰らう童子」“大月のオトロシの姫”。
「おまえは、失敗…」「われらが倒す」


「十五之巻 鈍る雷」「十六之巻 轟く鬼」“日光のバケガニ”、“足尾のヤマアラシ”の姫。
■“日光のバケガニ”の姫
バケガニ童子と共に魔化魍バケガニを育てる存在。バケガニの好物である人間の骨を得るため、人間をとらえ、身体から出す泡でその肉を溶かす。(TV朝日公式サイトより)

服装は緑に、怪人体の体色は怪童子と共にもえぎ色である。姫、童子共に「ちょっと〜だね」という様な話し方をする。人間体の時は、左手を右胸の前に挙げて人差し指と中指でハサミをチョキチョキさせるような仕草をする。
「十五之巻 鈍る雷」「ちょっと邪魔したね」「ちょっとお仕置きだ」。

■“足尾のヤマアラシ”の姫。
ヤマアラシ童子と組んでヤマアラシを育てた。(TV朝日公式サイトより)
姫の姿はわずか1シーン、これまでの姫と童子の中で一番扱いが悪い。

「十七之巻 狙われる街」「十八之巻 挫けぬ疾風」 “東雲のオオナマズ”の姫。
童子と組んでオオナマズを育てた。童子に比べてオオナマズをほったらかしにする性格らしい。(TV朝日公式サイトより)

まだ育てている魔化魍の正体が判明していない時点では、TV朝日公式サイトでは童子と共に“謎の物体の姫【なぞのぶったいのひめ】”と表記された。
童子と共に地面をつま先で叩いて魔化魍を誘導する。これまでほとんどの姫と魔化魍達は二身一体という感じだったが、この二人は個性が出ており、行動のイニシアティブは姫の方が取っているようである。

「十七之巻 狙われる街」「すいませ〜ん。お腹が空いたんですけど」「餌になってもらうぞ」とんとん。とんとん。とんとん。「きゃあーっ」。美人なOLさんは、合図を受けて穿たれた地面の穴に吸い込まれ。

「なんだオマエ、また腹が減ったのか?」地面の下を掘り進む魔化魍…。

「十九之巻 かき鳴らす戦士」“大洗(鎌倉、箱根、三浦半島)のバケガニ”の姫。口癖が「ちょっと〜」。
バケガニ童子と共に魔化魍バケガニを育てる存在。バケガニの好物である人間の骨を得るため、人間をとらえ、身体から出す泡でその肉を溶かす。(TV朝日公式サイトより)
「ちょっと余計な事するなぁ」「ちょっと只では済まないよ」「こっから先は、一歩も通さん!」


「二十之巻 清める音」“大洗のアミキリ”の姫。
アミキリ童子と組んでアミキリを育てた。(TV朝日公式サイトより)
「お手を煩わせましたが」「われら、生誕いたしました」「屍となったバケガニ達の甲斐があったこと」「お見せできればと思います」その口上に合わせ、海中から爪と尾が突き出して謎の男に拝謁し…つまり、繰り返されたバケガニの出現は、この魔化魍を生み出すための、言わば生贄?

大洗(鎌倉、箱根、三浦半島)のバケガニ”の変異種である“大洗のアミキリ”を育てる。指を伸ばして獲物を串刺しにし、そのまま放り投げ、海中の“大洗のアミキリ”に食わせる。
口癖は「そうとう〜」というもの。「相当痛いぞ。」と教えてから殺害する。
「相当嫌いか?」「え?」「これで終わるのが」「なんだよ」「相当痛いぞ」二本の指をウネウネと伸ばしウェットスーツの男を貫き海に落とし、魔化魍の餌に。

「オマエ、だろ」「われらの邪魔をする愚かな奴」

「二十一之巻 引き合う魔物」「二十二之巻 化ける繭」“浅間山のウブメ”、“浅間山のヤマアラシ”の姫。
■“浅間山のウブメ”の姫。
ウブメ童子とともに魔化魍ウブメを育てる。(TV朝日公式サイトより)
「二十一之巻 引き合う魔物」「我が子ウブメをご期待通りに育て上げることが叶いました」「短い時間の内に立派に育ったその姿を、御覧頂ければと思います」「この上は我が兄妹たちと落ち合うのが楽しみです」「彼らの子もきっと立派に育っているはず」。ウブメ童子と姫が、身の丈ほどの草木の中、足下から沸き上がる霞の中に立つ謎の男に言上する。

■“浅間山のヤマアラシ”の姫。
ヤマアラシ童子と組んで、ヤマアラシを育てた。(TV朝日公式サイトより)
「二十一之巻 引き合う魔物」ヤマアラシトドロキ2くんが遭遇。変身してヤマアラシに向かう轟鬼を奇襲、圧倒して「これに懲りたらもう尾いて来るなよ」。轟鬼を見逃して、浅間山を目指し。


「二十一之巻 引き合う魔物」「遅くなって申し訳ありません」「たちを振り切って参りました」「お待たせしました。お許しを」「けれどもは撒いてきましたので」ウブメヤマアラシ謎の男の前に、ほぼ同時に到着。

「二十三之巻 鍛える夏」「二十四之巻 燃える紅」“旭村のドロタボウ”の姫。
ドロタボウ童子と共に魔化魍ドロタボウを育てる存在。童子とともに奇行が目立つ。(TV朝日公式サイトより)
白クグツ”が杖に白い液体のガラス管を差込、地面に突き立てて、童子と姫を誕生させる。なにやら妙に明るく人間的。「われわれが今年最初の?」「お〜お〜、ありがたいね〜」

けんけんぱ!どうやらおにぎりを持っている人間をターゲットに選んでいるらしいが、今までの童子と姫に比べると異様にテンションが高い。「食べますか?」「あっ、ハイ」「おいしそうなおじいちゃんには〜、うちの子の〜、ごはんになってもらいますよ!」。ちなみに、この田んぼは千葉県鴨川市「大山千枚田」。

「こ〜んに〜ちわ〜」やっぱりあほの子みたいな童子と姫。ハイキング中の中年夫婦を襲う。そこへヒビキさん到着!「かわいい顔して悪さばっかりしやがって!」突き飛ばされた童子と姫、ぴょこんと一礼して逃げる。

「二十四之巻 燃える紅」「ふえろ、ふえろぅ、どんどんふえろぅ。ふえたらみんなで、ひとおそおぅ」「でた」「ふえたぁ〜」。
「お〜い。俺たちも混ぜてくれよ」と言うヒビキさんに「だってお前、だろ」。

今までの姫とは違い露出系(この分は腹部を意味する)、臍出し衣装を着ていた。


「二十五之巻 走る紺碧」“秩父のカッパ”の姫。
秩父のカッパ”を育てたペアは、裁鬼に撃破されてしまった様で、どちらかは不明だが一瞬だけ裁鬼に倒される姿が映っていた。

「第二十六之巻 刻まれる日々」「二十七之巻 伝える絆」“葛野のバケガニ”,“猿橋のバケネコ”の姫。
■“葛野のバケガニ”の姫。
人間体は劇中に出ていない。

■“猿橋のバケネコ”の姫。
バケネコ童子と組んでバケネコを育てた。身のこなしが大変素早く、曲芸のような動きで獲物を追いつめる。長い舌で舌なめずりをするのが特徴。(TV朝日公式サイトより)

ザンキさんと激しい戦いとなる。ザンキさんは素手、しかも1対2という状況ながら、巧みに童子らの攻撃をかわしつつ、パンチや蹴りを決めていく。しかし、童子も素早い動きで決定打を与えず、互角の攻防を展開する。最後まで妖姫に変身することなく、響鬼紅バケネコに対して放った灼熱真紅の型の巻き添えを喰らって爆散した。


「二十八之巻 絶えぬ悪意」「二十九之巻 輝く少年」“榧ノ木のヨロイツチグモ”の姫。
童子と組んでヨロイツチグモの餌を集める。クモのように垂直の岩壁を登ることができる。(TV朝日公式サイトより)

芦名星(あしな せい)
生年月日:1983.11.22
出身地:福島県
株式会社ホリプロ
2005年11月19日(土) 09:37:19 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全37件)
a63de445dd556461.jpg (33.05KB)
Uploaded by sakisms 2005年10月08日(土) 12:32:04
8f8b4c57cc6c5276.jpg (33.50KB)
Uploaded by sakisms 2005年10月08日(土) 11:37:51
15b913b4.jpg (74.97KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月29日(木) 08:28:51
a53a8f53.jpg (59.79KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月29日(木) 08:28:41
ffb28ad8.jpg (66.75KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月29日(木) 08:28:20
d44158c9.jpg (78.81KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月29日(木) 08:24:18
99dd934b.jpg (63.16KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月29日(木) 08:19:38
26fb8fbf.jpg (14.59KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月18日(日) 11:19:03
a5f4b386.jpg (11.29KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月18日(日) 11:18:52
9ba966ec.jpg (16.77KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月18日(日) 11:09:13
d053cd52.jpg (13.50KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月18日(日) 11:09:04
72f47ccf.jpg (11.34KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月18日(日) 10:46:43
3ab66e1d.jpg (18.80KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月18日(日) 10:46:35
a10581ef.jpg (14.12KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月16日(金) 09:53:07
7e065451.jpg (17.14KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月16日(金) 09:50:06
f3d833b6.jpg (13.73KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月16日(金) 09:49:56
a9ff7147.jpg (8.96KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 14:45:35
2091201d.jpg (17.49KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 14:42:30
f7fbd0cf.jpg (12.08KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 14:36:44
803d10bb.jpg (16.42KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:48:26
ea9e34cd.jpg (19.79KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:48:19
b2857f70.jpg (8.03KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:48:11
af28bca6.jpg (21.63KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:44:01
f18fc110.jpg (23.49KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:41:55
fafcf0b6.jpg (16.78KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:23:37
e3047664.jpg (20.29KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:14:15
1222683c.jpg (9.15KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 13:00:47
5befad38.jpg (13.71KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:54:06
f3d7122d.jpg (10.39KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:48:53
55faf1c0.jpg (12.70KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:42:44
a673f47b.jpg (12.00KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:42:37
88a0a4a9.jpg (8.66KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:38:26
1bfb7544.jpg (9.33KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:38:17
c19bc6c2.jpg (17.32KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:34:47
d2ab82f7.jpg (16.60KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:32:57
0f6d984e.jpg (18.42KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月15日(木) 12:32:47
754c304f.JPG (11.50KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月10日(水) 16:14:15



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。