バラ専用の自動散水システム「ローズドロップ」に関する情報サイト※バラ以外の花卉にも対応

1-1へ戻る        ←1-2へ戻る        

step 9 設置しましょう!▲好拭璽班分

スタート部分(ポリスターター)やホース、ポリパイプを繋いでいきます。

  

何とかうまくできました。

step 10 設置しましょう!ポリパイプ&ポリ3兄弟

今度は、ポリ3兄弟(ポリエルボ、ポリチーズ、ポリカップリング)をそれぞれ必要な箇所に繋いでいきます。(勝手に命名・・笑)
        
長男のポリエルボは、コーナーに沿わせたいときなどに使うL字型、ポリパイプを2方向に分割したいときには、次男坊、ポリチーズを使います。三男のポリカップリングは、ポリパイプとポリパイプを延長したいときなどに使うジョイントタイプです♪

ポリパイプとポリ3兄弟をつなぐのは、基本的にすべて同じです。向きに気をつけてはめ込んでくださいね〜。

  
(なぜチーズなのか?おいしそうなチーズをつい思い浮かべてしまいながら作業する私・・・)

パイプを引っ張りながら設置するのは1人では、ちょっと大変。誰かに、手伝ってもらうとうまくいきます。
 

※ポリパイプは、丸めて発送していますので、少し巻き癖があります。設置した後も、多少巻き癖が残る場合があります。冬は、特にホースが硬いので設置の際はご注意ください。

すべてのパイプを設置終えたら、最後の端の部分にはエンドキャップをはめます。はめ方は、ポリ3兄弟と同じです♪

 


step 11  設置しましょう!づ静口チューブの設置です!

さて、ポリパイプの設置が完了したら、いよいよ! バラたちの命綱ともいうべき、点滴口チューブを差し込んでいきます。
 

黄色のローズドロップ用穴あけ工具を使って、ポリパイプに穴を開け、(コレが、ちょっと力がいります。軍手など力を入れやすいものを用意)点滴口チューブをギュウッッッ!!と力をこめて押し込みます。

点滴チューブをポリチューブにパチンと音がするまで、はめ込んでくださいね。ただひたすら、穴を開けチューブを差し込む作業・・。

  本日は、50本分行いました(ふぅ〜〜〜〜。)

長い、地味〜な作業も終わり、いよいよっ!試運転♪やったぁ♪ タイマーのフタをあけて、設定時間をセットします。
      

(春と秋は、1日1回、夏は朝晩毎日合計2回、冬は2日おきに1回、散水時間は5分間としました。←ブルーミングヤード店長 アドバイス)
水道の蛇口は、いつもよりもかなり控えめに開けましょう。
(水圧が高いと、水漏れがあちこちで発生・・!なんてことになりかねません。)

どきどきしながら、様子を見守ります。やがて・・・・ぽたぽた・・ぽたぽた・・。点滴口ノズルから水が滴り落ちてきます。

      
      やった〜!試運転成功です。ほっとしました。
      

設置工事所要時間は約2時間30分くらいでした。(9時10分スタート→11時44分終了)


step 12 ローズドロップを設置してみて

設置した時期が、冬ということもあり、実際の効果を実感するには春を待たないといけないかもしれません。

ただ、ひとついえることがあるとしたら、精神的な苦痛から、ちょこっとだけ開放された気分です♪(開放感〜!)

今までは、あわただしい朝、子供たちを送り出し、夫を送り出し、家事を大急ぎでこなし、自分の身支度を整え、さらに、水遣りを30分以上かけて行わなくてはいけませんでした(涙)
その上、季節によっては、花がら摘みも・・・(汗)。

毎日のことですので、時間がなくて会社に遅刻するわけにはいかないので、我が家の花たちに、心の中で(ゴメンネ・・・)と謝りながら、出勤をし、帰宅をしてから、再度(ゴメンネ・・)と花たちに水遣りをしていたこともありました(涙)

仕事を持っていればどうしようもないことだとあきらめているところでもありました。

そのために、昨年の夏、大切にしていたバラを枯らしてしまったこともありました。香りのとても良いバラで、大切にしていたのに・・。ショックでした。

「私が、もっときちんと管理していれば・・・助かったかもしれないのに。」「こんな思い、2度としたくない!」大好きで楽しくてはじめたガーデニングがいつの間にか苦痛に替わってしまった瞬間もありました。

でも!

これからは、そんな風にもう感じなくてもいいのだと思うと、うれしくてたまりません。
今後は、水遣りに時間をかけなくて良い分、もっとほかのお世話をしてあげられそうです。
そして、今年の5月がすばらしい季節になるように、もっとがんばってお世話をしたいです!

・・・・ブルーミングヤードスタッフ オノリーヌでした。

1-1へ戻る        ←1-2へ戻る  

メンバーのみ編集できます