バラ専用の自動散水システム「ローズドロップ」に関する情報サイト※バラ以外の花卉にも対応

2-1へ戻る        2-3へ進む→        2-4へ進む

step 5 花壇,伐崔鏑◆▲機璽ルの配管とノズルの数を考えてましょう!

いただいた絵(図面)とお庭の様子の画像をもとに漫画的な配管図を起こしてみました。
ただし、赤印内のブロックのみをまず起こしてみました。
主管はピンクの線の通りに配置してみました。

これを、Oさんに見せて「こんな感じになります」というところでOKもらい材料拾いの開始です。

もう少しわかるようにと色づけをして、製品名を書き込み、鉢数に合わせてローズドロップ点滴口チューブ(1.5m)をエリアごとに本数を出しました。



step 6 花壇と門扉の配管とノズルの数を考えてみましょう!

花壇も同じように、漫画的な配管図を起こしてみました。

step 5と同じように、鉢数に合わせてローズドロップ点滴口チューブ(1.5m)をエリアごとに本数を出しました。

step 7 早見表で確認しましょう!

全ての部材を計算すると。
らくちんタイマー(乾電池式) 2ヶ
ポリスターター(ストレート) 2ヶ
ポリパイプ         25m
ポリエルボ          3ヶ
ポリチーズ          4ヶ
ポリエンド          6ヶ 
ローズドロップ点滴口ノズル(1.5m)64本

というように材料を拾いだし、早見表と照らし合わせます。


ローズドロップ50のセットとローズドロップ10のセット、そして、あと単品で追加したほうが効率よく安くすみますね。

不足分はポリチーズ 2ヶ、ポリエンド 2ヶ、ローズドロップ点滴口ノズル 4本 になります。

ということで、購入するものは、ローズドロップ50 1セット、ローズドロップ10 1セット、ポリチーズ 2ヶ、ポリエンド 2ヶ、ローズドロップ点滴口ノズル 10本組みになります。

あと逆に余ったものは、とっておけば何かの役に立つこともあるでしょう。。

step 8 早速ネットで注文です。

方針が決まったところで、ネットで注文です。いつもバラを購入させてもらっている鈴木バラ園芸さんで購入することに決めました。


ワクワクドキドキ 来るのを待ちます。。
(※とりあえず温室の方の黄印のエリアは様子見という事にしました。)


2-1へ戻る        2-3へ進む→        2-4へ進む

メンバーのみ編集できます