コーナーごとにサイトをつくろう!

〔サイト管理について〕 〜ホームページビルダー編〜

□コーナーごとにサイトをつくろう。(11/16 by 牧)

 学校ホームページを一つのサイトとして管理していませんか?

 学校ホームページの内容が巨大化するにつれ、一つのサイトとして管理するのは困難となってきます。
 そのようなときはコーナーごとにサイトをつくれば意外と便利です。
 
 本校の場合は…、
 
 ・平成17年度二学期給食
 ・平成17年度TOPページ
 ・平成17年度できごと
 
 …など、複数のサイトが集合して、学校ホームページを構成しています。
 学校ホームページを複数のサイトの集合体とする認識がキモなのです。

 このように管理したときのメリットは、

 ○複数の管理人を置いて、各コーナーを任せることができる。
 ○サイト更新に時間がかかる手間が省ける。(本校の旧マシンでは、500MB超えたあたりから、サイト機能が平常に動かなくなった^^)

 これを私は、学校ホームページにおける、ショッピングモール化理論と呼んでいます(…嘘です)。
 
 さぁ、みなさん!コーナーごとにサイトをつくろう!



 当時かいた関連記事↓


 平成17年度 「めざせ!ショッピングモール!」

 平成16年度は二年連続で、J−KIDSという賞をもらったとても嬉しい年であったとともに、ホームページ作成の組織として大変脆いということが判明した年でもありました。

 平成16年、授賞式とほぼ同時期に、人権同和教育研究大会が本校が会場校で開かれることになりました。
 私がちょうど研修係として会場準備やプレゼン作成でてんてこ舞いの時期です。
 さらに、重なるもので、突然、病休の先生の代わりに六年生の担任を命じられたのです。
 卒業間際の六年生の代替教諭のつらさって想像できるでしょうか?

 当然、学校ホームページをつくっている時間はなくなりました。。優先順位は学級の方が上に決まっています。
 西陵小のホームページをほぼ一人でつくっていたという弱点がここに露呈しました。(子どもたちは別です。先生は授業が本分と考えていた私は、専科という立場で全くの一人で運営していたのです。)
 全く更新ができないまま、新宿の授賞式に向かう気分の悪さといったら、たとえようもないものでした。
 平成17年度のホームページは、どうにか組織的に運営していこうと考えたのは当然の流れだったと思います。
 
 今年の隠れテーマは「めざせ!ショッピングモール」です。
 学校ホームページを一つのサイトとして考えるのではなく、複数のサイトの集合体としてとらえ、それぞれに管理人をおいて活性化しようと考えました。
 折りしも、昨年は、九州新幹線の開通とともに、駅ビル「アミュプラザ」が完成しました。様々な店舗が入ってにぎわっていました。サイトの運営もこの考えでいいんだ、と思った瞬間でした。
 ビルダーのサイト更新機能も、本HPのようにデータが巨大(約750Mb)になるとうまく作動しません。
 私はコーナーごとにサイトをつくって管理していたのです。
 なんだ、アミュプラザといっしょじゃん!実際にこれを分担すればいいんだ。…そう思ったのです。
 一ヶ月に一回の部会が開かれるようになりました。
 第一回は、学年コーナー「今週の○年生」をブログ化し、その使い方を担当の先生にレクチャーするという内容で始まりました。ビルダーでのサイト管理はまだ先になるでしょうが、大きな一歩です。
 それぞれの担当の先生の豊かな発想が最大限に発揮できるようになったら、集合体である学校ホームページは魅力あるものになるに違いありません。
 そう願いつつ、平成17年度 西陵タイムズ ver BLOGがスタートしました。
 さて、ホムペの未来はどうなる? 
2005年11月16日(水) 21:51:25 Modified by school_hp




スマートフォン版で見る