カルト宗教から大学生を守れ 45大学が立ち上がる


 カルト宗教から大学生を守ろうと、大学職員やカルト問題を専門に研究する教授らが今月中旬、キャンパス内の勧誘情報を交換するネットワークを立ち上げる。大学を横断するカルト対策は初めてだという。これまでに45大学の計50人が参加を表明。勧誘が盛んになる入学シーズンを前に、ネットワークによる情報共有で、カルト宗教による学生の被害を防ぐのが狙いだ。

 「カルトは姿を隠して近づいてくる。対策には情報戦が不可欠」。発起人の川島堅二・恵泉女学園大学教授はこう話す。

 カルト問題を研究する「日本脱カルト協会」によると、カルト宗教は本来の名称や目的を隠したサークルで、「大学生活について先輩から話を聞こう」「就職に向けて自己分析をしよう」などと学生を勧誘。正体を明かさぬまま、ノルマを課した物販や新規勧誘に駆り出したり、親密になった後に「辞めると不幸になる」と脅して入信させ、お布施を強要するなどしているという。

 過去には警察当局の調べで、オウム真理教が偽装サークルで学生を勧誘していた事例が判明。同協会関係者には、カルト入信者の家族から寄せられる脱会相談が現在も絶えないという。

 これまでは、各大学ごとにカルトをテーマにした講習会や討論会で注意を喚起してきたが、川島教授らは「彼らは多くの大学で同じ名前や手口で活動している。情報の共有でみえてくることがある」として、入学シーズンを前に取り組みを始めることにした。
 参加者は大学の教員や学生課職員、カウンセラーなど。メーリングリストに登録し、学生から寄せられる偽装サークルや、いかがわしい勧誘の情報を電子メールで一斉に送受信する。必要に応じ、カルト問題を研究している教授が勧誘の断り方や脱会方法をアドバイスするほか、新入生にオリエンテーションなどで注意を促すとしている。

 「カルトの線引き」や「信教の自由との兼ね合い」などを課題として指摘する声もあるが、川島教授は「うそをついて勧誘するのは、そもそも詐欺行為。活動にどっぷり漬かると本分である学業を全うできなくなることが多い。学生を守るのは大学側の社会的、教育的な責任」と話している。

産経新聞 2009.3.1
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090301/crm0...

公認の勧誘には腕章・特別講義…新入生諸君「カルトに注意」


サークルの勧誘活動を装って新入生を引き込もうと狙う悪質な宗教団体に、各大学が目を光らせている。信教の自由との兼ね合いで規制が難しいものの、学生の大学生活の妨げにならないように、と対策に乗り出している。

 今春約2500人が入学した岡山大では、キャンパスの福利施設前でボート部など体育会系サークルの学生らが新歓イベント案内のビラを配っていた。学生らは全員、大学発行の腕章を着け、学生証も見える位置に挟んでいた。

 今年の入試で、県外の大学で活動するカルト系との情報のある団体が「知ってて得する大学情報」などとしてメールマガジン登録を呼びかけるビラを受験生に配っているのを見つけた。そこで今春、事前申請があったサークルに腕章計約2千本を配り、勧誘の際の着用を義務づけた。腕章なしで勧誘する団体には教職員が注意する。学生支援課は「勉強のために入学したのだから、それを見失わないようにしてもらいたい」と学生に呼びかけている。

 カルト集団「摂理」などの勧誘が学内で深刻だった千葉大は、06年にカルト問題専用の相談窓口を設け、08年には悪質な勧誘団体の防止対策専門部会を立ち上げた。新入生への勧誘も、教員が顧問につく約180の公認・準公認団体以外は認めず、教職員らが手分けして学内を見回っている。「今年は例年に比べ、勧誘に関する相談を寄せる学生や保護者が多い」と相談窓口の担当教授。学生支援課は「最初が肝心。新入生が落ち着くまで続けたい」。

 大阪大も06年に、悪質な宗教勧誘なども含め大学生活の留意点を紹介する1年生対象の必修特別講義「大学生活環境論」(90分)を新設。早稲田大は例年の広報紙や行事での呼びかけに加え、今年度からはインターネットで受講できる講義で勧誘活動への注意を呼びかける予定だ。

 複数の大学に活動を広げるカルト集団に、大学側も情報交換して被害拡大を防ごうとする動きも出始めた。

 恵泉女学園大(東京都多摩市)の川島堅二教授が発起人となって、3月、大学間の情報交換メーリングリストをつくった。現在、約50大学が参加し、カルト集団の情報や対処法などの情報を交換しあっている。ここ数年の大学側の対応について、川島教授は「06年に『摂理』が大学内で勧誘していたと報じられ、放置すると社会的責任を問われるという意識が高まったからではないか」と指摘する。

 各大学とも、学生が悪質な宗教団体に入信して生活が破綻(はたん)してしまうことへの警戒感を強める一方、信教の自由の関係から、規制のあり方に頭を悩ませているという。だが、川島教授は「信教の自由もあるが、正体を隠して勧誘するのは詐欺で、道義的に許されない」と、厳然とした対応を求めている。

朝日新聞 2009年5月11日
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200905110179.html


あれまぁ。この記事をUPした数日後このような報告が、立正佼成会スレに上がっておりました
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1224059229/...

416 :神も仏も名無しさん:2009/05/16(土) 12:46:43 ID:Oh80Ap7L
☆学生部からのお知らせ☆
この度、学生部では
【WELCOME GUIDANCE〜共に歩む学生(なかま)を見つけよう〜】を
開催させていただきます☆

学生さんに、
「総本部・応現院ではどのような青年会活動や学生部活動があるのか」を
ご紹介します!この機会に、一歩踏み出し、たくさんの法友を見つけましょう☆
▽日時:
。儀17日(日) 11:00〜12:00、■儀30日(土)14:00〜15:00
*両日とも同じ内容になります。
▽場所:
応現院 修行棟3階YAルーム2
対象:
,海僚奸大学・短大・専門学校・大学院に入学された学生、
大学・短大・専門学校・大学院の在校生、
その他(ご家族・経親・導親・青年経親・青年 導親等)
ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしております♪



真如苑がカルト宗教でないことをお祈り申し上げておきます。
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます