朝日新聞社発行のAERAに特集記事が掲載されました

2010年1月18日号です。
不動産・仏像買い取る巨額経済活動の原動力


「◆巨大宗教団体、真如苑

信者の列は、JR立川駅(東京都立川市)北口から、左手はるか前方へと続いていた。
昨年12月28日午前9時半。一年の締めくくりの法要があったこの日、立川駅には、真如苑の本部道場「応現院」へと向かう人たちが続々と押し寄せていた。
学生風の若者やベビーカーを押す夫婦、中高生連れの家族、杖をつくお年寄りなど多様だ。
長蛇の列はやがて、ガラス張り2階建ての大きな建物へと吸い込まれていく。それと入れ替わるように、1階部分からは、50人以上の信者でぎっしりの立川バスの車両が次々と吐き出される。

応現院への直行便だけのためにあるバスターミナルだ。時刻表を見ると、この朝9時台だけで20本の直行バスが出ていた。
規模の割に目立たない教団だが、80年代には、有名芸能人が信者だとして注目された。最近は、大型の不動産取引や美術品の購入などで、その金満ぶりが話題になっている。
東京都武蔵村山市(一部立川市)の日産自動車工場跡地。東京ドーム22個分という広大な土地を、真如苑は2002年に739億円(一部借り入れ)で取得した。お堂や森をつくる予定だという。04年には、東京都心(千代田区一番町)のホテル跡地を購入。

07年には、大阪・難波の土地約3300平方メートルを買収。さらに、米ニューヨークで08年にあった競売では、運慶作とされる大日如来像を約14億円(手数料込み)で競り落とした。
これら巨額の経済活動の原資は、信者の会費や布施だ。真如苑がいかに数多くの信者をがっちりとつかんでいるかがうかがえる。」

とあります。
当方で掲載した、大阪の中心部難波の土地購入もここに掲載された以上、裏が取れた事実と言うことになります。

昨年暮れにアナウンスがあり、周到な準備の上で、京都新聞を皮切りに、芸術新潮1月号、NHK新春番組を利用した広報活動をしつつ、その実こっそりと元の持ち主 龍村美術織物さんより京都の名園織寶苑庭園を買い取り建物等を改修していたようです。これもどれくらいの金額が費やされたのでしょう。

こちらのブログ等にもありますがhttp://shugakuin.blogzine.jp/blog/2009/11/post_ef7...
日本の宝である京都が 私たち家族を苦しめ、信徒より搾り取った 金に証せた資金により新興宗教に蚕食されていくことを多くの方々が嘆いておられます。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます