海外都市同盟に加盟の都市をまとめるウィキサイト。編集からどなたでも投稿出来るようになっています。

Wizardry(ウィザードリィ)『ウィザードリィ エンパイアIII 〜覇王の系譜〜』(-はおうのけいふ Wizardry EMPIRE III Ancestry of Emperor)に関するに関する独自研究

古典的ファンタジーRPGの傑作でありゲームシステムのフォーマットを確立した。

プレイヤー自身が作り出すキャラクターが一番重要でその中でも職業=クラスを第一義的に取り上げる。
ポイントは僧侶と魔法使い系の呪文は少ない経験値(レベル13)で難なく覚えられることから、
この職業を経由して自分の好きなタイプのキャラクターを極めればいいだろう。

戦士
ある程度魔法を覚えて最終的に戦士になるのならば使える。
初期にこの職業を選択するとそのまま成長させる方がよくなり
ますます転職させずらくなるアリ地獄クラス。

魔術師
後半になるとヒットポイントが少なすぎて、とても使えない。
一方序盤では大活躍できるし、修行職業として経験させたい。

僧侶
メイスやフレイルなど前衛でも使える武器が用意されていて後半でも何とかなるが
やはり序盤で複数用意しておきたいくらい重要な職業。どんなキャラでも修行経験させるべき。

盗賊
転職しても引き継ぐ能力が何もないため、また序盤はパーティ全滅に繋がる
厳しい罠(コブラの呪いや悪魔の目玉)がないのではっきりいっていらない。
しかし罠解除の能力は全職業中最高なので後半は成長の速さと共にパーティに組み入れてもいい。

司教
識別能力だけは必要だが、他は待機要員でも構わない。
ダンジョン探索に不可欠な魔法使いレベル1マピックのために序盤は加えてもいいが
魔法使いがマスターレベル13で魔法レベル7のマロールを覚える頃に、
まだ魔法レベル4とかでは不甲斐ない限りだ。

弓使い
序盤は罠解除担当で、後半でも罠識別要員(警報ばかり警戒している)としていてもいい。
専用武具が用意されており前衛でも可能なほどAC-10くらいまで下がるが、
一番強力なカチュア弓は前衛型職業ならば装備可能でいまいち中途半端な印象はある。


裏村正の威力は強烈。後衛でもとんぼぎりがある。後半には是非とも加えておきたい職業。
成長も遅いという程ではなく、HPの伸びも今回大分よくなった印象がある。
その代わりか魔法の覚えが悪くレベル30くらい必要。

修道僧
序盤はヌンチャク装備でAC低下させて、後半は射程距離Sのオーバードライブが非常に使い勝手がいい。
装備が脆弱(しかし簡単に揃う)だが前衛3番目のポジションが定位置。序盤から後半まで満遍なく使える。

神女
前衛でも後衛でも使えてHPの成長もよくてレベルアップの成長も早い方。
よく出るトライデントやなかなか出ない女神の胸当てなど専用武具も強力である。

君主
両手持ちの剣が多いのでなかなか加護の盾を装備できない。成長は遅めなので本来高いはずのHPが高くなりにくい。
聖なる鎧の弱体化とともに、男しかなれないなど制限が多い割にはあまり使えない。

召喚師
錬金術師系とサイオニック系を両方とも司祭並みの遅さで学ぶことはできる。
つまり4系統全ての呪文をマスターさせるならば経由するこで効率化が図れる。
召喚自体は金もかかるし後半マハロールがあれば迷宮に長居は無用なので役に立たない。

くの一
白金ドールの威力がもう少しあれば使えるのだが…弓使いよりは宝箱解除能力がある。
もう一工夫ないと後半レギュラーで加えることには難がある。

忍者
成長は遅いしHPの上がりも決してよくないが盗賊の次に罠解除能力があり、
すばやさが20以上あって高レベル20以上ならばまず99%以上解除できる。
要するにカルノバよりはいい。専用武器に難があることから無理して作らなくていい。

狂戦士
成長は全職業中一番遅いが無双乱舞など全敵に攻撃を与えられるなど絶大な攻撃力がある。
後半に使える方手持ちの剣はカシナートの剣と裏村正くらいで、
ちょうど中間くらいの威力のバリエーションが少ないのが難点。

全能者
他に転職しないでもいけるが、呪文を覚える効率がいいので肉弾系に転職しても大丈夫。
但しデビリッシュという種族から武器に制限が付くが。

成長スピード
盗賊>戦士>僧侶>魔法使い>弓使い>神女>修道僧>司教>全能者>侍>君主>忍者>狂戦士
ヒットポイント
戦士>狂戦士>神女>君主>侍>修道僧>僧侶>弓使い>盗賊>くのいち>司教>全能者>魔法使い


序盤狡猾なる破軍までオススメパーティ

神女・僧侶・修道僧・弓使い・魔法使い・司教

後半地却の業火以降オススメパーティ

戦士(僧侶・魔法使い)・神女・修道僧・弓使い⇔(侍←僧侶)・盗賊(僧侶・魔法使い)・司教

狂戦士と全能者はクリア後は必須だが、それまでは禁止職業のため入れることできない。
侍(僧侶を経た)は弓使いの代わりに入れてもいいかも。そうしたら神女を後ろに下げればいい。

自分独自種族解釈

種族の基本値+10なのでかなり重要。またフェアリーは独自の装備しかできないので注意。

人間
呪文を覚えた狂戦士にするために下積みをやらしておいた方がいいかも。

エルフ
相性が悪い場合があるので使いにくい。生命力が低いので無理して使わないのも得策。

ドワーフ
すばやさ以外はかなり使える。エルフやフェアリー以外のパーティでは必須だろう。

ノーム
ホビットに+以外はすべてプラマイゼロ。特定値を見ての通り僧侶系以外でもこなす。

ホビット
前作まで必要だった宝箱に関係のなくなったらしい運以外に特に見るべきとことろもない。

フェアリー
プラスになる種族が一番多いし、装備に一番クセのある種族。

ワービースト
ムークとかラウルフやフェルパーなどかつての種族統廃合の結果か。効率重視ならばワービスト軍団。

ドラゴンネオ
装備にやや難点があるものの一番重要な生命力が高く理想的な特定値。相性がマイナスにならないよう注意。

ハーフエルフ
特定値も言われるほど悪くはないので相性の値が-3以上になってしまったパーティに加えるのが吉。

デビリッシュ
この種族はハーフエルフとペアである。全能者が作れるまでは無理して入れる必要もないとも思うが。

ウチの冒険者妄想ストーリー


主人公は北欧出身の神女ラウ(ワービースト)で準人公は侍ケリヒス(ワービースト)の中立コンビ。
硬い性格で思い込みの激しい神女ラウールアにニヒルで皮肉屋のケヒリニディードが守り立てる。
カップル成立を否定するラウにまあどうでもいいんじゃないかというケヒリスの冒険の旅はじまり、はじまり〜!

神女ラウ(ワービースト)
プレートヘルム+2・カシナートの靴・カシナートの小手・女神の胸当て・トライデント・ミンクノコート
侍ケリヒス(ワービースト)
裏村正・大名の鎧・ラージシールド+2・チェイングローブ+2・脛当+2・大名の兜・全快の指輪

最終パーティのメンバー 職業・種族・性格・性別・魔法各種
侍(ワービースト)中立♂(魔はデフォで僧・精)倒した敵の数(4469)EP619万でLV32…準主人公
狂戦士(人間)悪♂(全)倒した敵の数(1644)EP1466万でLV41…寄付を注ぎ込んだ
神女(ワービースト)中立♀(僧はデフォで魔)倒した敵は最大数!(4464)EP1147万でLV49…主人公
戦士(ワービースト)悪♀(全)倒した敵の数(1364)EP194万でLV18…くのいちLV25から転職HP243
弓使い(ノーム)悪♀(全)倒した敵の数(1269)EP635万でLV32
忍者(フェアリー)悪♂(デフォの錬金のみ)倒した敵の数(771)EP603万でLV24…種族相性はいい。

サブ
全能者の男女はモンクのハーフエルフと組
ドラゴンネオの弓使い(僧・魔)ドワーフのモンク(全)

PS2廉価版限定数量を100時間プレイして感想を管理人が加筆修正したものです。

長くなったので続きはコチラ
情報屋ふくろう本舗:エンパイアIIIの攻略


ウイザードリィ エンパイア 〜古の王女〜&〜王女の遺産〜




ウィザードリィ関連ページ
ウィザードリィ
狂王の訓練場
ダイヤモンドの騎士
リルガミンの遺産

エルミナージュ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

リサーチアルチザンranking




Wiki内検索

メニューバーA

中国・深セン・東莞・珠海・広州限定X
新界商事
三大スレッドから普通スレッドへ格下げ移行

ベトナム首都ハノイとその近郷ハイフォンさらに中越国境BBS
新界商事マーク

フィリピン・アンヘレスチェック掲示板(海外都市同盟・盟主)
新界商事V3

香港&マカオの仕事&生活限定W(中国姉妹都市特別同盟)
真・新界商事
三大スレッド格上げ予定

台湾・台北・台中・高雄今昔限定T(限定シリーズ三部作)
悟・新界商事
三大スレッド格上げ予定

中国・深セン・東莞・珠海・広州限定X
冥・新界商事
新スレッド作成予定

ケータイ版新界商事

メール:shinkaiakikazu@gmail.com

管理人の評判について

まずその掲示板にて一番文句をかかれなければならないのは管理人である。それだけ掲示板の盛衰、すなわち全ての責任を一手に持つ。

ビジネスモデルについて

十万円以上かけて海外旅行しかも多少危険な風俗を体験しようというのにネットの情報だけを頼りに渡航するというのは得策ではない。
2008年の北京オリンピックを絶頂期としてそれ以降は下り坂であり、もはや他人にお勧めできる旅行ではなくなった。
いい時期にこそいい体験しておかないとそのチャンスはもう巡ってこないということを痛感させる事例である。

編集にはIDが必要です

メンバー募集!