海外都市同盟に加盟の都市をまとめるウィキサイト。編集からどなたでも投稿出来るようになっています。

タグ検索でチャンピオン3件見つかりました。

boxer

王者をフライ級で獲得以後10年以上日本人チャンピオンは現れず 1952年5月19日 - 1954年11月26日 世界戦戦績7戦5勝2敗 映像資料もあまりはっきり残っていないので記録で判断するところも多いが、アウトボクサータイプでクリンチが多く世界戦の多くが判定。 引退後のテレビ解説でもおなじみで黒い社会に染まりがちな部分が多かったボクシング界においても模範的な人物であった。 戦後25歳から復帰しパスカル・ペレスに引導をわたされた32歳まで現役であり、当時としては比較的高齢まで頑張った。 *3位輪島功一(…

https://seesaawiki.jp/w/shinkaiakikazu/d/boxer... - 2016年09月17日更新

champion

少数派になっている。 *WBA世界王者チャンピオンの定義 そもそもはWBA発足に始まるが、1921年設立のNBA(ナショナル・ボクシング・アソシエーション)が母体となっている。 興行師にはユダヤ系が多くボクサーはイタリア系移民が多い時代だったが徐々に黒人選手の活躍も容認し始められていた。 それまでのチャンピオンの名称はあったものの第二次世界大戦まではEBU(ヨーロッパボクシング連合)も世界王者を名乗っていたため 北米特にアメリカニューヨーク中心ではあるもののを中心としたものでも世界王者チャンピオンの定…

https://seesaawiki.jp/w/shinkaiakikazu/d/champion... - 2014年08月26日更新

boxing

を促したい。 それでも辰吉のように世界チャンピオンになれて人気も出るならいい。なにしろあの当時の日本の観客がああいう選手を欲している時代でもあった。 しかしフェザーやライトのように東南アジアと中南米以外の選手も参戦してくる階級になると玉砕というような負け方も多く、地元判定さえ使えない すなわち、最終ラウンドまで持たない選手も多かった。渡辺雄二などはその典型であろう。日本人を相手にしたときはパンチを振り回していけばいいだけ。 力任せにいく戦法なんて中学でも無謀だとわかる時代になってきているのに、モンハン…

https://seesaawiki.jp/w/shinkaiakikazu/d/boxing... - 2013年10月02日更新

編集にはIDが必要です

メンバー募集!