〜実況パワフルプロ野球でOB選手を再現〜

【登録名】 高津 【球団】 ヤクルトスワローズ  【再現年数】 1993年 
【背番号】 22  【投打】 右投右打  
【野手成績】 .300 0本 2点  【投手成績】 防御率 2.30
【打法/投法】 サイドスロー(ワインドアップ/リリース低め)/スタンダード
【投手能力】
 球速: 146km  コントロール: B163  スタミナ: E45 
 変化球: オリジナル5/Hシンカー2
 オリジナル変化球: スローシンカー/球速の遅いシンカー
【特殊能力】 回復4/リリース〇
【起用法】 守護神
【ポジションレベル】 投7
【野手能力】
 弾道: 1 ミート: G3 パワー: F29 走力: E6 肩力: C10 守備力: D8 エラー回避率: D8
【装備品】
 バット: 木  グラブ: 茶  リストバンド右/左: なし/なし
【生年月日】 1968年11月25日  【在籍年数】 3年  【選手タイプ】 普通 【新人王権利】 なし
【肌色】 黄色  【音声】 たかつ  【出身】 大学卒  【出身地】 広島県


査定項目

[投法] アンダーに近いサイド。
[球速] データルーム参考。
[総変化量] 7。
[球種] 数種類のシンカー>カーブ
[リリース〇] ストレートと腕の振りが同じ。
[回復4] 登板試合数。

査定資料

1993年
・年被安打率.243
・奪三振率8.27
・守備率.951/失策1

考察

・球速
93年日本シリーズで146km記録。
シーズンでも同じくらい出ていたと思われる。

・速球中心
93年は速球派だったらしい。
投球スタイルを調べて追加検討。

総括

軟投派ではないのが意外。

外部リンク

備考







 

このページへのコメント

>高津投手さん
>>総変化量
魔球シンカーの使い手というイメージからは少なく思えるかもしれませんが
総変化量は投手タイプ(リリーフ)、再現年数シーズン防御率、再現年数リーグ平均防御率から決定していますので
総変化量7は妥当な数値です。
ちなみに再現年数である1993年はリーグ平均防御率がかなり良いです。

>>数種類のシンカー
ツーシームでは球速が速すぎるので違う気がします。
3種にするならオリジナル(スローシンカー)、Hシンカー、シンカーになると思います。

あとは総変化量からの振り分けの問題となるのですが
5+2、6+1、5+1+1のどれにするのが良いか再度検討してみます。

0
Posted by ともぴー(管理人) 2010年05月24日(月) 22:19:29 返信

高津投手の変化量は少なすぎると思います。山本昌投手と同じように、速球派だとしても変化球で有名になった人物ですし、9はあってもよいかと。イメージから言っても、代名詞のあのシンカーは6あります。数種類のシンカーには、第二球種変化量1やツーシームで再現すればよいと思います。

0
Posted by 高津投手 2010年05月24日(月) 03:52:05 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

カウンター

管理人/副管理人のみ編集できます