基本情報

出現条件ストーリークリア後、おコンとゲンさんのレベルを10まで上げ、コハルの武具をレベル2まで成長させるとホテルネコマネキでイベント発生
その後ゲンさんの家に落ちている果たし状を調べる
※イベント発生後、クリアまでゲンさん・おコン・コハルは仲間に出来なくなる
※イベント発生後、クリアまでゲンさんのシマに入れなくなる
行き方イノリの里入り口
階層初回38F/クリア後99F昼夜昼と夜
持ち込み不可能仲間連れ込み不可能
アイテム札・杖・壺・腕輪のみ未識別新種道具出現する
通常店・二択屋・高級店モンスターハウス通常・特殊/突発あり
敵初期配置数敵自然発生ターン
昼ターン数700~?夜ターン数400~?
気配発生ターン1200クロンの風初回1700/4回目2000
クリアマークゲンドリューシュカクリア特典なし

満腹度がリアルタイムで減る特殊なダンジョン
階段を下りてから1分毎に1回満腹度減少判定がある。また3フロア下りると最大満腹度が4ポイント減る。

印無し装備は床落ちしておらず、店・変化限定となる。
また夜モンスタードロップは店売り道具と同じテーブル。
(以下、店限定は=店及び夜モンスタードロップとする)
新種道具も登場する。強力な新種を引ければ一気に楽になるだろう。

ハラヘリ速度に惑わされがちだが、実際は相当ゆっくりプレイや、放置でもしない限りは
餓死する可能性は皆無に近く、食料で苦労する事は殆ど無い。
全ダンジョン中でも最も食料に余裕があるといってもいいほどで
寧ろそのシステムを逆手に取った回復、昼待ちがやりやすいダンジョンである。

立ち回り考察

基本的な立ち回り

基本ハラヘリ値は1分に一度、4%減少である。
システム面だけ見ると何かと急ぎたくなるが、実際にプレイしてみるとハラヘリ速度は余り気にならない。
気になる人はゲーム設定→ダンジョン設定1の歩きを速いにしておくのもいいだろう。

逆にターンを消費しても腹が減らないのを逆手にとり、まめに足踏みを活用しよう。
おにぎりは一つでもあれば十分。寧ろ最大満腹度を上げるための方に利用していきたい。

回復の腕輪、ハラモチの盾、重い盾の満腹度増減効果はしっかり発動する。
しかし、腹が減る瞬間に装備していなければその効果は適用されない。
減る瞬間だけ外せば問題なく、そのため特に回復の腕輪の有効度がかなり大きくなっている。

印付き装備しか床落ちしていない点はおにぎり穴と同じであるが
武器の質は旧道の方が高め(戦神・かまいたち床落ちアリ)
盾はハラモチ、動かず、灯火が床落ちアリだが、昼盾夜盾は店限定の為どっこいといったところ。

夜は足踏みが有効な事もあり、安全な場所・状況を作り、動き回らず昼待ちをしたほうが有利な場面が多い。
昼が危険な階層を抜ける為以外は基本昼行動の方がいいだろう。
また、夜モンスターはドロップの質が店売りアイテムに切り替わる。
倒して稼ぎたいが、同士討ちでもタベラレルー種以外はちゃんと落とす為、昼待ち中の同士討ちでも結構落ちてくる。
こちらの意味でも昼待ちを推奨。躍起になって倒しに行き、技を切らさないように注意しよう。

ただし3階からひとくいデビル種が出現する。ターンではなくリアルタイムで満腹度が減少する故、怪しい気配発生時期が計れない。
フロアを一通り徘徊して階段から近い通路・部屋で昼夜一周させ、気配発生したら速やかに次の階へ避難できるように準備しておきたい。

序盤 1~20F

危険階層もほぼ無いため、キッチリ巡回しておく。
昼・夜共にマゼルン階層があり、なおかつそれぞれ3フロアあるため
素材さえあれば合成に困る事は無い。

また出来るだけ一晩過ごして夜モンスタードロップを狙っていく方法もある。
黄色オーラが多少怖いが、通路角であればそこそこ安全に昼待ちが出来るのでやっておくと楽になるだろう。
詳しくは下記コラム及び階層別攻略で

この階層での稼ぎがクリアに直結することが多いので面倒臭がらず頑張ろう。
ただし強力な新種道具装備(剣、盾、腕輪)があるならばほどほどの稼ぎでも問題はない。

中盤 21~50F

危険モンスターが出現し始める。
対策印が無いと一気に窮地に陥る場合もあるので、無い場合は封印や無力化系の道具を切らさないように。
36Fからは昼夜共に不安定になるモンスターが立てつづけに出現するので慎重にすすもう。

初回時は38F後にボス戦が控える。
ネタバレでもいいのであれば、こちらに攻略アリ(ボス戦指針

終盤 51~99F

ココに来るまでに、準備は全て終え即降りを開始する。
昼夜を調整して危険モンスターが少ない方で下りるのが基本だが
どちらで降りても危ない階層あるので、場合によっては底抜けなども活用しよう。
昼盾もしくは強力な新種道具武器、盾がないならばガチるのはやめておいたほうがよい。

サトリの盾を狙う場合は90F以降は店を見る、夜モンスターを狩ることになる。
下記のサトリの盾を目指してを参照して準備アイテムを用意しておこう。

識別について

序盤
合成に有効で危険度も高い草と巻物が識別済みの為、非常に楽である。
杖・札は2歩離れた敵に振っておけば9割は判別可能なため、問題は壺と腕輪。

壺は、まずは命名済みの札(識別済みではない事)を入れることを推奨。
コレで判別できないものは、合成・合城・ただ、四二鉢・割れない・おはらい・たたり・祝福ぐらい。
容量3~4であれば、次に封印されていないギタン、次点いらない草・巻物あたりが候補。
コレで反応が無いなら、ただ・四二鉢・合城・割れない・お払いまで絞り込める。
後は店待ちか、適当な名前をつけて壁に投げる。封印されたゴミアイテムがあればその前に入れてもいい。
これで、ただかお払いと、四二鉢と、割れないか合城までは判明できる。
容量が5であれば合成の可能性もあるので、そのまま店識別まで置いておくことを推奨。他に出てる壺も考えて予測もしてみよう。
当たり前だが識別は階段部屋でやること。手封じは勿論だが、夜モンスタードロップの容量3の壺はフィーバーの可能性がある。


腕輪は、例によって感血察血ノナリーが怖いので不用意に装備したくない。
強引に識別してもいいが、カラクロイド階層まで装備せずに取っておく方が賢いだろう。
識別の壺には腕輪を最優先で入れていこう。
中盤
基本は序盤と同じ。
腕輪は外せる準備が出来てない時はきっちり識別出来るまでは装備しないこと。

終盤
出ていない香壺があるなら出来るだけ識別しておきたい。
腕輪は気配系や、大根対策腕輪が出ていないでもない限りは、無視していくほうがいいだろう。

装備品考察

装備品は床落ちから考えると、状態異常武器がメインになることが多いが
夜モンスターのドロップで特効及び腕輪2個共鳴の武具の入手率もいいのでどれを使うかは悩むところ。
特に気配察知+時たたずの腕輪が手に入った場合は腕輪2個共鳴がかなり輝ける。
勿論、新種を登録してあり、強力なものが出ればそれをメインにするといいだろう。
最大成長させていれば何でもいいが、隕石、朱剛石、昼盾ベースあたりがおすすめ。

印付き装備しか落ちていないが、同じく印付き装備しか落ちていないおにぎり穴よりはやや良質。
しかし、実際は同じように状態異常武器をメインにする事が多い。
また草が識別済みのため序盤で印用の有効な草を集め易いので、印が多いほうが有利になりやすい。
  • 混乱の手斧
    • 状態異常武器でも最も有効な武器。印数・成長速度・攻撃力全てが平均以上で非常に優秀。
      夜がある為戦える時間に制限もあり、成長速度の早さも輝く。
      基本ベースにするつもりで育てるといいだろう。
  • 真っ暗棒
    • 混乱の手斧と比べて成長速度に難はあるが、成長過程での印数も多くLv8で印数∞タイプ。
      戦う機会を増やしキッチリ育てる必要性はあるが、育てばほぼ差は無いのでやはりベース候補となる。
  • おねむガラガラ
    • 印数・成長速度・威力の3つの難点が圧し掛かる。
      しかし効果が発動するとまず倒せると考えていい強力な武器。
      使う印を絞り込む必要はあるが、型に嵌れば最強である。
  • しびれ刀
    • ガラガラと同じ難点を抱えるものの、やはり効果は強力。
      安全地帯を確保して足踏みを利用出来る率が高まる点を考えると他ダンジョンよりも有利。
      逃げプレイを行うのであれば最高の武器になるだろう。
  • 戦神の斧
    • 床落ちしているためベース候補となるが、基本威力と印数に不安アリ。
      会心が強力無比なので、出れば問題ないのだが、出ない期間が続くと押され気味のなるケースも。
      他の武器も持っているのであればベースにするかは非常に悩む。
  • 特効武器
    • 店限定。
      水棲>植物>>ドレイン>ドラゴン>金属>魔法>一つ目>浮遊>爆発 といったところ
      中でも水斬りの剣は成長・印数・威力・対象モンスター全てにおいて優秀。
      水斬りの剣と、草かりのカマ以外は乗り換えるつもりで育てておいてもいい。
      昼にアビスドラゴンが出現しないため他ダンジョンに比べてトカゲ斬りをベースにする需要は下がる。
  • 朱剛石の刃、隕石の刃、どうたぬき
    • 店限定。2個共鳴での候補。セットで揃ったものを使いたい。
      ただ朱剛石を使う場合はLv8になった後、炎飛ばしトラブルに注意
      特に夜にやり過ごし閃光でやり過ごし状態になった敵に炎を当ててしまうのは忘れがち。注意しておこう。
  • 獣の牙以下の2個共鳴
    • 店限定。まったく使えないわけではないが、他の装備の質を考えるとメインに据えるのは微妙。
      どうしても手に入らなかった場合に使うぐらいになるだろう。
      ただ獣の牙はLv5で錆避けが付く。中盤で錆避けがまだ入っておらず
      Lv8で錆避けが習得出来ない武器をメインしている場合は、一気に育てて入れるのはアリ。
  • 火の刃
    • 店限定。早い段階で入手出来れば育てるのもいいだろう。
      印数は順調に伸びて行くが、成長が非常に遅いので積極的に戦う必要アリ
      相性の悪い印もあるので注意したいが、育てば非常に強力。

有効武器印と優先順考慮

  • 正面3方向
    • かまいたちが床落ちアリのダンジョンのため、かなり入れ易くなおかつ強力。
      入れられる状況であれば最優先で入れておきたい。
  • 会心の一撃
    • 戦神の斧で付く。同じく床落ちアリなので入れやすい。
      発動率もよいので優先的に入れておくといいだろう。
  • 連続攻撃
    • 発動率はまずまずだが発動すれば非常に強力。条件が整えば優先的に付けて行きたい。
      草が識別済みなので、加速の杖・加速の札さえ出ればかなりの確率で付けることが出来る。
      マゼルンの階層でも、草子どりで胃拡張+すばやさ草を入手しておけば付けられる可能性は高い。
  • 睡眠、無気力
    • 6ターン完全封殺出来る最強の状態異常印。状態変化印では最優先で入れよう。
      草識別済み、草鳥稼ぎが非常にやりやすいため、高確率でマゼルンゾーンで入れる事が可能。
      無気力は白紙から限定。使うかは悩ましいが、余るようなら入れておこう。
  • 金縛り
    • 夜待ちをする場合の安置を作る時に発動してくれると嬉しい。
      睡眠混乱目つぶしよりは入れにくいが、印としては簡単な部類なのでチャンスがあれば入れておこう。
      ただし炎飛ばしとは相性が悪い。
  • 混乱、目つぶし
    • リスクはあるが、足止めには十分優秀。入れられるチャンスがあれば入れていこう。
      印数が厳しい場合はどちらかを切るといい。
  • 浮遊特効
    • 特効印の中でも対象が多く、なおかつ高飛び草で付けられる優秀な印。
      特効では真っ先に入れたい。
  • 水棲特効
    • 対象種が多いのが強み。なおかつ水棲種は厄介な能力持ちが多いので非常に有効。
      99Fを目指す場合は深層フォールギャザーの出現範囲も長めなので是非欲しい。
      水がれor水斬りの剣の入手率を考えると少々入れ辛いが、あれば優先的につけておこう。
  • ドレイン特効
    • 対象種は少なめだが、すいだすゾウ種対策に入れておくと便利。
      毒サソリ種とまわるポリゴン種も結構痛く、毒消し草で容易に付けられるということもあり、入れて損は無いだろう。
  • その他の特効印
    • 入れるチャンス及び印数に余裕があれば付けて行く。
      植物印は非常に強力だが入れるチャンスが余り無い。
      優先順的には、植物>>>ドラゴン≧金属>魔法≧一つ目>>爆発

状況次第で評価が大きく変わる印
  • 余勢
    • しわよせの杖が出れば是非入れておきたい。会心印入り・特効武器の場合は特に有効。
      因みに正面のキャラに与えたダメージが余勢として流れる。
      3方向印アリで、流したく無い場合は左右どちらかで殴るといいだろう。
  • 回復
    • 旧道における回復の腕輪の効果を考えると、印にする選択肢はかなりもったいない。
      勿論回復の腕輪2個入った場合は入れて損は無い。
  • 金喰い攻撃
    • お金に余裕があれば入れるとダメージの底上げになり、強力。
      ただ、金銭管理はしっかりと。

店限定盾を如何に手に入れてベースにできるかが大きく明暗を分ける。
床落ち盾でもベースに耐えうる盾はあるが、やはり手に入れたら乗り換えることが多いだろう。
また、昼用の盾、夜用の盾を持っておくことを推奨。
無くても乗り切れないことは無いが、あると柔軟に動けるようになる。
  • 昼の盾
    • 店限定だが、手に入れば基本メインにして使いたい。
      ダンジョンは昼夜型だが、夜モンスターはそもそも殴られてはダメなのであまりリスクは感じない。
      また満腹度の減りが特殊なため足踏みを多用し夜を過ごす事が出来るので、優先して使いたい。
  • イチかゼロの盾
    • 床落ち盾の中ではメインに据えたい装備。守備力・効果は強力だが、印数が少し少なめで成長に時間はかかる。
      しかし、盾の印は余り足りなくなる事は無いのでそこまで問題にはならない。またLv6で付く魔法ダメージ印は有難い。
      店限定タイプの盾が出れば乗り換える事が多いがそれまではコレで行くといいだろう。
  • 重い盾
    • ハラヘリ効果はキッチリ適用されるが、餓死の心配もほとんどなく、基本防御力・基本印の数が多く優秀な盾なのは間違いない。
      ただし、レベル8まで育てると「動かず」の印が付いてしまうという厳しい弱点があるのがネック。
      99Fを目指す場合はコレが大きなリスクになりかねないので注意が必要。
      逆に初回クリア時のボス戦で動かずが欲しいため、キッチリ育てれば床落ちアイテム内では特に有効となる。
  • 朱剛石の盾
    • 店限定。2個共鳴盾では最高の盾。
      ドラゴン草とトカゲの盾も同じく店限定で中々手に入らないので、Lv8で付く炎半減が結構活躍してくれる。
      ギャドン盾が入らなかった場合のついばみも中々便利で、ベース盾にする価値は高い。
      対の朱剛剣+気配+時たたずがあれば、深層夜が圧倒的に楽になるのもおいしい。
  • 隕石の盾
    • 店限定。隕石の刃メインの時は是非使いたい。
      Lv8で盗み守り付加されるのはおまけだが、錆避けが結構早い段階で付加されるのは便利。
  • 獣の盾以下の2個共鳴
    • 対の武器がある場合にはメインに据えていくことも。
      おにおおかみはLv4で錆避けが付くので、メッキがうまく行かない場合は上げて印用にするのもいいだろう。
  • 灯火の盾
    • 床落ちアリの夜用盾。気配が入らなかった時には夜を乗り切る為の生命線となる。
      松明との共鳴効果が強力で、松明が切れていても最低明かりだけは確保できるのは大きい。
      育てる必要は余り無いが、余裕があれば「夜強化・炎半減」の印を入れておくと有効。
      夜は移動アイテムの必要性が昼より薄い事もあり「動かず」を入れて枠を節約する手もある。
      闇ラビ系が出る階層を安定して歩けるようになるのも結構便利。
  • 夜の盾
    • 店限定。灯火同様松明と共鳴するが、回避率が上がるのはおまけレベル。
      育つとそれなりに夜モンスターのダメージをカットするのだが
      育てるまでに昼モンスターをダメージがアップした状態で狩る必要があるのが厳しい。
      夜用メイン盾にするよりは灯火の盾に印として入れた方が便利な場合が多い。
  • 金食い虫の盾
    • ダメージ軽減は昼、夜の盾の劣化でギタン消耗も痛いが、昼夜どちらも使えるのは大きい。攻撃を受ける機会が少ない夜用盾にするのがおすすめ。
夜の盾や灯火の盾に合成するのもよい。


有効盾印と優先順考慮

  • 炎減少
    • ドラゴンの炎に対する重要な対抗手段。素材があまり出ないが付けられる時は付けていきたい。
      問題は素材がレアな為、昼用の盾か、夜用の盾につけるかである。
      昼はアークドラゴンまでしか出現しないが、夜はアビスドラゴンが控える。
      冷えびえや、ねだやしの状況を見て、どちらに付けるかを考えよう。
  • 魔法ダメージ
    • 変換の盾は店限定で付けるのが難しいのが難点だが、付けばガラ魔道士種は安心である。
      昼ガラ魔道士の魔法使用率が非常に高いので昼盾に付ける方が有効だろう。
  • 爆発減少・爆発無効
    • 爆発隠の盾は店限定。昼戦車のAIが非常に賢い為、必ず昼用の盾から付けよう。
      夜の方は戦車があまり暴れる事は無いので、爆発罠の事故防止の意味程度になる。
      無効の方もそれなりに素材が厳しいが付ける事が出来れば非常に安定する。
  • 催眠無効
    • ゲイズ出現階層が狭く、昼夜調整で簡単に抜けられるので必須というわけではないが
      旧道には昼夜の罠が出現する事もあり、事故防止には非常に有効なので見つければ基本入れておこう。
  • 盗み守り・ついばみ守り
    • どちらも事故防止用。空きがあれば優先的に入れておく。
  • 避けアップ・一の位防御
    • 被ダメを抑えるタイプの印。印に空きがあれば基本入れていく。
  • 昼強化
    • 昼の盾自体が強力なので余り印にすることは無いが、2個共鳴で安定している時などは入れておいて損は無い。
  • 夜強化
    • ほぼ灯火の盾に入れる専用といっていい印。
      僅かに安心度を上げる効果に過ぎないが付けれる場合は入れておきたい。
  • サビよけ
    • 強化値防御は勿論だが、オドロ・チドロが水の多いエリアで出現するため印防御に。
      メッキ自体は難しくないので、チャンスがあればかけておこう。
  • ハラモチ
    • 床落ちもあるので付けられる機会は多い
      ただ、餓死の心配がほぼ無いので付ける意味は余り無く、最大満腹度が低くなってきた時の保険程度である。
      どちらかというと夜用の盾に付ける方が有効。
  • 動かず
    • 高位ラビ種に対する重要な対抗手段となる。
      移動系アイテムによるアグレッシブな行動が制限されてしまうので、メイン盾への合成はお勧めできない。
      ただ、夜は移動系行動が昼ほど有効では無いので夜用盾に付けてしまう手はある。
      また初回時のボス戦にはきわめて有効になる為、この場合はメイン盾につけても構わない。
  • 金喰い防御
    • 昼、夜どちらでも使えるがこれも夜用の盾がおすすめ。被弾回数が少ないので金の心配は不要。
夜の盾に合成し松明があれば、夜でもそう簡単には死ななくなる。

腕輪

  • 回復の腕輪
    • 高級店限定。旧道においては最も強力な腕輪と言っていいだろう。
      満腹度が減るタイミングに付けていなければハラヘリ効果は適応されない。
      リスクに対して効果が絶大な為、手に入れると非常に楽になる。
  • 気配察知の腕輪・気配察血の腕輪
    • 気配察知も普通に床落ちしている。察血でも十分強力。
      手に入れると夜の難易度が激変し、松明関係も楽になる。
      無論昼にも有効なので大事にしたい。
  • 時たたずの腕輪
    • 2個腕輪共鳴で気配察知と同時に装備できれば、ドコ?カイ弾と組み合わせて夜の即降りが非常に安定する。
      深層でサトリの盾を狙う時にも活躍してくれるので、見つけたら必ず確保しよう。
  • 道具感知の腕輪
    • 巡回計画用に。
      マップ巡回前の夜モンスターが落としたアイテムを見つけるのにも便利。
  • 水グモの腕輪
    • 店限定?旧道では入手率高め。
      水地形はそこそこあるので、昼夜待ちに活用出来るなら便利。
      桃を熟させるのにも便利だったりする。
  • 睡眠避けの腕輪
    • 眠り大根及び睡眠罠対策に。
      常時装備していても問題ない腕輪なので大事にしよう。
  • 毒消しの腕輪
    • おばけ大根による満腹度回復や、みだれ大根は夜しか出ないため
      大根対策としては他ダンジョンと比べるとかなり微妙。
      おばけ大根の階層を抜けた後に毒サソリ種対策としてもっていくかは枠と要相談
  • 混乱避け・呪い避けの腕輪
    • それぞれ対象モンスター用に。
      動かずの盾が無かった場合は、高位ラビ種とノロージョ種が被っているフロアでは付けておきたい。
  • 魔物呼びの腕輪
    • 序盤の草鳥、マゼルンゾーンでの合成、トド・ガマラフロア
      高熟錬度モンスター(ワキザシバチ)等稼ぎやすい階層等に。
      深層のサトリの盾狙いにも非常に効果を発揮するので、狙いたい風来人は確保しておこう。
  • 壁抜けの腕輪
    • 高級店限定。滅多に手に入らないが性能は言わずもがな、安地作成、戦闘共に絶大な効果を発揮。
      つるはしが同時にあれば特に有効となる。大事にしよう。

その他のアイテム

食料

食糧面では問題ないが、桃に関しては技回復と状態回復の為にやわらかい1、普通1くらいは確保しておきたい。
余るようならやわらかい仙桃を食べて踏ん張り状態にして、昼待ち足踏みの安心度を上げる事も出来る。
損する事は余り無いはずなので、保存の壺があれば適度に確保しておこう。
おにぎりは食料が0でも無い限りは最大満腹度上げに使って構わない。

飛び道具

石系一束、矢系を1~3束あたりの構成がお勧め。
どれを持つかは好みの構成で構わないが、吹き飛ばしの矢は夜モンスターけん制にも使えるので幾分か有利。
矢の罠や身かわしがあれば積極的に集めておこう。

巻物

どこのダンジョンでも重要な巻物はあえて取り上げないが
旧道のシステム上で特に有効となるアイテムをいくつか取り上げる。
  • 昼夜の巻物
    • 昼夜ダンジョンの切り札となる、時間調整、簡易全滅等に使える強力な巻物。
      余り手に入らないが入手出来たら大事にしよう。
  • 聖域の巻物
    • モンスターハウス、マゼルン合成に有効なのはどこでも同じだが
      通路などで安地を作り昼待ちをするのに便利である。
  • ワナ消しの巻物
    • 昼夜の罠が出現するため、時間調整をミスる訳には行かないエリアで有効となる。
      対象階層が近いなら持っていくと良い。

特に旧道だからこそ便利になるという杖は殆ど無い。
他ダンジョンと同じく、移動系杖と危険モンスター対策杖をそれぞれ数本用意しておけば良い。
  • 転ばぬ先の杖(初回時)
    • 識別するのに難儀するが、ボスが転ばせる攻撃を仕掛けてくるため、1本持っておくとかなり安心。
  • かなしばりの杖
    • 危険モンスター処理は勿論、夜待ち時の安地作成に。
      昼待ち時の安地作りにもそれなりに有効になる。
  • 土塊の杖
    • 安全地帯を作り出すには最高の杖で、昼待ちをするのに非常に有効なので見つければ基本確保。
      条件が揃えば爆発無効印も狙えるため、回数が0になっても即捨てない方が良い。

  • 冷えびえ香の壺
    • ねだやしが無い場合、冷えびえが無いと深層夜のアビスの炎でかなり追い込まれる事がある。
      如何に確保出来るかが鍵となるので何とか守り抜こう。
      サトリの盾狙いの狩りを行う上でも重要になる。
  • 身かわし香の壺
    • 矢集め、大根対策などに。無いと非常に危険な階層も見られる。(詳しくは下記階層別攻略で)
      必要エリアまでにひまガッパ種やスコッピー種に潰されないように気をつけて確保しよう。
  • 山彦香の壺
    • ゲンナマゲイズは昼夜調整で対策が効きやすいため、ガラ魔道士種に使う事の方が多い。
      勿論、枠に余裕がある限りはゲンナマゲイズの階層を抜けるまで持っていったほうが良いのは確か。

矢と同じく持つアイテムは好みで構わないが1束か2束以内に種類を絞る方がいいだろう。
また、巻き込んだモンスターのオーラを打ち消す効果もあるので、マイナス札でも有効な場合がある。
(通常速度モンスターが黄色オーラで倍速2回攻撃なっているものを加速札で黄色オーラを消して倍速1回攻撃にした等)
深層に行くにつれてオーラの危険度が加速度的に増す事もあり、必ず1種類は持っておきたい。
  • 狂戦士の札(初回ボス戦時)
    • 距離がある時に雑魚敵に投げつけることで、ボスに殴り掛かるように仕向けることができる。

  • めぐすり草
    • 昼夜のワナで計画を崩されない為に、危険な階層に備えて持っておくと良い。
      ついでによく見え状態になると夜でもあかり無しで巻物を読める。忘れがちな効果なので覚えておこう。

技考慮

夜の技をどう組むかの手引きに。
比較的夜を凌ぎ易いダンジョンなので、あまりひどい構成にしなければクリアに支障が出るというほどでは無いが
良質な構成であれば楽になるのは間違いない。

オススメ技

  • ダダーン弾
    • 特殊効果は無いが、非常に威力が高く青オーラ持ちで無い限りは殆どの夜モンスターを一撃で倒せる。
      更に壁に当たらない限りは射程∞のため使い勝手が良い。
  • ぐわ!カタマッタ弾
    • ダダーン弾よりやや威力は落ちるが、それでも8割方の敵は一発で沈む威力。
      倒せなかった場合はそのまま金縛り状態にする。青オーラ持ちには特に有効。
      今作は強力な技もかなり増えたが、やはりダダーン弾も含め射程∞型を1~2発は入れておきたい。
  • おら!ウバッタ弾
    • 相手のオーラを奪い自分のものに出来る。威力はカタマッタ弾とほぼ同等。
      ナレナレ波等の一撃技がまだ組み込めない時の青オーラ対策(特にゾウ)に有効。
      狙って奪えるわけではないのでチャンスは余り無いが、イザ奪えると非常に強力である。
      またスーパー状態の攻撃・防御アップ重ねにも有効な場合アリ。
  • ルームやりすごし閃光
    • 部屋内の敵全て、通路では周囲8マスの敵に弱ダメージを与えた後、やりすごし状態にする。
      やりすごし状態はなんらかの刺激を与えない限り解除されないのでほぼ完封。
      さらに敵が敵と認識しなくなるので、閉じ込める位置を調整すれば壁として利用できる。
      壁の中のパコレプキン種にも効果があり、通用しないのはすいだすゾウ種だけといってもよい。
      地形のマグマ、バード種やゾウ種、一部のワナ、混乱目つぶし状態の敵が接触等の原因で解除される事もあるが
      非常に信頼出来る技のため、多くの風来人が1~2発を組み込んでいる。
  • 道具ナレナレ波
    • 隣接していないと当たらず、壁の角も抜けないが、正面にいる敵を道具に変えてしまう。
      変えられるアイテムは床落ちクラスではあるが確実に出るのは強力。
      経験値は入らないが、一撃で倒せるのも強み。青オーラ持ちの対処にもなる。
      飲ませたマゼルン、盗んだトド・ガマラ他一部の敵はそのアイテムを落とす。
  • 大貫通ドドーン砲
    • 正面に横幅3マスの攻撃を行う。
      威力はやや中途半端なところはあるものの、地形も貫通するのが最大の利点。
      上記の技と較べると力不足感は否めないが、CHUNSOFTのような狭くて長いマップに強く
      スーパー等で攻撃力アップ状態であれば、軌道上の敵を一気になぎ払う事も出来る。
  • 感電波
    • 正面の敵のみ・角抜けはしないが、当たった敵周囲8マスに広がっていく。
      単体には心許ない威力だが、巻き込む数が多いとダメージに倍率がかかる。
      おいでよ混乱波を利用する場合には必ずセットで覚えておく技。
      部屋が狭く敵密集率が高いモンスターハウスに遭遇した場合も使えるが
      旧道は、夜に行動する事は少ないので(深層を除く)、こちらはあまり見られない例。
  • おいでよ混乱波
    • フロア全ての敵を混乱させた上で、自分の周辺へ引き寄せる技。
      呼び寄せた後は感電波などで一気に処理をする必要アリ。
      行うとフロアの敵を一掃した状態になり、暫くの安全が確保され夜巡回も比較的容易。序盤の稼ぎとしても有効。
      しかし先制攻撃を受けてしまう可能性も高く、運が悪いと周囲8体全てから攻撃を受けてしまうことも。
      超攻撃力モンスターや闇すいだすゾウ種階層では危険すぎて撃つ事ができない。
      特定のアイテムと組み合わせるとリスクは落とす事は可能だが
      基本運要素の強くリスキーな技である為、混乱波大好き派と必要無い派で真っ二つに分かれる技である。
  • ドコ?カイ弾
    • 使うと階段の位置が解る。即降りに非常に有効。
      一つあれば良く、効果が強力なので多くの風来人が構成に取り入れている。

技構成

良く見られる構成は、攻撃技が4~5枠、防御・補助で3~4枠で作られている事が多い。
ドコ?カイ弾、ルームやりすごし閃光は、その性能の高さから非常に人気で良く構成に取り入れられている。
道具ナレナレ波もそこそこ人気で序盤を非常に楽にしてくれるが
ナレナレ波で変換される道具は床落ちクラスアイテムであり、祝福もされていない。
店売りクラスのドロップチャンスを潰していると考え、あえて構成から外す風来人もいるようである。

比較的良く組まれている構成はこちら(技・技構成考慮)を参照しよう。

稼ぎ

昼夜一周稼ぎ

特に序盤で有効な手段で、1フロアごとに昼夜を1周させるというだけ。
怪しい気配がする階層でもターン的には昼夜一週1周分+αは持つので
可能な限り昼夜一周させて夜モンスターのドロップ(同士討ちも含めて)を狙う。
比較的安全な地域を確保し、注意しながら足踏みするだけという非常に地味な稼ぎだが
おこなうことで確実に道具が充実して行く。
クリアに直結するアイテムが落ちることも珍しくないのでやって置いて損は無い。

サトリの盾を目指して

原始やおにぎりと違い新種道具が落ちるダンジョン。
視界良好でモンスターテーブルも原始やおにぎりと比べると易しい。
入手条件はおにぎり穴のサトリピック同様、深層店売りアイテムという条件(90F~99F?)。

しかし、夜のモンスターのドロップが店売りアイテムと同テーブルであるため
クリアに興味が無く、アイテムに余裕がある場合は90F以降の夜モンスターを乱獲する
安全な場所に引きこもり同士討ちでのドロップ狙い等で、意図的に狙う事が出来る。

必要アイテム・注意点など

昼夜調整テクニック

危険階層前や、昼夜一周稼ぎを行う場合に準備すべき点や
比較的安全な方法を考える。

夜待ち

昼の敵を捌くのは簡単なので問題ないだろう。
行き止まり部屋・通路などに場所に下がって
入り口をかなしばりで封鎖出来ればほぼシャットアウトできる。

昼待ち

基本的には昼と同じだが、ふらふら動かれるので狙ったところに連れて行くのは大変。
かなしばりは同士討ちで解除される事が多いので、ルームやりすごし閃光などでやりすごし状態にする方がいいだろう。

また、動き回らず昼待ちを行うときは、出来るだけ下の図のような場所で待つようにしよう。
1、       2、       3、       4、
■■■■■■■  ■■■■■■■  ■■ ■■■■  ■■■ ■■■
         ■■ ■■■■  ■■ ■■■■  ■■■ ■■■
■■■シ■■■  ■■シ■■■■  ■■ シ ■■  ■ シ   ■
         ■■       ■■■■ ■■  ■ 部屋内 ■
■■■■■■■  ■■■■■■■  ■■■■ ■■  ■■■■■■■
2.後方は行き止まりである事
4.部屋内に敵がおらず、他に進入口が無いこと
この布陣であれば、隣接時にしか行動出来ないモンスターは安全である。
寄ってきた敵をやりすごし状態に出来ると、解除原因となるものが無い階層では
後方の安全は確保できる(2,4は一歩奥が安地になる)。かなしばりでもそれなりに安心は出来る。

倍速、遠距離、角抜け、パコレプキン種は松明を焚く以外に対策は無く、黄オーラも対処不可能。
良い松明を焚いても、黄オーラ遠距離角抜け持ちは防ぎ切れない。
完全に防ぐには、すごい松明・あかりの巻物・気配察知系の腕輪が必要となる。
しかし対策アイテムが無い場合でも、未対策よりは遥かにマシなので出来るだけこの様な場所で行いたい。

つるはしが手に入った場合は、複雑な通路を作っておくと中々進入されないが
夜モンスターのふらふら特性を考えると100%防ぐのは無理である。
リスクと手持ちアイテムを相談しながら、どの対策を取るかをよく考えよう。

ボス戦指針

38Fを降りるとボス戦。
旧道イベントを発生させてしまうとクリアするまで3人とも仲間にできなくなる為、それまでにレベルを上げておくと楽になる。
上に書いてある通り、三人全員が少し成長するとイベントが発生するため、誰か一人を育てずに残った二人を鍛えるのがオススメ。
おコンにうたたねバク変化(レベル54)を覚えさせておくと特に有効。
上げる前に発生させてしまった場合は、シレン単独で戦っているのとほぼ変わらない。より入念な準備が必要になる。

ボス戦ネタバレ


階層別攻略

攻略は新種道具無しを前提に進めます。

序盤1~20F

1~2F

1Fは即アイテム回収し、階段前で少し足踏みして昼ターンを進めておく。(夕方になる寸前辺りが理想)
2Fで昼夜稼ぎをする場合は、ここでしっかりターンを進めておかなければ
道具回収中にデビルが出てしまう事もあるので忘れないように。
2Fまで回収後即降りする方法もあるが、どうせやるのであれば2Fからやった方がいいだろう。

2Fのアイテムを回収したら、通路も含めてマップを出来るだけ埋めておく。
準備が出来たら、足踏みを行い昼→夜→昼にしよう。
接近してくる夜モンスターは比較的安全な通路角を利用して何とか捌こう。

運がよければ同士討ちでアイテムがドロップされているのでそれらを回収して
1F同様、階段部屋で下りる前に昼ターンを一定まで進める。

強引に稼ぐのであれば、夜にデビルが出現するように調整する方法もある。
アイテムが遥かに落ち易いが、アイテム回収中にデビルと接触する可能性は高くリスクも大きい。

3~5F

草子どりが出現する。
草が識別済みなので合成に有効な草を容易に回収できる。
また、この階層でも昼夜稼ぎを行っておくことを推奨。

余裕があればニギライズ用の草を回収しても構わない。
[狂戦士の種、毒草(出来れば2個)]
旧道ではニギライズは余り効果的では無いが、やったほうが安定するのは間違いない。

また、この階層はデビル種が出現するので、留まりすぎには注意しよう。

6~7F

昼にカラクロイドとにぎり見習い、ガマラが出現する。
矢のワナを作らせて、矢を少し回収しておくと後々楽になる。
昼夜のワナが作られた場合は、矢稼ぎや昼稼ぎ(特にガマラ)を重視するのであれば
夜になったら発動させ強制的に昼に戻そう。勿論、夜稼ぎを重視するのであれば逆もある。
どちらを行うにせよ、この階層はデビルは出現しないので、是非ともクロンの風が吹くまで留まり稼いでおこう。

ニギライズを行う場合は、昼の時間に注意。にぎり変化を作ってもすぐに夜になってしまっては意味が無い。
開始は出来るだけ昼になった直後から行おう。昼夜のワナがあれば調整しやすい。

8~10F

8~10F昼にマゼルンが出現する。出現率が良く合成に苦労する事は余り無い。
8Fはカラクロイドも出てちょっと忙しいが、デビル種は出現しないので焦らずに。

8~9Fの夜に欲タベラレルーが出現。
おいでよ混乱波を採用している場合は稼ぎ可能。
序盤では特に混乱波が輝く階層なので組み込んでいる場合は挑戦してみたい。

9~10F夜は悪フワッティーが出現する。
通路で昼待ちを行っていても、松明を焚かないと先制攻撃の危険性が付きまとう。
安全を確保できるまでは良い松明以上を焚く事を推奨。

因みに9~10Fはデビル種が出現する階層。
留まって稼いでいる場合は出現時間を予想し、調整を間違わないように。
調整に自信が無いのであれば、余り粘らず降りたほうが懸命。

また、8~9F のノロージョは注意。武器を呪われると合成できないのは勿論、松明も持てなくなる。

11~12F

おばけ大根、ミドロ、毒サソリが出現 こちらの能力を削いでくる。
毒消しの腕輪とさび避け印があれば、留まって稼ぐのもいいがあまり旨みは無い。
昼夜稼ぎを行っても、マグマフロアのため回収前に消滅してしまう事も多く
時間調整だけしてさっさと進んでしまうのも手。

13F

夜に黒草子どりが出現する。
夜は計4種しか出現せず、草の入手率は非常に高い。
次の階から暫くダークマゼルン種が出現し、マゼルン階で入れ損ねた草での重要印を補完できるチャンスでもある。
マグマフロアではあるが、ココは出来るだけ回収を狙いたい。
ドロップ後に即回収したいので、ココまでにすごい松明、桃を少しストックしておくと良いだろう。

14~16F

夜にダークマゼルン種が出現する。特に14,15Fは3種しか出ず、出現率自体も高い。
合成は出来るだけその場で倒し即回収するように。マグマフロアなので倒すタイミングにも注意。
やむを得ず、縛って昼待ち合成する場合は通路か階段部屋に引き込もう。

稀なケースだが、15F昼にひまカッパがクダカレルーを倒しレベルアップして
いやすぎガッパになって合成した盾を投げられる可能性は考えられるので、昼になったら即回収しよう。

16Fは特に注意点は無い。好きなように合成しても問題ないだろう。

17~20F

17~18F昼にぬすっトド、19~20F昼にボウヤカートが出現する。
稼ぐ為の条件を満たしている場合は狙うとよい。
他のモンスターも弱くは無いが、捌き易い相手ばかりなので昼は楽でおいしい。

しかし夜は一転し、17~18Fは闇クロスカート、黒ガラ中級魔道士、悪コロロンが
19~20Fは悪ドラゴン、悪スーパーゲイズ、腐りにぎり変化が出現と危険モンスターのバーゲンセール状態
通路角待ちを行えば後者は大丈夫だが、前者は範囲が広い明かりが無いと防ぎきれないので要注意
どちらにしても、この階層を夜に行動するのはリスクが高いので避けたほうがよいだろう。

中盤 21F~50F

21~22F

昼にみどりトドと、草兄どり(20Fから)が出現。
手持ちアイテムと相談して稼いでも良いだろう。
22Fはにぎり変化も出るので幾分か注意は必要。逆にニギライズを狙っても良いだろう。

夜は、予想が難しい闇フィアーラビが出てくるため、即死コンボも起こりうる。
通路待ちであれば比較的安全なので基本的に夜行動は避けること。

23~27F

昼は27Fまでにぎり変化が出現し続ける。他のダンジョンと比べ圧倒的に出現期間が長い。
他のモンスターも旨みがなく、アイテムロストに注意し続けなくてはならない。

夜は、稼ぎモンスターが立て続けに出現する。(腹黒ぬすっトド、εFO−U、欲クダカレルー)
おいでよ感電波を採用している場合は、強引に使っていくのも良いだろう。
狩れると美味しいのだが、嫌らしい特技待ちモンスターも同時に出現するのには注意。
余り稼ぎに夢中になって危険な特技を連続で喰らわないように。

28~30F

50~99

昼ラビ56~58 77~78
夜ラビ64~66 86~87
昼豚 49~50 74~77
夜豚 70~71
昼大根(眠狂) 67~68 なし
夜大根 55~56 81~82
昼ドラゴン 66~68 なし
夜ドラゴン 56~57 88~99
昼ゲンナマ 89~91
夜ゲンナマ 73~74


登場モンスター

登場モンスター(昼)

出現階名前HP特効品特防品簡単な説明
8-10マゼルン2個まで飲みこみ合成する
31-33マゼモン3個まで飲みこみ合成する
50-51マゼゴン4個まで飲みこみ合成する
70-71マゼドン5個まで飲みこみ合成する

登場モンスター(夜)

出現階名前HP特効品特防品簡単な説明
14-16ダークマゼルン2個まで飲みこみ合成する
38-39ダークマゼモン3個まで飲みこみ合成する
46-47ダークマゼゴン4個まで飲みこみ合成する
60-62ダークマゼドン5個まで飲みこみ合成する

階層別モンスターテーブル(昼)

階層敵1敵2敵3敵4敵5敵6敵7敵8敵9敵10デビル
1Fマムルタネッコおばけカイワレ
2Fマムルタネッコおばけカイワレコロン
3Fあなぐらマムルチンタラおばけカイワレコロン草子どりコガタナバチ
4Fあなぐらマムルチンタラあまぐりん草子どりコガタナバチ
5Fあなぐらマムルチンタラあまぐりん草子どり
6Fにぎり見習いカラクロイドあまぐりんもざらしガマラ
7Fにぎり見習いカラクロイドあまぐりんもざらしガマラタイガーウッホ
8Fにぎり見習いカラクロイドあまぐりんもざらしマゼルンタイガーウッホオヤジ戦車フィアーラビノロージョ
9Fあまぐりんマゼルンタイガーウッホオヤジ戦車フィアーラビノロージョ
10Fパコレプキンおにぎりクマうたたねバクンドゥバマゼルンオヤジ戦車
11Fパコレプキンおにぎりクマうたたねバクンドゥバおばけ大根
12Fパコレプキンおにぎりクマうたたねバクミドロおばけ大根アイアンヘッド毒サソリ
13Fしぶぐりんフレフレハムポンクダカレルーコロロンまわるポリゴン中チンタラ
14Fしぶぐりんフレフレハムポンクダカレルーコロロンまわるポリゴン中チンタライカキングひとくいデビル
15Fしぶぐりんフレフレハムポンクダカレルーひまガッパフォーリーももざらしイカキング
16Fしぶぐりんワキザシバチヤンぴーひまガッパフォーリーももざらしイカキングピョコダイル
17Fしぶぐりんワキザシバチヤンぴーひまガッパフォーリースコッピーフラッシュバードピョコダイルぬすっトド
18Fワキザシバチヤンぴースコッピーフラッシュバードピョコダイルぬすっトド
19Fエリガンガラ魔道士アズキッコボウヤカートスコッピー
20Fエリガンガラ魔道士アズキッコボウヤカート草兄どり
21Fエリガンガラ魔道士みどりトドカイワレ入道草兄どり
22Fにぎり変化フカッティーみどりトドカイワレ入道草兄どりスチームロイド
23Fにぎり変化フカッティーみどりトドカイワレ入道
ガマグッチ
すいだすゾウスチームロイドいねむりバクおにぎりアナグマギャドン
24Fにぎり変化フカッティーガマグッチすいだすゾウチェインヘッドいねむりバクおにぎりアナグマギャドン
25Fにぎり変化ピョンダイル処刑者ノロージョの姉すいだすゾウチェインヘッド
26Fにぎり変化ピョンダイル処刑者ノロージョの姉ゲドロカラス天狗ヒーポフ親衛ヤンぴーシャベッピー
27Fにぎり変化
ばくだんウニ
ピョンダイル処刑者ゲドロカラス天狗ヒーポフ親衛ヤンぴーシャベッピー
28Fばくだんウニクロスカートゲドロカラス天狗ヒーポフ親衛ヤンぴーシャベッピー
29Fいやすぎガッパクロスカートガラ中流魔道士バリズドンホラーラビとりこむゾウガンバレハムポン
30Fいやすぎガッパンドゥルーガラ中流魔道士バリズドンホラーラビとりこむゾウガンバレハムポン
31Fいやすぎガッパンドゥルーガラ中流魔道士マゼモンキラーギャザーカタナバチドラゴンシャーガ
32Fマゼモンキラーギャザーカタナバチドラゴンシャーガむらぐいデビル
33Fマゼモンキラーギャザーカタナバチドラゴンシャーガ
34Fハヤブサ天狗ホノオポフパコレプキーナめまわし大根おどるポリゴン
35Fハヤブサ天狗ホノオポフパコレプキーナめまわし大根おどるポリゴン鬼サソリ洞窟マムル
36Fハヤブサ天狗ホノオポフタイガーウホホ草親どり鬼サソリ洞窟マムル
37Fガラ上流魔道士タイガーウホホ草親どり鬼サソリ
38Fガラ上流魔道士ゴロズドンタイガーウホホエリガガンギャイラス
39Fゴウジョウ戦車ゴロズドングレアバードエリガガンギャイラス
40Fゴウジョウ戦車ゴロズドングレアバードエリガガンもももざらしナシャーガ
41Fゴウジョウ戦車ゴロズドンギガヘッドスカイドラゴンもももざらしナシャーガむらぐいデビル
42Fギガヘッドスカイドラゴンもももざらしナシャーガむらぐいデビル
43Fギガヘッドスカイドラゴンもももざらしむらぐいデビル
44Fにぎり親方からぐりんファイトハムポンナッツッコばくれつウニイカエンペラー
45Fにぎり親方からぐりんファイトハムポンナッツッコばくれつウニイカエンペラー大チンタラトカサレルー
46Fにぎり親方からぐりんファイトハムポンナッツッコばくれつウニイカエンペラー大チンタラトカサレルーカエンポフボヨンダイル
47Fにぎり親方イヌワシ天狗スーパーゲイズクワッピーカエンポフボヨンダイル
48Fにぎり親方コロコロンイヌワシ天狗スーパーゲイズクワッピー
49Fにぎり親方コロコロン吹き飛びカートデブートンクワッピーエレキロイド
50Fにぎり親方コロコロン吹き飛びカートデブートンじゅくすいバクマゼゴンンバマエレキロイド
51Fモコッティー断罪者吹き飛びカートじゅくすいバクマゼゴンンバマやまぐいデビル
52Fモコッティー断罪者ガラ貴族魔道士カイワレ魔王たまらんガッパじゅくすいバク
53Fモコッティー断罪者ガラ貴族魔道士カイワレ魔王たまらんガッパオドロケダッチョ
54Fモコッティー断罪者ガラ貴族魔道士貫通カートゴオオポフオドロしびれサソリ
55Fタイガーウホーン貫通カートゴオオポフしびれサソリ
56Fタイガーウホーンノロージョの母パコレプキング貫通カートドレッドラビももももざらし
57Fタイガーウホーンノロージョの母パコレプキングガマゴンドレッドラビももももざらしくみこむゾウ
58Fラシャーガノロージョの母パコレプキングガマゴンドレッドラビももももざらしくみこむゾウ
59Fラシャーガ副総長ヤンぴー物荒らしガマゴンアイアントドギャンドラーくみこむゾウ
60Fラシャーガ副総長ヤンぴー物荒らしダイトウバチアイアントドギャンドラー
61Fうたうポリゴン副総長ヤンぴーツインクルバードダイトウバチビカズドン草老いどり
62Fうたうポリゴンシハンツインクルバードビカズドン草老いどり
63Fうたうポリゴンシハンツインクルバードポヨッティービカズドンアゲアゲハムポン
64Fにがぐりんシハンおにぎりツキノワポヨッティーアゲアゲハムポン
65Fにがぐりんハイパーゲイズおにぎりツキノワポヨッティーふんかウニアゲアゲハムポン
66Fにがぐりんハイパーゲイズホウオウ天狗ポヨッティーふんかウニアークドラゴン
67Fねむり大根ハイパーゲイズホウオウ天狗アークドラゴン
68Fねむり大根ダイズッコホウオウ天狗とうみんバクアークドラゴン
69Fチドロダイズッコとうみんバク
70Fチドロダイズッコンバルーンヘルギャザー特大チンタラマゼドン
71Fチドロエリガゴンンバルーンヘルギャザー特大チンタラマゼドン
72Fチドロエリガゴンンバルーンヘルギャザー特大チンタラバイオロイドFO−UZZ
73Fノロージョの婆エリガゴンンバルーンだいふんかウニバイオロイドFO−UZZ
74Fノロージョの婆デブーゴンカイワレ大魔王だいふんかウニユンピーバイオロイド
75Fノロージョの婆デブーゴンカイワレ大魔王破壊者ユンピートリコマレルー大物荒らし
76Fデブーゴンカイワレ大魔王破壊者トリコマレルー大物荒らし
77Fパコレプゴッドデブーゴンバイーンダイル破壊者テリブルラビ劇毒サソリ
78Fパコレプゴッドコロコロコロンバイーンダイル破壊者テリブルラビ劇毒サソリイカカイザー
79Fパコレプゴッドコロコロコロンバイーンダイルおにぎりヒグマイカカイザー
80Fひきこむゾウコロコロコロンガマドーンおにぎりヒグマギタンマムルおてあげガッパ
81Fひきこむゾウデスヘッドガマドーンギタンマムルおてあげガッパ
82Fひきこむゾウデスヘッドガマドーンケダケーギタンマムル
83Fひきこむゾウデスヘッドらんぶポリゴンケダケーギャンドロン
84Fデスヘッドらんぶポリゴンシャインバードギャンドロンタイガーウボッホ
85Fドドズドンデスヘッドらんぶポリゴンシャインバードギャンドロンタイガーウボッホ
86Fドドズドン総長ヤンぴーらんぶポリゴンにぎり元締タイガーウボッホ
87Fドドズドン総長ヤンぴーらんぶポリゴンにぎり元締しょうめつトド
88Fドドズドン総長ヤンぴーらんぶポリゴンにぎり元締しょうめつトド
89Fドドズドン総長ヤンぴーゲンナマゲイズにぎり元締しょうめつトドフォールギャザー
90Fドドズドンタツジンゲンナマゲイズにぎり元締フォールギャザー
91Fドドズドンタツジンゲンナマゲイズにぎり元締フォールギャザー
92Fドドズドンタツジンにぎり元締フォールギャザー
93Fドドズドンタツジン崩壊者にぎり元締フォールギャザー
94Fドドズドンタツジン崩壊者フォールギャザー
95Fエリズガゴンイッテツ戦車崩壊者
96Fエリズガゴンイッテツ戦車崩壊者
97Fエリズガゴン崩壊者
98Fエリズガゴン崩壊者
99Fエリズガゴン崩壊者

階層別モンスターテーブル(夜)

階層敵1敵2敵3敵4敵5敵6敵7敵8敵9デビル
1F闇マムル悪チンタラ闇ひまガッパ悪コロン闇ボウヤカート
2F闇マムル悪チンタラ闇ひまガッパ悪コロン闇ボウヤカート腐りあまぐりん悪まわるポリゴン
3F闇マムル悪チンタラ闇ひまガッパダークウッホ闇うたたねバク腐りあまぐりん悪まわるポリゴン悪ピョコダイル
4F闇マムル闇すいだすゾウ闇ヤンぴーダークウッホ闇うたたねバク腐りあまぐりん暴れギャドン悪ピョコダイル闇カラクロイド
5F闇マムル闇すいだすゾウ闇ヤンぴーダークウッホ暴れギャドン闇カラクロイド
6F闇おにぎりクマブラックミドロ地獄の処刑者ダークウッホ闇フラッシュバード悪デブータ闇イカキング闇オヤジ戦車
7F闇おにぎりクマブラックミドロ地獄の処刑者闇フラッシュバード悪デブータ闇イカキング闇オヤジ戦車
8F闇おにぎりクマブラックミドロ欲タベラレルー黒ガラ魔道士悪スコッピー
9F腐りにぎり見習い悪フワッティー欲タベラレルー黒ガラ魔道士悪スコッピーダークエリガンダークおばけ大根悪ゲイズ
10F腐りにぎり見習い悪フワッティー闇ノロージョ悪ヒーポフ悪中チンタラダークエリガンダークおばけ大根悪ゲイズ闇ンドゥバ
11F腐りにぎり見習い闇ノロージョ悪ヒーポフ悪中チンタラ闇ンドゥバ
12F闇コガタナバチ悪フレフレハムポン闇ノロージョ悪ヒーポフ悪中チンタラ
13Fダークタネッコ闇もざらし黒草子どり
14Fダークマゼルン悪ピョンダイル夜おばけカイワレ闇ひとくいデビル
15Fダークマゼルン悪ピョンダイル夜おばけカイワレ
16Fダークマゼルン悪ピョンダイル夜おばけカイワレ闇あなぐらマムル暴れギャイラス
17F闇クロスカート黒ガラ中流魔道士悪コロロン闇あなぐらマムル暴れギャイラス
18F闇クロスカート黒ガラ中流魔道士悪コロロン闇あなぐらマムル暴れギャイラス
19F悪ギャザー悪ドラゴンダークバリズドン悪スーパーゲイズ腐りにぎり変化
20F悪ギャザー悪ドラゴンダークバリズドン悪スーパーゲイズ腐りにぎり変化
21F悪ギャザー悪ドラゴンエビルナシャーガ闇フィアーラビ悪デブーチョ
22Fダークウホホ悪シャベッピーエビルナシャーガ闇フィアーラビ悪デブーチョ悪おどるポリゴン悪ばくだんウニ
23Fダークウホホ悪シャベッピーエビルナシャーガ悪パコレプキン闇とりこむゾウ悪おどるポリゴン悪ばくだんウニ
24Fダークウホホ闇イカだいおう闇いねむりバク悪パコレプキン闇とりこむゾウ闇親衛ヤンぴー腹黒ぬすっトド
25F闇ガンコ戦車闇イカだいおう闇いねむりバク闇いやすぎガッパ悪ホノオポフ闇親衛ヤンぴー腹黒ぬすっトド闇むらぐいデビル
26F闇ガンコ戦車ダークめまわし大根εFO−U闇いやすぎガッパ悪ホノオポフ       闇むらぐいデビル
27F闇洞窟マムルダークめまわし大根εFO−U欲クダカレルー闇ももざらし闇むらぐいデビル
28F闇洞窟マムル悪パコレプキーナ欲クダカレルー闇ももざらしなし
29F闇洞窟マムル悪パコレプキーナ闇ワキザシバチ欲クダカレルー闇ももざらし闇グレアバード闇おにぎりアナグマなし
30F闇ンドゥルー黒草兄どり闇ワキザシバチ闇グレアバード闇おにぎりアナグマなし
31F闇ンドゥルー黒草兄どり闇ワキザシバチ悪イアイ黒ガラ上流魔道士闇グレアバード闇おにぎりアナグマ
32Fブラックオドロ悪フカッティーダークアズキッコ悪イアイ黒ガラ上流魔道士ダーク鬼サソリ腹黒みどりトド闇むらぐいデビル
33Fブラックオドロ悪フカッティーダークアズキッコ悪イアイ黒ガラ上流魔道士ダーク鬼サソリ腹黒みどりトド悪キラーギャザー闇むらぐいデビル
34Fブラックオドロダークエリガガン地獄の断罪者黒ハヤブサ天狗悪スカイドラゴン悪キラーギャザー
35F腐りしぶぐりん闇ノロージョの姉ダークエリガガン地獄の断罪者黒ハヤブサ天狗悪スカイドラゴン
36F腐りしぶぐりん闇ノロージョの姉腹黒ガマグッチ闇スチームロイド黒ハヤブサ天狗悪スカイドラゴン
37F悪コロコロン悪ガンバレハムポン腹黒ガマグッチ闇スチームロイド
38F悪コロコロン悪ガンバレハムポン夜カイワレ入道闇チェインヘッドダークマゼモン
39F悪クワッピー悪ばくれつウニ夜カイワレ入道闇チェインヘッドダークマゼモン
40F悪クワッピー悪ばくれつウニ夜カイワレ入道ダークウホーン
41F悪クワッピー  悪パコレプキング悪デブートン闇ホラーラビダークウホーン
42F悪パコレプキング悪デブートン闇ホラーラビダークウホーン悪カエンポフ
43F悪パコレプキング悪デブートン悪カエンポフ
44F腐りしぶぐりん闇ゴウジョウ戦車闇スチームロイド闇くみこむゾウ闇じゅくすいバク
45F悪ハイパーゲイズ悪ガンバレハムポン闇ゴウジョウ戦車闇スチームロイド闇くみこむゾウ闇じゅくすいバク欲トカサレルー
46F悪ハイパーゲイズ悪ガンバレハムポン闇ゴウジョウ戦車ダークマゼゴン闇くみこむゾウ欲トカサレルー
47F闇カタナバチ悪ばくれつウニダークゴロズドンダークマゼゴン
48F闇カタナバチ悪ばくれつウニダークゴロズドンεFO−UZ
49F悪シハン闇物荒らしεFO−UZダークナッツッコ
50F悪シハン闇イカだいおう闇物荒らし闇ンバマダークナッツッコ闇たまらんガッパ
51F悪ヘルギャザー闇イカだいおう闇ンバマ闇たまらんガッパ闇やまぐいデビル
52F悪ヘルギャザー闇ツインクルバード悪うたうポリゴン
53F悪ヘルギャザー闇ツインクルバード悪うたうポリゴン黒草親どり闇副総長ヤンぴーダークエリガゴン
54F悪大チンタラ闇吹き飛びカート黒草親どり闇副総長ヤンぴーダークエリガゴン
55F悪大チンタラ闇吹き飛びカート夜カイワレ魔王黒草親どり闇副総長ヤンぴーダークねむり大根
56F悪大チンタラ闇吹き飛びカート夜カイワレ魔王ダークしびれサソリ悪アークドラゴンダークねむり大根
57F悪モコッティー悪ファイトハムポン夜カイワレ魔王ダークしびれサソリ悪アークドラゴン腹黒ガマゴン
58F悪モコッティー悪ファイトハムポン闇ギガヘッド腐りにぎり親方腹黒ガマゴン
59F悪モコッティー悪ファイトハムポン闇ギガヘッド腐りにぎり親方悪ふんかウニ腹黒ガマゴンブラックチドロ地獄の破壊者
60Fダークマゼドン悪ボヨンダイル闇ギガヘッド欲トリコマレルー悪ふんかウニブラックチドロ地獄の破壊者
61Fダークマゼドン悪ボヨンダイル腐りからぐりん欲トリコマレルー闇ノロージョの母悪ゴオオポフ闇イカエンペラー
62Fダークマゼドン闇もももざらし腐りからぐりん闇ノロージョの母悪ゴオオポフ闇イカエンペラー
63F闇もももざらし腐りからぐりん闇エレキロイド闇ノロージョの母悪ゴオオポフ
64F腹黒アイアントド悪パコレプゴッド闇ドレッドラビ闇エレキロイド
65F腹黒アイアントド悪パコレプゴッド闇ドレッドラビ闇おにぎりツキノワダークケダケー
66F腹黒アイアントド悪パコレプゴッド闇ドレッドラビ闇おにぎりツキノワダークケダケーダークウボッホ黒イヌワシ天狗
67F悪コロコロコロン黒ガラ貴族魔道士暴れギャンドロンダークウボッホ黒イヌワシ天狗
68F悪コロコロコロン黒ガラ貴族魔道士暴れギャンドロン悪らんぶポリゴン黒イヌワシ天狗
69F悪コロコロコロン黒ガラ貴族魔道士エビルラシャーガ悪らんぶポリゴン
70F闇ンバルーン悪デブーゴンエビルラシャーガ闇とうみんバク
71F闇ンバルーン悪デブーゴン闇ダイトウバチ闇とうみんバク悪ユンピー
72F闇ひきこむゾウ闇貫通カート闇ダイトウバチ悪ユンピー
73F闇ひきこむゾウ闇貫通カート悪特大チンタラ悪フォールギャザー悪ゲンナマゲイズ
74F闇ひきこむゾウダークビカズドン悪特大チンタラ悪フォールギャザー悪ゲンナマゲイズ
75F闇大物荒らしダークビカズドン闇ギガヘッド闇おてあげガッパ闇シャインバード悪ポヨッティー
76F闇大物荒らしεFO−UZZ闇ギガヘッド闇おてあげガッパ闇シャインバード悪ポヨッティー
77FダークダイズッコεFO−UZZ黒草老いどり
78Fダークダイズッコ悪タツジン黒草老いどり悪だいふんかウニ黒ホウオウ天狗
79F闇総長ヤンぴー悪タツジン夜カイワレ大魔王悪だいふんかウニ黒ホウオウ天狗
80F闇総長ヤンぴー闇バイオロイド夜カイワレ大魔王腹黒ガマドーン
81F闇総長ヤンぴー闇バイオロイドダークみだれ大根腹黒ガマドーン
82F地獄の崩壊者闇バイオロイドダークみだれ大根腐りにぎり元締
83F地獄の崩壊者闇バイオロイドダークエリズガゴン腐りにぎり元締
84F地獄の崩壊者悪アゲアゲハムポンダークエリズガゴン闇デスヘッド闇ノロージョの婆
85F闇ももももざらし悪アゲアゲハムポン悪バイーンダイル闇デスヘッド闇ノロージョの婆
86F闇ももももざらし悪アゲアゲハムポン悪バイーンダイル闇デスヘッド腹黒しょうめつトドダーク劇毒サソリ闇テリブルラビ
87F闇ももももざらし悪アゲアゲハムポン闇おにぎりヒグマ闇デスヘッド腹黒しょうめつトドダーク劇毒サソリ闇テリブルラビ
88F闇ももももざらし悪アゲアゲハムポン闇おにぎりヒグマ闇デスヘッド腐りにがぐりん闇イカカイザー悪アビスドラゴン
89F悪アビスドラゴン悪アゲアゲハムポン闇ギタンマムル闇デスヘッド腐りにがぐりん闇イカカイザー闇イッテツ戦車
90F悪アビスドラゴンエビルバシャーガ闇ギタンマムル闇イカカイザー闇イッテツ戦車
91F悪アビスドラゴンエビルバシャーガ闇ギタンマムル
92F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
93F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
94F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
95F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
96F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
97F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
98F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン
99F悪アビスドラゴンエビルバシャーガダークドドズドン


編集メモ

デビル発生階層、フロア形状など
新たに調べたい項目追加もお願いします。

フロア調査

店品揃え

出現アイテム

このページへのコメント

さっき38Fの階段を降りてボス戦前の会話中にいきなりフリーズしました。
原因不明だけど30Fの前から中断セーブを挟まずにデビル狩りや昼夜切り替え稼ぎやってて、総ターン数がかさんでたからとかかなぁ……。
装備やアイテムが揃っててクリアできそうだっただけにトホホ。

0
Posted by 名無し(ID:30MyWRVvzQ) 2018年08月11日(土) 14:33:54 返信数(1) 返信

同じ現象が起きた、ホントやめてほしい

0
Posted by 名無し(ID:agnot/9xeQ) 2019年05月25日(土) 00:38:42

4F辺りで腐りあまぐりんに殺される
3分の2がコレかも…33階では夜の上級ガラに、200とか食らってOUT。
ゲンさんLV63だからボスの心配いらないけど道中が…

0
Posted by シレン+99 2016年09月20日(火) 15:47:44 返信

旧道で初めてボス戦に挑んで敗北し、次のチャレンジで38Fを降りたら何故かボス戦ではなく普通に39Fに降りました。もしかして一度敗北したら99Fにまで降りないと再戦できないのでしょうか?

0
Posted by   2016年01月29日(金) 23:34:40 返信

変な現象があったので報告
中断したあとトップメニューに戻らずずっと放置していたらウインドウの色が空腹時の色になりました。
再開すると満腹度は中断直前のままでした。

0
Posted by   2015年08月14日(金) 13:35:57 返信

初回は挑戦する前に全滅の巻物の効果が有る新種道具を作っておくとボスで雑魚に悩まされない。
ボスの吹き飛ばし+転びで復活草(の入ってる壺も含む)を落とされない様に注意。

0
Posted by    2013年07月11日(木) 22:02:47 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます