コンテンツ
Cactiはネットワークやサーバーの状態をグラフ化するソフトウェアです。このソフトをWindowsで動かします。
S.M.A.R.T.とは、Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technologyのことです。HDDの故障予測に役立つSMARTをWMIで取得します。
フリーエリア
アクセス数
Wiki内検索
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by ≪潟若
FrontPage by ≪潟若 2014
FrontPage by ASDWE
WindowsでCacti by 井上 馨

Cactiのアップグレード

Graph Treeからの削除

Cactiは比較的頻繁にアップグレードされます。アップグレードの方法を記述します。

現在のシステムのバックアップ

Cactiのデータベースのバックアップ

Cactiのルートディレクトリにデータベースをエクスポートし、ファイルとして保存します。
shell> c:\xampp\mysql\bin\mysqldump -u root -p -l --add-drop-table cacti > c:\cacti\mysql.cacti
Password:*****

Cactiフォルダの差し替え

1. Cactiフォルダの保存
cactiフォルダをcacti_x.x.xのようにコピーして保存しておきます。

2. 新バージョンの展開
Cactiのサイトからcacti-y.y.y.gzipをダウンロードし、展開します。
c:\にcactiフォルダとして保存します。

3. 旧バージョンからファイルのコピー
3.1 .rrdファイルのコピー
c:\cacti-x.x.x\rra\フォルダにあるすべての.rrdファイルをc:\cacti\rra\フォルダにコピーします。
これらをコピーしないといままで蓄積してきたデータがクリアされることになり、グラフがまっさらになります。

3.2 scriptファイルのコピー
c:\cacti-x.x.x\scripts\フォルダにあるすべての.rrdファイルをc:\cacti\scripts\フォルダにコピーします。
独自に作成したものをコピーすれば良いと思います。

3.3 resourceファイルのコピー
c:\cacti-x.x.x\resouces\フォルダにあるすべての.rrdファイルをc:\cacti\resouces\フォルダにコピーします。

アップグレード処理

Cactiにログインします。
http://localhost/cacti

Cacti Installation Guideが表示されます。
Nextをクリックします。


インストールのタイプを聞いてきます。今回はアップグレードなので「Upgrade from Cacti」を選択します。


内部でアップグレードの処理(データベースの項目の追加など)が行われます。しばらく時間がかかることもあります。
正常にアップグレードされれば、結果が表示されます。
Nextをクリックします。


Cactiの初期設定の画面が表示されます。
いままでと環境は同じはずですので、そのままFinishをクリックして終了です。



Graph Treeからの削除
2007年12月15日(土) 10:53:14 Modified by slt33333

添付ファイル一覧(全4件)
4ab95cd9576fe6f8.jpg (91.29KB)
Uploaded by slt33333 2007年12月15日(土) 10:47:25
d1e26181276b35e2.jpg (25.63KB)
Uploaded by slt33333 2007年12月15日(土) 10:47:25
3bbb8711e30f150b.jpg (27.54KB)
Uploaded by slt33333 2007年12月15日(土) 10:47:25
c6ffdbd06e5e51a6.jpg (65.65KB)
Uploaded by slt33333 2007年12月15日(土) 10:47:25



スマートフォン版で見る