GPL

GNU General Public License の略。Linux や GNU ソフトウェアをはじめとして、多くのオープンソースソフトウェアに採用されている重要なライセンス。「自由なソフトウェア」を標榜し、ソフトウェアの改変・再配布を誰もが平等に自由に行えることを保障している。よく誤解されることだが、GPL はソフトウェアの配布に金銭を要求することを必ずしも否定していない。ただ、そのソフトウェアの再配布を禁止できないため、なんらかの付加価値を付けないとビジネスとしては成り立たないというだけの話である。

関連するライセンスとして LGPL (GNU Lesser General Public License) がある。こちらは主に動的リンクされるライブラリを対象として、LGPL の元で配布されるライブラリをプロプライエタリなソフトウェアとリンクすることを可能にしている。GPL と LGPL の使い分けの指針は、あなたの次のライブラリにはライブラリGPLを適用するべきでない理由で詳しく解説されている。

参考


2006年01月21日(土) 22:11:31 Modified by sourcewalker




スマートフォン版で見る