USEフラグ

GentooLinux のパッケージ管理システム「Portage」でパッケージのインストールオプションを制御するための設定。指定可能なフラグはこちらのページにリストアップされている。

設定方法


USEフラグは主に /etc/make.conf で指定するが、デフォルトでいくつかのフラグが有効になっており、その設定は複数のファイルに分散している。make.conf で設定されるものも含めて、最終的に有効なフラグは以下のコマンドで確認できる。

emerge --info

また、package.use で個々のパッケージに対して指定することもできる。

キーワード



参考


2008年03月30日(日) 23:37:55 Modified by sourcewalker




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。