2ちゃんねるオカルト板の「呪術・呪物について語るスレ」のまとめサイトです。

カール・グスタフ・ユング(1875-1961)
スイスの心理学者。彼のとなえた集合的無意識論は、魔術や呪術の原理としてたびたび援用される。


447 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 19:15:11.94 ID:RQ2uA64R0
ユングはどう見てもオカルトマニアだと思うw


448 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 19:24:55.25 ID:sMPvM8bd0
あ、うんそうだよ。
あの方の赤の書だっけ?沢山曼荼羅描かれてるんだけど
凄い気発してるのあるらしいよ。高い本だから見た事ないけどw


449 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 03:12:00.22 ID:3cNWQAjp0
曼荼羅は精神が回復するときに心に浮かぶんだっけ。


451 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 15:46:18.75 ID:viRqPC9u0
どいうった事からの回復で浮かぶの?


452 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 22:48:47.55 ID:gbkFP2Vy0
>451
ユングいわく「瀕死に陥った精神が元の状態に回復するときに心に浮かび上がる図形」
らしい。精神が瀕死になるくらいだから一生のトラウマになるくらいのできごとなのかな。
すいません。わかりません。


453 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 00:42:41.47 ID:A9jKjDvK0
赤の書の曼荼羅はユング自身が描いたの。
日記や絵が沢山らしい。

jung red book mandalaで画像検索したら色々みれるよ。
中々神秘的な絵も多い。


454 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 00:43:46.68 ID:A9jKjDvK0
て、呪術に関係ないのかなスマソ。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

カテゴリ別

その他の話題

旅行記

未整理記事

編集方針

このメニューが使いにくい方はこちら

管理人/副管理人のみ編集できます